my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

ハロプロアワー 020 [嗣永・菅谷・村上・鈴木] (06/11/24)

GyaO ハロプロアワー 020 061124
嗣永桃子・菅谷梨沙子・村上愛・鈴木愛理
最終回&キッズ総集編。これだけの面子集めて歌なしで、過去映像見てちょこっとコメントさせてお終いとはもったいない。
徳永の寄り目芸も梅田のドラムも、桃がマネするとヘンすぎ!途端にギャグになってしまうなぁ。
061130hph_momorisa_s.jpg

GyaO :::2006/11/30:::

写真集 菅谷梨沙子「Risako」

061128risaph_risa_s.jpg2006/10/12 菅谷梨沙子 1st写真集「Risako」
梨沙子の魅力が最大限感じられるのは、やはり色気が仄かに漂うショット。髪を下ろして肩や脚を見せるゆったりキャミを着てるやつなんて、幻想的なほどの「美少女」で絵になりすぎてため息が出るばかり。その姿で、左腕にべったり付いたクリームを舐めている写真とか、木の幹にひっかかった布をジャンプして取ろうとしている写真なんて、なんでそんなシチュエーションが?というのはおいといて、もうダイレクトに魅力が伝わってきて威力抜群!水着姿もキレイな体の曲線が出ているなぁ。ビキニ姿であろうと痛々しさが全く感じられないのが何と言っても梨沙子の強み。中でも、白ビキニで左手を腰に当てて右手を上げている写真は、ポーズに快活さがあって、プールに入った後の髪の湿り具合が色っぽくて、そして笑顔がとびきりかわいいくて超お気に入り。あと気になるのはレオタード姿。体型のキレイさが出ているけど、表情はあどけなくて、数年前のこども梨沙子の懐かしい面影が。
やっぱ梨沙子は文句なしにかわいいわ。フォトジェニックというのはこのようなコのことを言うんだろうなぁ。

写真集 :::2006/11/29:::

ハロプロアワー 019 [亀井・道重・田中・久住] (06/11/10)

GyaO ハロプロアワー 019 061110 亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな・久住小春
今回のハロプロアワーは変則的に6期亀井・道重・田中と7期小春の4人で、親になった人がルーレットで決まったお題について話をはずませることが出来たらOK、出来なかったら罰ゲームという企画。
モーニング娘の中からの選抜メンバーで、6期のこの3人が勢揃いするのは「ゴ→50 Vol.4」「モーニング娘。 DVD MAGAZINE Vol.6」以来?この3人、「ハロモニ」などで一人で先輩と組むとまず影が薄くなってしまうけれども、3人揃うとやはり抜群におもしろい。三人とも同年代でトークのベースとなる日常感覚を共有している上に、仕切る田中、回転の速い道重、とぼける亀井とキャラクターが揃っていて、田中と道重がぐいぐいとテンポよく話を進めてその間隙をついて亀井がクリティカルヒットな一言を放つという形も出来上がってるし。3人で気兼ねなくしゃべらせるとホント強いわ。この同期組に対して一人年の離れた後輩の久住はちょっと浮き気味だったけど、本人は疎外感感じる様子もなく楽しんでいるようだったし、感じの良いトークだった。
お題の方は、亀井は「こんな女性はムカつく」。お題を聞いた途端に目を爛々と輝かせる田中!亀井の次に話し始めるともう止まらない!要は女性の陰湿なところがイヤで生まれ変わるなら男になりたいとかそんな内容のことを、もうガンガン言いまくり。そして判定は全員○!やはりこういう話が盛り上がるんだねぇ。道重は「100年後の世界はどうなっている?」という難題。それでもそれなりに盛り上がったかなと思っていたら、判定前に“すごい盛り上がったよね!”と白々しい煽りを入れて心証一気に悪くして結果全員×と自滅!ちなみに久住のお題は「私の知っている噂話」で判定はアウト、田中は「マイブーム」でぎりぎりセーフ。

◇スタジオライブ
「浮気なハニーパイ」亀井・道重・田中・久住
「Go Girl ?恋のヴィクトリー?」亀井・道重・田中・久住
061126hph_m67_s.jpg

GyaO :::2006/11/29:::

ドキみきNight [藤本美貴] (06/11/27)

2006/11/27 CBC 「モーニング娘。 藤本美貴 ドキみきNight」
松浦が出演していた11/9の「食わず嫌い王決定戦」を家で見ていたみきてぃ、松浦が20歳になって藤本ともたまに飲んだりすると話をしたところ、石橋に一緒に飲もうと言われて、じゃぁみきてぃの家でと答えた松浦に、“おまえんちで飲めよ!”と一人でテレビにツッコミ!…ぃゃぃゃ、藤本家とか松浦家とかそれ以前に家で飲むという話を断ろうよ(苦笑)。
ところでその松浦とは何度か飲んだらしいけど、全く酔いつぶれないので、いつかは酔いつぶして普段と違う松浦を引き出したいと不敵にたくらむブラックみきてぃ(笑)。

・みきてぃの人差し指と薬指の長さはどっこいどっこい
・ガッタスハワイツアー話。向こうでの試合でゴールを決めて事前の決め事どおりキョンシーのまねをしたとか、あとアメリカの肉は放し飼いで筋肉が付きすぎてかたいので好きじゃないとか。
・家族からもらってうれしかったプレゼント。20歳の時にブランドもののキーケースをもらったそうで。実用品のほうがうれしいし助かるとか。
・「美貴持ち」は「うれしい美貴持ち」の投稿が少ないらしい。

ドキみき :::2006/11/28:::

SHAKE BEATS [高橋・新垣・亀井] (06/11/25)

2006/11/25 Date fm「SHAKE BEATS」高橋愛・新垣里沙・亀井絵里
モーニング娘。の仙台公演の際に出演。
えりりんの来年の抱負というか、最近よく思うこと。これまで朝もお母さんに起こしてもらって、食事は?と言うと食事が出てきて、というのが当たり前の生活なので、一人で出来るようになりたいとか。えりりんすっかり親に頼りっきりの生活送っているねぇ。この分だと部屋の片づけの方もあいかわらず全く出来てなさそうだなぁ。

RADIO :::2006/11/28:::

DVD 「リボンの騎士 ザ・ミュージカル DVD」 その1

2006/11/29 DVD「リボンの騎士 ザ・ミュージカル DVD」
とりあえずオリジナルキャストVer.本編のみをまず鑑賞したので、ストーリーや出演者についてではなくパッケージメディアの感想を。

はじめは、会場で直に見たときと同じ感覚で鑑賞しはじめてしまい違和感感じまくりだった。各シーンで、会場ならば無意識に目を向けているであろう先が画面の外で映っておらず、その度に僅かずつ集中力がそがれてしまう。音声も、あの反射音込みの音声を無意識に待ちかまえてしまっていて、やはりそれとは違う音声に戸惑ってしまう。
そこで、もう会場で見たことはとりあえずスパッと忘れて、元からこの四角い画面に映っている映像と、スピーカーから聞こえてくる音がすべてという意識で鑑賞すると、あとはすんなり入り込めて楽しめた。会場での鑑賞と比べて、なんと言っても中心人物の表情をしっかり捉えていたり、客席からではありえない位置や角度からの映像はパッケージメディアならでは。会場で視聴したものとはちょっと別物だけど、こちらも出演者の魅力を十分享受できるミュージカルに仕上がっているのがうれしい。
061127ridvd_taka_s.jpg

ライブDVD :::2006/11/28:::

シングルV モーニング娘。「歩いてる」

061120aruitev_mm_s.jpg2006/11/15 モーニング娘。シングルV「歩いてる」
通常Ver.はウォークシーンとクローズアップシーンが半々で、後半がキャンプファイヤーシーン。基本的にWalk Ver.と同じで一曲のPVというよりモーニング娘。のメモリアル映像といった印象を受ける。キャンプファイヤーシーンでの騒ぎ方が不自然な感じはするけど、まぁいいか。
人数が少なくなったせいかな、単純計算でもそれぞれ登場頻度が25%アップして、メンバーそれぞれをより意識できるようになった気がする。前髪を伸ばす「大人計画」を発動していた道重、学校のキャンプファイヤーで他の組が歌った「大きなのっぽの振る時計」を聴いて泣いて友達に笑われたという純情田中、三つ編みお下げ&ハンチングが妙に似合う新垣、つかまえたバッタに指を噛まれる吉澤(笑)、野原を歩いている亀井は「ふるさと」の安倍に見間違えそう。歩きながら振りをしている久住、キャンプファイヤで一番ノっていたかもしれない藤本、そして髪も前髪含めてそのまま下ろして幼さ全開の高橋。PVの冒頭に登場してそのあまりの「美少女」ぶりに一気に目が覚める。殊更現体制を持ち上げるつもりはないが、こじんまりとまとまっていてファン的に居心地が良いは確かだよなぁ。

シングルV :::2006/11/28:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other