my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

ハロープロジェクトスポーツフェスティバル (06/3/19) その1

球技3試合の感想
◇メトロラビッツ
いまさらって感もあるけどあえて書くと、ワンサイドゲームの要因はもうメトロラビッツ側の練習不足・準備不足に尽きる。フライがなんたるかすらわかっていない、タッチアップの処理すら頭にないようでは…。ルールがシンプルなだけに、点の取り方、守り方を一つ知らないだけで致命的になってしまう。

その他、楽しみながらやる方針はそれはそれでいいけど、そこにいきなり真剣勝負をしかける強豪(?)をぶつけてもなぁとか、キックベースってスポーツゲームとしての完成度が低いんじゃないかとか、いろいろ思ったこともあるけど、負けは負けでも最低限のプレイさえ出来ていたらそうは感じなかったかもしれない。

いきなりの大敗でもともとスポーツ苦手な人たちのやる気が揺らぎかねない状況だけれども、折角新しいコトをはじめたわけだから、これで気持ちを萎えさせたりないで、継続して生産的な活動となってゆくことを期待。そして今回の試合が、後々振り返ってそんなこともあったねと自虐的にではなく笑い話に出来るようになるといいのだけど。

◇リトルガッタス
プレイの方は意外と出来るなという印象。“おっ”と思わせるシーンも散見してたし。負けはしたけど、メトロラビッツと違って試合の形になっていたし。なのでやっとその先の話が出来るわけだけど、現状はまだまだガッタスの「二番煎じ」の域を出ていなくて、今回のメトロラビッツや、開始当初のガッタスのような目新しさもなく、惹き付ける要素が見あたらないというのが今回見ていて感じた一番の難点かな。ガッタスやメトロラビッツはショウビズ的観点でも皆がそれなりに思うところはあるだろうけど、リトルガッタスはそれも乏しく、リトルガッタスに関心がある人=リトルガッタスメンバーに関心がある人だけという状況。今後も「リトルガッタス」で活動してゆくのなら、スポーツ面の活動スタイルでも、芸能面の活動スタイルでも何でもよいけど、リトルガッタスをもって、はじめて語ることのできる領域がほしい。まぁ言うだけなら簡単で、実際難しいとは思うけど、関係スタッフさんがうまく誘導してくれることを期待。

ごく個人的には、遠い上にほとんどが黒髪なせいか、助っ人のエッグも含めてボールを持っているのが誰かすらよく見分けられなくて、楽しみきれなかったのが残念。判別出来る距離で見ていたらまた別の感想になったかもしれない。

◇ガッタス
両チームの力の差は確かに歴然。でも相手にならない・見てらんないというほどの差ではなかった。ガッタスの完敗ではあったけど、普通に試合展開を楽しむことが出来たから、まぁ興行的にも成功と言っていいのでは。ボールはほぼ支配されていたので、必然的にゴレイロの活躍が目立つことに。相手の猛攻を防ぎまくってなんとか前半2失点で乗り切った紺野がカッコよすぎた。一方の後半の辻は同じ2失点ではあるけどあまり…だったかな。この試合を見る限り紺野がレギュラーというのはうなずけると思った。

◇今日のトレーディングポスター
今回も1枚購入。…スポフェスの顔?!なっち登場!
060320sf_abe_s.jpg

LIVE/EVENT :::2006/3/21:::

ハロプロアワー 002 [安倍・里田・矢島] (06/3/17)

GyaO 002 060317 安倍なつみ・里田まい・矢島舞美
・「たからもの」 安倍なつみ
 前回とは別収録。
・「幸せビーム ! 好き好きビーム !」 矢島舞美
 ちょっと意外性はなかったかな。
・「恋がステキな季節」 里田まい
 一人で歌う姿が珍しいというか新鮮というか。

◇対談 安倍×里田
話の内容が以前の「安倍なつみ DVD MAGAZINE Vol.4」での二人のトークと結構被っていたかな。そのほかカントリー娘。話では、風邪をひいたときに、他のメンバーに移すとダメだからということでフットサルの練習に参加できなくて、それがすごく悔しくてあさみとみうなにメールを入れたら練習後に来てくれたという話。
歌の方は、なかなかこういう機会がないから一人で歌いたいということで、一緒に歌うつもりでいた安倍を丁重にお断りしてソロで。台本どおりなのかもしれないけど、そういうのもアリなのか。

◇ハロプロキッズの質問コーナー ゲスト ℃-ute矢島舞美
・矢島の身長162cm
・お寿司のネタは何が好き?→安倍…マグロ、矢島…魚を食べられなかったけど、最近食べてみたらおいしかった。
・魔法が使えたら何をしたい?→安倍…中学二三年くらいに戻って普通の学生生活。“好きな人いないの?”って後輩を困らせる質問をしないように(苦笑)。
・特技の習字で「感謝」
060321hh_yajima_s.jpg

GyaO :::2006/3/21:::

ドキみきNight [藤本美貴] (06/3/20)

2006/3/20 CBC 「モーニング娘。 藤本美貴 ドキみきNight」
◇3/13でデビュー4周年。印象に残っていることは?
→「デビュー当時に初めてやったこと」。イベントで地方に行ったり握手会したこと。歌番組や、ラジオなどにはじめて出たとき。
◇料理しますか?
→“やってないです全然。でもやればできる子”。普段料理は全然やらないけど、ハンバーグ、カレー、シチュー、餃子、ムニエル、野菜炒めなど作ろうとすれば作れるらしい。
◇2/26誕生日
・メンバーからはプレゼントとして結構入浴剤をもらったとか。…こういう話題の時、具体的な名前が全然出てこないのが藤本ラジオの困ったところ。
・当日のライブ後の反省会でスタッフが「なんにも言わずにI LOVE YOU」の替え歌を突然歌い出して誕生日を祝福。ただ、その歌詞が、フットサルで狂犬と呼ばれた云々とか、焼き肉は何人前食べる云々だったとか。あと松浦からはメールと電話はあり。
◇長所と短所
・“長所は人見知りしない。短所は短気。頑固な部分は短所であり長所であると思う…”

ドキみき :::2006/3/21:::

DVD 「美勇伝シングルVクリップス 1」

2006/3/15 DVD 「美勇伝シングルVクリップス 1」
◇PV 「愛?スイートルーム?」
ロフト付きスイートルームのゴージャス感と、ライトブラウン色のエレガント感で、美勇伝のコンセプトがストレートに表現されたPVになっていて、映像美的レベルも高い。ただ、それでその映像の中で何をやっているかというと、はしゃいだりワイワイやっているわけだけど、普段のラジオの調子から、はしゃいでいる姿の後ろにどうしてもギクシャク感を感じてしまうのが困りもの(苦笑)。

◇愛?スイートルーム?メイキング映像
“「岡やん」「唯やん」もいいけど、もっともっとあだ名で呼ばれたい”ということでどうやらもっと親しみやすい呼び名がほしいらしい岡田さん。こうやってデビュー曲からひととおり見ると、垢抜けっぷりがすごい。「愛?スイートルーム?」でもゴージャス・エレガントな雰囲気へのマッチ具合があの石川にも全く引けをとらないもんなぁ。
060320vuclip_vu_s.jpg

DVDメニュー
 1 恋のヌケガラ
 2 カッチョイイゼ ! JAPAN
 3 紫陽花アイ愛物語
 4 ひとりじめ
 5 クレナイの季節
 特典映像 1
  ・恋のヌケガラ (Close-up Ver.)
  ・カッチョイイゼ ! JAPAN (Dance Shot Ver.)
  ・紫陽花アイ愛物語 (Dance Shot Ver.)
  ・ひとりじめ (Dance Shot Ver.)
  ・クレナイの季節 (Dance Shot Ver.)
  ・愛?スイートルーム? (オリジナル)
  ・愛?スイートルーム? (Close-up Ver.)
 特典映像 2
  ・「スイートルームナンバー1」 ジャケット撮影メイキング映像
  ・愛?スイートルーム?メイキング映像
 特典映像 3 TV-CM集
  ・恋のヌケガラ (15sec.)
  ・カッチョイイゼ ! JAPAN (15sec.30sec.)
  ・紫陽花アイ愛物語 (15sec.30sec.)
  ・ひとりじめ (15sec.30sec.)
  ・クレナイの季節 (15sec.30sec.)

DVD/CD :::2006/3/20:::

B.B.L. [美勇伝] (06/3/18)

2006/3/18 FM-FUJI 「B.B.L.」 美勇伝
・映画「スケバン刑事」、美勇伝は撮影終了。
岡田 思った以上に大変。ちょっとしたカットにも達成感、でもめっちゃ楽しい
三好 緊張したけど、役になりきって演じると楽しい
石川 悪役初挑戦。ヨーヨーをすごく練習した

・自分の分身がいたら何をさせる?
岡田 掃除炊事洗濯
三好 着せ替え人形代わり
石川 資格を取らせる。どれくらい黒くなれるか日焼けさせる
締め。岡田“(分身が)あったら幸せです。”もとい“夢は持つものです。”…言い直してもレベルがあまり変わらないような(苦笑)

・投稿…箸や鉛筆の持ち方を直せるか
岡田 私も東京に出てきたときに、箸の持ち方を直した方がいいと言われて、必死に直しそうとしたらいつの間にか直っていて。箸の持ち方が良くなっただけで心もうれしくなります。直そうと思っていたら直ると思うので頑張って下さい。

・石川“噛み合ってない感が美勇伝だよね。”

BBL :::2006/3/20:::

ミュージックステーション [モーニング娘。] (06/3/17)

2006/3/17 ANB 「ミュージックステーション」
・「SEXY BOY?そよ風に寄り添って?」モーニング娘。
衣装はPVの白スリップに蝶の柄を追加したもの + 黒ストッキング。それに加えてスタジオもライト完全点灯状態だったのでPVのような明るい雰囲気。背景もパノラマ状のスクリーンの映像のおかげで画がとても賑やかに。
そしてTVでこの歌でははじめてハンドマイクを使用して生歌。生歌であることを強いて持ち上げる気はないけど、ヘッドセットではなかったので映像的に顔に常に余計なものが重なっているということがないのと、他の番組とは違うものを見聞き出来たという意味で良かった。
セクシーボーイ視点のカメラへのリアクションも、Mステのカメラに合わせた動きに変更されていて、ウワサをしている感されている感が上手く出ていた。
スリップ上の蝶とお揃いの髪飾りとかカチューシャとか、そのあたりもみんなイイ感じだったけど、やはりこの白スリップの衣装となると田中が強い!蝶とリボン付きのカチューシャも似合いまくっていて、もう手の付けられないかわいさだったな。あと、なんか違和感ある人がいると思ったら藤本が前髪を作ったのか。2歳くらい若返ってキレイというよりこちらもカワイイの部類に入る雰囲気に。
060318ms_end_s.jpg

TV > 2006/01-03 :::2006/3/18:::

音楽戦士 MUSIC FIGHTER [モーニング娘。] (06/3/17)

060318mf_taka_s.jpg2006/3/17 NTV 「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」
・「SEXY BOY?そよ風に寄り添って?」モーニング娘。
衣装やマイクや曲時間など基本的にポップジャムと同じだけど、ポップジャムはPV視点で見て落差に驚いたのに対して、こちらは既にTV視点で見れるようになっていたのでそれなりに楽しめたかな。
ラストの“巷でウワサの”をリピートする部分で、左右を交互に映していたので普段端っこで映りにくいメンバーもちゃんと映っていたのが良かった。あと新垣が一番後ろで、振りの範囲内で目一杯アピールしていたのが印象的。

TV > 2006/01-03 :::2006/3/18:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other