my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

飯田圭織卒業公演ニュース関連

適当に予約録画した結果、飯田さんのコメント、高橋、藤本、矢口のコメント、道重、田中が少しだけ見れた。
改めて、飯田さんいい表情していたなぁ。

050131iida_rei_s.jpg

モー娘“長女”飯田圭織が卒業 (ニッカン)

かおりん号泣…思い出の横浜アリーナでモー娘。卒業 (サンスポ)

モー娘。飯田圭織”涙のラスト唱”最後のオリジナルメンバー卒業 (スポニチ大阪)

最後の一期生・飯田圭織涙の卒業 (スポニチ)

LIVE/EVENT :::2005/1/31:::

ハロー!プロジェクト 飯田圭織卒業スペシャル (05/01/30)

あぁ・・・もう胸がいっぱい。

アンコールで登場した飯田さんは、涙こそ見せているものの、落ち着いてよどみなく最後の挨拶をこなした。物足りないと感じる人もいるかもしれないけど、これが飯田さんの美学。

メンバーから飯田さんへの一言は一転、感情が前面に押し出る。道重が声を詰まらせながらも“可愛がってくれてありがとうございました。”。そして最後に飯田の“うさちゃんピースは?”に泣き顔でにっこりとうさちゃんピース。当に妹がお姉さんに構ってもらっている感じ。こういう絵に描いたような師弟関係もいい。いつもは冷静な田中ももう涙で半分言葉になっていない。亀井も声を詰まらせながら、何度も“絵里は・・”を連発しながら何とか言い切る。そして藤本。“はじめは反抗したり言い返したりしたけど・・・”で、笑いが起こり、会場に漂っていた涙の雰囲気が若干晴れたのも束の間、涙声になりつつも冷静さを装う様が、ソリが合わないながらも共に戦ってきた戦友の別れのようでやはり会場の胸を熱くする。怒られてばかりで嫌われているのではと思っていたという紺野、悩み事を聞いてくれてありがとうという小川、いろいろ教えてもらったと言っているみたいだがやはり半分言葉にならない新垣。そして高橋。いきなりライバルとして頑張りましょうとの発言に会場にどよめきが起きる。後藤のコメントを意識したものだろうか、ともかく相変わらず不器用な高橋らしい突飛な一言だけどこの場面ではそれもまた良し。吉澤、言葉を選びながらも、最後に“薔薇、似合ってるね”などと吉澤にしか吐けない台詞を言ってのける。“かおたん、”の語りかけで始めた石川、声は震えているが笑顔だ。この二人は笑顔で見送ろうと心に決めていたのだろう。そして最後の矢口。この七年間で一番飯田の近くにいた人は“今は胸がいっぱい”“モーニング娘。を任せて”と力強いコメント。

そして、さりげなく最後に胸を熱くさせたのは稲葉さん。会場に終わった雰囲気が漂う中、MCでまことが台本どおり話を振ったのに対し、まだ感動冷め止まぬ稲葉さんは言葉が出てこない。客席だけではなく、ここにもモーニング娘。を愛して止まない人がいた。

LIVE/EVENT :::2005/1/31:::

ハロー!モーニング。 (05/01/30)

5年目に突入してリニューアル。スタジオにはモーニング娘。、中澤、保田、後藤、辻、加護も集合。
血液型で恋愛運占い。今回は紺野、藤本、加護、辻が占い結果をネタにプライベートトーク風に。上手い具合にトークが弾めば面白いコーナーになりそう。
「私をデートに連れてって」。ゲストとメンバー数名がそこらへんで遊ぶという企画。今日は後藤、吉澤、新垣とゲストの柳沢慎吾とで江ノ島へ。スタジオではおみやげの食べ物をかけて恒例のクイズ。今日は結構面白かったけど、今後もこのコーナーはゲストで面白いかどうかが決まりそう。
娘。オーディション2005開催決定。詳細次週。
その他、ショートの亀井TVに初登場。辻は毎日シャンプー3回、リンス2回しているらしい。
「恋のフーガ」 W

050130hm_3_s.jpg

ハロモニ :::2005/1/30:::

ハロー!プロジェクト 飯田圭織卒業スペシャル (05/01/29)

いやぁ、数の力って凄い!
次から次へと目の前を誰かが通ったり止まったり・・・、誰を見たらいいんだ?状態。アリーナをいっぱいに使ってのタイトルどおりの大乱舞。アイドル系でこれだけのステージを出来るのは近い将来を含めてもジャニーズとハロプロだけだろうなぁ。
セットリスト関連以外の部分では、何と言っても亀井がショートにしたこと(!)。なんか普通に似合ってた。元が可愛い人はどんな髪型にしても可愛いのか。道重はいつもの両しばり。ピンクのもこもこボンボンから赤のクリスタルボンボンに変更。田中はいつにも増して髪にキラキラつけまくり。藤本は髪を逆立てるのが好きなのかな。Berryz工房は黄色の星型とリボン型のお揃いの大きな髪留めを使ってた。熊井が右寄りにシニヨンを作ってお姉さんぽい雰囲気。「チュッ! 夏パーティ」は白組3人と紅組3人が別のステージで歌うのでどちらかしか見れないので、仕方なくさゆはきっぱり諦めて嗣永モードに浸ることに。あ?、なんかもったいない。そのあともやたら桃が目の前で歌うので、結局この公演で一番見てたの桃だったかも。

LIVE/EVENT :::2005/1/30:::

ハロプロやねん! (05/01/28) [飯田圭織]

飯田さん最終回
洋服についてのこだわり。流行にとらわれず好きなモノを着る。バーゲンとかでは買わず、多少高くても好みなものを買ってそれを長年着続ける。ハロプロの中でおしゃれなのは、稲葉貴子。個性的なのは田中れいなで豹柄、蛍光、全身紫など。対照的に道重はピンクやフリフリばかり。バックの中もうさぎちゃん、ハートものやリボンとかがいっぱい。亀井はお姉さんぽい格好で、紙袋を好んで持ち歩く。

ハロプロNo.1
人見知り。→新垣。はじめは目線を合わせられない。その他後藤、高橋、吉澤、意外と矢口も。
冷静な人。→飯田。その他、紺野は冷静というよりマイペース。ミーティングでも近くにお菓子があるとそればかり気が行っている。・・・って、飯田さんはそれも個性とフォローしてるけど、それってダメじゃん・・・。

名前を出さずにメンバーを語る
明るい、人を笑わせるのが得意、おませ、前髪が気になる。色が白い。お菓子大スキ。頭の上に常におだんご。似ている人がいる。

“これまで7年間モーニング娘。をやって来て、卒業や加入で大変だったり寂しかったりすることを乗り越えて、新メンバーも頑張る気持ちが芽生えて素敵なグループになったなと思う。卒業した中澤や後藤と一緒のステージで卒業出来るので最後がハロプロで嬉しい。最後は泣いちゃうかな?でもあまり泣きたくないです。横浜、気合入れて行ってきます!”

ハロプロやねん :::2005/1/29:::

ふしぎ少女探偵 キャラ&メル (05/01/24-05/01/26) [W辻加護]

「No.5 壊れた時計の謎!」
“名もなき白い世界に住まいし二人の女の子、ひらめき少女キャラ、はりきり少女メル、・・・”
なんだなんだ?何の前触れもなくオープニングやら精霊召喚やら、映像がファンタジーっぽくなったぞ。「現着」とかストーリーのレベルは変わらないけど。ミュージカルにつなげる布石か単なるイメチェンか。まぁ適当に衣装替えしてくれるのは見て楽しむ側としてはありがたい。
イヌのマキアートの鼻にいたずらで靴下近づけて、リアルで吠えられるののたん。

050129chara_kago_s.jpg

TV > 2005/01-03 :::2005/1/29:::

ポップジャム (05/01/28) [W辻加護]

「恋のフーガ」。衣装は純白フリフリ。
Wが唄うのは初めて聴いたけど、第一印象は、カバーというのは知っていたけど、あぁこの曲か・・・って感じ。名曲ではあっても目新しさはない曲と、平凡なオリジナルとどちらが良いのか悩ましいところ。別に二者択一ってもんでもないけど。とりあえずポップジャムは音声がダメダメなので以降の番組に期待。

050129pj_w_s.jpg

TV > 2005/01-03 :::2005/1/29:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other