my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

娘DOKYU ! (05/04/18-05/04/22)

050424mdoc_kon2_s.jpg2005/4/18-22 TX 「娘DOKYU !」
・紺野のパン作り 完成して試食。
・道重の子守 これで終わりなのかな。イジワル質問もいいけど、続くのなら小道具使うなり何かして遊ぶなりもっと動いてくれた方が映像的に楽しめそう。
・亀井の和菓子作り 作っているときの真剣な表情がいいね。
・三好岡田の海釣り くそ?、いいところで来週かよ!これで坊主ってことはないだろうなぁ。先週のハロモニの釣り堀はともかく、ハロプロ系の釣り企画ってこれまであまり魚運に恵まれてない気がするが。

岡田 チョコとガムを一緒に食べるとガムが溶ける
嗣永 見たいと思った夢が見れる
熊井 ペン交換すると席替えをしたとき近くになれる
夏焼 メンバーの中で一番バッグの中のお菓子が多い
菅谷 左右色の違う靴を履いて学校に行ってしまった

タイトルコール、本編、ナイショの順に、
4/18 菅谷梨沙子、紺野あさ美、岡田唯
4/19 三好絵梨香&岡田唯、道重さゆみ、嗣永桃子
4/20 嗣永桃子、亀井絵里、熊井友理奈
4/21 岡田唯、亀井絵里、夏焼雅
4/22 夏焼雅、三好絵梨香&岡田唯、菅谷梨沙子

娘。ドキュ :::2005/4/24:::

DVD 「Hello! Project 2005 Winter 白組」

2005/4/19 FC販売DVD 「Hello! Project 2005 Winter?A HAPPY NEW POWER! 白組?」
白組ライブには行かなかったのでこのDVDで初めて見ることになったわけだけど、全般的に、紅組のように中核がはっきりしていない上にハロプロ最年長からユニット最年少までまでが小さなホールのステージで行き交っているので、横浜の紅白大乱舞の混沌を更に濃縮した感じ。おもしろい。とにかくBerryz工房が至るところで目に付いたけど、ステージングはやはり後藤、辻、加護あたりが全然圧倒的だなぁ。当然か。
・お、「ザ☆ピ?ス !」の間奏セリフが徳永ではないか。
・「赤い日記帳」は辻のほとんど独奏状態か。ののの柔らかい歌声を堪能できていいかも。
・「桃色片想い」“みやが行くよ!”やっと聴けたよ。で、夏焼→稲葉に変わるのもブラックジョークのようでおもしろい
・やはり基本的にみんな借り物の歌を歌っている感じだけど、加護だけは「恋のテレフォンGOAL」を自分の曲にしてしまってるぞ。
・「モーニングコーヒー」は凄い絵柄だな・・・オオカミの群の中に菅谷羊が一匹迷い込んだようだ。
・「チュッ! 夏パーティ」、一年後くらいに同じメンバーで見てみたい。

050423dvdshiro_no_s.jpg

メニュー
01. OPENING
02. でっかい宇宙に愛がある
03. ザ☆ピ?ス!
04. Yeah!めっちゃホリディ
05. MC 1
06. ロボキッス
07. 晴れ 雨 のち スキ
08. 恋をしちゃいました !
09. ミニモニ。じゃんけんぴょん !
10. 愛の園 ?Touch My Heart !?
11. MC 2
12. 赤い日記帳
13. 桃色片想い
14. 恋のテレフォンGOAL
15. 原色GAL 派手に行くべ !
16. 渡良瀬橋
17. MC 3
18. モーニングコーヒー
19. FIRST KISS
20. ちょこっとLOVE
21. 幸せですか?
22. MC 4
23. チュッ! 夏パーティ
24. 壊れない愛がほしいの
25. 恋愛レボリューション21
26. ピリリと行こう !
27. LOVEマシーン
28. ここにいるぜぇ !
29. 手を握って歩きたい
ENCORE
30. THE マンパワー!!!
31. MC 5
32. ALL FOR ONE & ONE FOR ALL !

ライブDVD :::2005/4/23:::

FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ [村田めぐみ、小川麻琴、田中れいな] (05/04/18-05/04/22)

2005/4/18-22 TBCラジオ 「FUNふぃーるど・モーレツモーダッシュ」 村田めぐみ、小川麻琴、田中れいな

4/18 得意なスポーツ
村田 部活はバレーボール
小川 幼稚園のころから水泳。でも他は苦手。スポフェスのときトレーナーが“小川はいい肺をしているな?”と言っていたとか。
田中 帰宅部。遊びでバレーボールとかバスケとか

4/19 桜、花見
村田さん、白石の一目千本桜を見に行ったことがあるらしい。

4/20 仙台のおいしい食べ物
ということで、ずんだ餅を試食。田中は初挑戦。村田さんによると仙台では給食の春巻の中にも入れられるとか。ほんとか?
あと、蔵王チーズはモーニング娘。メンバーの間にも人気で、仙台公演のときマネージャに頼んで買ってきてもらったとか。

4/21
料理は、苦手な村田に、全然しない田中、そして今はしていないけど昔は夏休みに姉と交互にお手伝いで料理していて、実は見かけによらず結構出来るかもしれない小川。
・好きなみそ汁の具
田中 えのき、えりんぎ ←キノコ好き
村田 キャベツ

4/22
・リラックスするとき
田中 お風呂に入浴剤を入れて浸かりながら歯磨きをする。“いっつも(磨きすぎで)血がでてます”…ぉぃ
村田 地元に帰ったとき
・試してみたい髪型
村田 パーマ
小川 一時期青メッシュを入れてた(!)けど、マネージャに怒られてもどした。
田中 なんか細かくいろいろ言ってたけどよくわからず。とりあえず髪を染めたいらしいので黒髪れいなとさよならするのも時間の問題か。

FUNフィ :::2005/4/23:::

ミュージックステーション [モーニング娘。] (05/04/22)

2005/4/22 ANB 「ミュージックステーション」
・「大阪 恋の歌」 モーニング娘。
石川ラストだってのに番組に漂うこの雰囲気に、こちらもやりきれない感でいっぱいだけど、それをなんとか払いのけて歌の方に集中。
ライブ時は踊りまくってて正直あまりよく見ていなかったけど、改めてダンスパフォーマンス付きでじっくり見るとこの曲、相当良いかも・・・・。
どうしてもタイトルからローカルというか閉じられた歌という印象を持ってしまうけど、そもそも曲調はムード歌謡チックなタイトルとはうらはらに、結構ダンス系の色合いも強いし、フォーメーションも高橋トップで脇に藤本石川を据えて後方中心に吉澤、という、中央突破を目指すかのような今のメンバー構成では最強布陣だし、ダンスも奇を衒ったモノもない・・・・。「AS FOR ONE DAY」以来のモーニング娘。正統路線を継承する曲じゃないか。
メンバーのルックスの状態が総じて良いのもポイントが高い理由だろうな。特に高橋。中央に立つ人がキマると全体が締まるもんだ。新垣も髪型変えてまたいい感じ。
そして石川さん。髪も相当気合い入ってたなぁ。冒頭で卒業の件を振られたときの笑顔、しょい!の後の真剣な表情、歌での妖しい笑みや見上げる表情、花束を受け取った時の笑顔。厳しい雰囲気の中、お疲れさま。

050423ms_rei_s.jpg

TV > 2005/04-06 :::2005/4/23:::

シングルV Berryz工房 「スッペシャルジェネレ〜ション」

2005/4/20 シングルV 「スッペシャルジェネレ?ション」 Berryz工房
・「娘DOKYU !」内のCM見て悪い予感はしてたけど、イマイチ・・・。衣装が素っ気なさ過ぎのせい?一応パステルタッチだけど、ほとんど白一色に見える上に歌番組のようなワンポイントもないせいかな。本編PVのあの青の旭日旗のような背景もどうもセンス悪い。「音楽戦士MUSIC FIGHTER」あたりの方がよほど普通に映像的に見れたよなぁ。
・徳永の髪はかなり軽くなっていい感じだけど、もう一段手を加えてもいいかも。
・カメラ越しの菅谷がとてつもなくかわいい。
・「女の子走り」を夏焼清水にからかわれて、叩き返すのがまた「女の子叩き」の嗣永とか(笑)。

050421dvdsp_miya_s.jpg

シングルV :::2005/4/23:::

ちゃんちゃか☆チャーミー! [石川梨華] (05/04/21)

2005/4/21 CBC 「モーニング娘。 石川梨華 ちゃんちゃか☆チャーミー!」
・4/7放送のあんず棒。“ほんとにおいしいんだって!”ということで、簡単に言うと「袋に入った乾燥あんずののシロップ付け」だそうで、スタジオに用意して食べてみたり。しゃきしゃきいい音がしますなぁ。
・妹からは「りかちゃん」と呼ばれているらしい。
・“新潟の夜公演では前髪を下ろして!(←お便り)”→ちなみに梨華パパは上げているのが好き、梨華ママは下ろしてるのが好き、本人はどっちでもいいらしいけど、汗でおでこにはり付くので上げてしまったりするそう。みんな前髪が気になるのかな、ということで番組内でアンケート。…そりゃもう、ぜ?ったい前髪下ろしていた方がいい!リアルタイムで聴いていたら絶対投票したのに。

「梨華のこばなし」 ぃぇぃ !
・群馬昼のMCで吉澤が石川の顔に付いていた「まつげ」を取って上げた件、実はその前に汗を拭くために使ったティッシュが付いているのを「まつげ」といって取ってくれたそうで。ナイス!
・同じく群馬「ラヴ & ピィ?ス ! HEROがやって来たっ。」で、吉澤と二人で歌うシーンで、吉澤が歌詞を間違えたので合わせて間違えて歌ったということで、あくまで吉澤に合わせたということを強調。
・「みんな大好き、チュッ 7」の中のピンクと黒のシマシマの服、普段は部屋で着ているけどハロプロに着て行ったらみんなに突っ込まれた。
・フットサルの放送で“じゃがいも!”と叫んでいた件、珍しく吉澤が緊張していたので、観客がじゃがいもと思えばいいんだよってことを言いたくて“じゃがいも!”と叫んで吉澤からも怪訝な顔をされたそう。“いつでもどこでも空回りってことですよ”(苦笑)

「狙え!梨華のホームラン」のコーナー

「梨華のお便り」のコーナー
・ちなみに石川さんが学生時代悩んでいたことは、スカートの丈をちょっと短くするだけで怒られるくらい校則が厳しかったこと。…あまり悩みらしい悩みもなかったらしいな(苦笑)

・前髪アンケート、来週発表ということに。よし、武道館に期待してささやかな一票をいれとこう。

ちゃんチャミ :::2005/4/23:::

モーニング娘。×つんく♂ 2 [高橋愛]

思いがけぬ事態で状況が激変して、「矢口?吉澤」体制へ普通に移行することを前提にそれぞれが将来を語っているであろうこの「モーニング娘。×つんく♂ 2」の資料的価値も劇的に低下したので、このまま続けるか迷ったけど、もともとある程度の情報の陳腐化は想定していたし、メンバーの現時点について感じていることを書き残しておくというのが主目的なので、基本的に以前と同じスタイルで続けることに。

「モーニング娘。×つんく♂ 2」 (7) 高橋愛
感じるのはささやかな初動らしきものと範囲の広がり。もともと期待が大きく先行するディスアドバンテージを背負って呆然と立ちつくしていたコが、やっと周りを見回して走り出した、そんな明るさが文章に広がっている。
大きかったのは、年齢的に仕事の場で大人と対等に付き合えるようになりつつあるのと、昨年メンバー構成が変わった際に主体的役割を与えられる機会が一段と増えたことかな。その場で最低限の自己表現が出来るのと出来ないのとの差は大きい。以前からそれなりに役割は与えられていたけど、この年齢になってやっと、そういった機会にこれまでの蓄積を活かせるようになったのかもしれない。とはいえこれまでズルズルと煮え切らない動きが続いてきたので、その蓄積がどれほど残っているかという不安はあるけれど。

高橋愛語録抜粋
「3番目」

“春に石川さんが卒業したら、なんと上から3番目ですよ(笑)。年齢的には美貴ちゃんが上なんですけど、6期だから自分が先輩になるんですよね。”

「前に進んでいる証拠」

“今までの自分を認めたくない”ってことは、前に進んでるってことなんだよ・・・・・・って。“あ、そうかぁ!”って、すっごい納得したんです。悩んでるってことは、ちゃんと前に進んでいる証拠なんだって。そしたら、気持ちがスッキリしたっていうか。だから今、こういうことが話せるんですけど”

「ほめられるのは・・・」

“ほめられるのはうれしいんです。ものすごく。ほめられたいし。でも、まだ認めたくない。認めたら終わりだと思ってるので”

×つんく 2 :::2005/4/22:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other