my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

ハロプロアワー 008 [新垣・田中・萩原] (06/6/9)

060612hph_nii_s.jpgGyaO ハロプロアワー 008 060609 新垣里沙・田中れいな・萩原舞
◇新垣×田中
・新垣の印象…新垣さんは加入した頃は苦手であまり話さなかった。でも最近は一番話すかも
・プリクラは普通には写らない。見せれる程度の変顔
・夢 幸せな結婚。25,6には結婚して子供は男女一人ずつ
・田中から新垣になぞなぞ。新垣解ける気配なし。垣さんあいかわらず頭固すぎ!

◇新垣×萩原
・あれ?なんか顔が変わったような…
・一番怖いものは?→新垣…おばけ。萩原…バービー人形。夢でネコの顔とバービーの顔がチェンジしたのを見て
・好きな県は?→新垣…神奈川県。萩原…群馬が言葉的に好き。出身は埼玉だけど千葉も好き。
・和太鼓を披露

◇スタジオライブ
・「声」 新垣里沙
ギターオンリーで「声」か。さすがに新垣の持ち歌中の持ち歌とも言ってもいい曲だけあって安定していて、新垣らしく余計なコトをせず至って正統な歌いっぷり。
・「色っぽい女 ?SEXY BABY?」 田中れいな
“一番好きな曲”ということで歌い慣れている感じ。歌唱面は癖がなく無難な印象も受けたけど“「ah」をいっぱい言っちゃいました?”“自分、かっこいい!と思った”と言うとおり、こだわるところはこだわって好きなようにやりたいように表現していて、終わって思わず拍手しそうになった。
・「Yeah ! めっちゃホリディ」萩原舞

しかし番組がこなれてきたのか、たまたま出演者が良かったのかまだわからないけど、ライブコーナー・トークコーナーともかなり良くなってきた。歌は初めのころはソロの機会の多い人たちだったけど、ここにきてこれまでソロで歌う機会があまりなかった人たちが続々登場してきて、しかもそれぞれが好きな曲を歌っているのを聴けるのだからほんと良い時代になったものだ。トークも映像コーナーが消えたのは大きい。まぁまだ本当に消えたのかわからないけど。
あとはキッズコーナーの方かなぁ。今のところはこの番組でキッズの魅力が引き出せているとは言い難い。キッズはとりあえずキッズ同士でやらせるとかまだ手を加える余地がありそう。

GyaO :::2006/6/13:::

ハロー!モーニング。 (06/6/11)

2006/6/11 TX 「ハロー!モーニング。」
◇動物の赤ちゃんクイズ
・石川がショートの髪型を披露!でもヘアバンド使っているせいかあまり変化が感じられない。それよりも一見地味?な人が、と思ったら黒髪にした亀井さん。色変えただけなのに誰なんだ状態。そして更にそれよりも、前髪作って更に前髪含めて3レングスで昔の姫みたいな髪型の吉澤の方がインパクト大!
・辻・高橋・藤本が宇都宮動物園と日光わんにゃんランドへ。入場してすぐにライオン登場!そういえばもしゃもしゃにして逆立ててる辻もライオンヘアだ。藤本の肩にリズザルか、懐かしい光景だ。キリンでかっ!
・辻がウマい例えを連発!なかなか顔を出さないワラビーの赤ちゃんに“うちらが布団に潜っている感じだ”、キリンが新しい干し草と古い干し草をかぎ分けられると聞いて“うちらだってわかるじゃん、次の日とかさ”(苦笑)
・日光ワンニャン村。よってたかられたり、輪くぐりさせようとしてチンチンされたり、コケにされまくる辻さん(笑)。藤本ってもしかしてこの子犬に触れ合う機会に触発されてメス犬飼いはじめたのかな。
・スタジオの回答側は優勝吉澤で景品はケーキ。どうみてもこの大きさは普通に全員で食べるものだよな。
060611_hm_non2_s.jpg

ハロモニ :::2006/6/13:::

娘DOKYU! [紺野あさ美] (06/6/6)

2006/6/6 TX 「娘DOKYU !」 紺野あさ美
“卒業という節目が近づいてくると、寂しいものがあったり…。ガッタスは自分がいて幸せな場所だった。試合は一試合一試合勝ち負けがあるので悔いが残らないようにとは思いましたね。二年しか(まだ続けていない)かもしれないけど、悩んだりしたこともあって、でもそれを乗り越えて学んだこととか、すごく大事なことが身に付いたと思うので、そういうのとかもまとめて、試合に出れて良かったと思いましたね。”
“ガッタス愛が深すぎるなと思いましたね。わかっててもさみしいと思っちゃうところがあって。フットサルってみんな競っていてうれしいというか、もっと盛んになってくれればいいなとか思う。芸能界の女子なんて普段こう火花バチバチ散らすことなんてないじゃないですか。正々堂々とスポーツという形で真剣勝負してみんな頑張ってきて怪我したりして泣いたりして戦って勝って喜んでいるというのがうれしい。”
“ぶっちゃけるんですけど、モーニング娘。の卒業は自分で考えて出した結論で、(でも)ガッタスはまだ二年で発展途上で、モーニング娘。も(まだまだ)磨いていくところがすごいあるんですけど、ガッタスは一から入っていて発展途上という気持ちがあったので、ガッタス(からも卒業すること)はすごい寂しいというか心が追いついていない部分があったりして、でも自分の残り二ヶ月を頑張ってゆきたいなと。”

…良い放送だった。これだけ目を輝かせて語る紺野ってあまり記憶にない。ただ、うれしく思う反面ちょっと寂しさを感じたりも。これまでも紺野が活動について語る機会が無いわけでは無かったけど、話に説得力がなかった。結局のところ結果が伴ってなかったので空虚でサラッと聞き流してしまう内容だった。でも今回の紺野のガッタスの活動についてのコメントは、しゃべりは拙いが明らかに中身が詰まっていた。
歌の活動は基本的に先輩たちが作り上げたものを維持する活動で、たとえいくらか発展させたとしてもその差分は明確なものにはなかなかなりえない。一方のガッタスの活動は自分たちが一から作り上げて、そして結果も出せた。だから双方の活動についてのコメントに温度差が出てしまうのも無理もないことだし、とても素直な反応だとは思う。モーニング娘。というショウビズの延長線上のガッタスの活動についてはもとから大賛成だし、そこでそれなりの結果を出した上に、本人の口から本人にとって有意義な活動であったとコメントを聴くことができたのは、フォローしてきた一人としてとてもうれしいことで不満などはあろうはずもない。ただそれはそれとして、ライブ好きでライブ活動を重要視する一人として、彼女からモーニング娘。本来の歌やダンスでの活動でこのような言葉が聞けずじまいで終わりそうなのがやはりちょっと寂しい。
060610mdoc_kon_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/6/12:::

Eネ! [モーニング娘。・美勇伝] (06/6/10)

2006/6/10 TX 「Eネ!」 モーニング娘。・美勇伝
数分のミュージカル宣伝番組。この宣伝番組の主役ももちろん高橋だけど、歌や演技の方は特に心配していないのでいいとして、それよりミュージカルに関するこういったコメントなどの方が危なっかしくてハラハラしてしまう。
あと石川のショート(?)を予想外にこんな番組で初めて見ることになったか。数秒の映像だけどとりあえずファーストインプレッションは、普通っぽい、かな。
060611ene_taka_s.jpg

TV > 2006/04-06 :::2006/6/11:::

ヤングタウン [高橋・藤本・紺野] (06/6/10)

2006/6/10 MBSラジオ 「ヤングタウン」
モーニング娘。 高橋愛・藤本美貴・紺野あさ美
・卒業について
 “大学卒業したくて。大学進学目指します”
 “大学は一コには決めてないです。絞ってないです”
 “(卒業は)私が決めてあとから親にポイって言った”
 “(復帰は)決めてないけど学業専念するかもしれないし決めてない”
 “専攻未定です。社会系かな?”
・何か高橋のエピソードがないかと訊ねられた紺野、既出の「なすを食べるとだこだこ」以外は出てこなくて“大学行く前に言葉の練習せい!”(さんま)
・最後に一言“とっても楽しかったです。ありがとうございました”

…紺野らしいラスト。高橋のエピソードが出てこなかったのがタレントとしての紺野を端的に表していた。

ヤングタウン :::2006/6/11:::

ハロプロやねん![吉澤・紺野・亀井・田中] (06/6/9)

2006/6/9 ABC「ハロプロやねん!」モーニング娘。 吉澤ひとみ・紺野あさ美・亀井絵里・田中れいな
◇ハロプロNo.1 部屋がきれいそうなメンバー
亀“私は圏外”れ“圏外というか論外”亀“うまい!”…って感心してないで(苦笑)。コンサートのメイク時もメイク道具を散乱させまくってるらしい。本人はそうやって道具を周りに広げないとやる気にならないらしいが。真性ずぼら人間だな。その他紺野は朝選んだ服をそのままにしてしまう、田中は今は自分の部屋はなくて昔は室内は見た目キレイだけど引き出しに押し込んでるだけ。ということで結局イメージだけでなぜか℃-ute矢島という結果に。イメージって…まぁそれはそれでいいけど、モーニング娘。内に閉じた方がよかったような。

◇ハロプロの部屋
ちっちゃい。涙もろい。明るい。元気。小動物。年を感じさせない。ラーメンが好き。インスタントラーメンをよく食べている。つっこみ。N澤さんにかわいがられている。

◇他のメンバーに負けないこと
亀井 自転車に乗ること。技術じゃなくてスピード
吉澤 創作料理。ありもので作る。紺“いいお父さんになりそう”
田中 毎日の服装、おしゃれ
紺野 ピンクの服。ピンクの同じようなキャミが10着くらいある。スカートもいっぱい

◇その他
・紺野とみうなが以前、二人でみうなおすすめの韓国料理店→カラオケに行ったそうで。

◇最後に、亀井が番組中に考えて考えて考え抜いたこの四人のキャッチフレーズで締め!
亀“時代を先取る…パッション!”。
なんか…なんか…締まらん(苦笑)。でもこう積極的にとぼけに行くあたりは個人的に評価大。オープニングで、この四人を表すフレーズずっと考えていたと言っているのを聞いて内心感心したよ。しかし亀井はこういう脱力系フレーズを考えるの大好きっ子だな。

ハロプロやねん :::2006/6/11:::

ちゃんちゃか☆チャーミー! [石川梨華] (06/6/8)

2006/6/8 CBC 「美勇伝 石川梨華 ちゃんちゃか☆チャーミー!」
・以前よくやっていた当日のファッションチェック。最近しないのはいつもジャージを着てるから。…そういえば、いつも普通にジャージ姿の石川さんを脳内イメージして聴いてるな。
・先週、もう半年経ったと勘違いしていた件、あのあと周りの人からも突っ込まれまくったらしい。小さい頃から算数が苦手だったからと言い訳してたけど算数の問題なのかな?まぁいいか。
・丸ビル内のフットサルコートのこけら落としにキャビンアテンダントいわゆる“スッチー”チームと対戦して快勝!石川さんも久々にゴール!
・ガッタスのすかいらーくCM撮影。朝食シーンは、食べるの2割におしゃべり8割でと言われていたけど、みんなその逆の食べるの8割でしゃべるの2割くらいだったとか、特に辻は注意されても生返事でひたすら食べまくっていたらしい。あいかわらずこいつは…(苦笑)。あとフォークとナイフを持ってビッグスマイル!な映像がフットサル会場の大画面で流れて赤面。
・後藤から新曲「ガラスのパンプス」宣伝を兼ねたメッセージ。石川から「ゴール!」の小説を借りているけどなかなか進まないとか難しすぎる漢字をとばしとばし読んでいるとか。でも映画を一緒に見る約束をしているので頑張って読むよと、けなげなことを言っている後藤さん。ところが石川さん既に見てしまったそうで…。もっとも当分オフの日が合わないのと、以前「ダヴィンチ・コード」を一緒に見に行こうと言っていたのに後藤がさっさと見に行ってしまったらしいのでお互い様らしいけど。

ちゃんチャミ :::2006/6/11:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other