my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

Berryz工房 起立!礼!着席! (06/12/19)

2006/12/19 QR 「Berryz工房 起立!礼!着席!」
12/17のイベント兼公録の模様。熊井・須藤・徳永・菅谷のover160cmチームと、夏焼・清水・嗣永のunder160cmチームで、3人があるお題から連想されるものを同時に叫んで合った分だけポイントという、息ぴったりっこバトル。
勝敗のかかったunder160cmチームの最終問題は「Berryz工房で子供っぽい人は?」というボーナス問題。一人桃がすっとぼけてようとしたけど他二人からプレッシャーをかけられて結局しぶしぶ“あたし”と回答し、その甲斐あって見事三人一致でチームは勝利!喜びつつもボソッと一言「あたし、プライド捨てました…」…いやいや、よく頑張ったよ(笑)。
一方のover160cmチームで出題された「Berryz工房で大人っぽい人」で挙がったのは千奈美→梨沙子、茉麻→雅、梨沙子→雅。
そういえば、over160cmのチーム名は「オセロ」で、徳永が黒は当然として、須藤・菅谷が白の結果、黒の側にされてしまった熊井さん、とても不服そう(笑)。

起立礼着席 :::2006/12/22:::

笑っていいとも! [辻希美] (06/12/18)

2006/12/18 CX「笑っていいとも!」辻希美
いきなりピースを前に突き出す芸能人らしからぬポーズでスタジオ登場!案の定突っ込まれてた(笑)。「のんの19歳」の宣伝も兼ねての出演らしい。
まず、10個のケーキの人気順位を当てるという、まるで辻のために用意されたかのようなゲームで、身を乗り出しまくり。でも回答に対してお客さんから「えぇ??」と言われまくってたとこ見ると、結構世間と感覚がずれているのかもしれん。結果はあまりパッとせず。
続いて、ヒントから隠されている答えを当てるゲーム。「サンタクロース」はともかく「ボーナス」は、いくら続けても回答出てこないだろうなぁ。
061220waratte_non_s.jpg

TV > 2006/10-12 :::2006/12/22:::

ドキみきNight [藤本美貴] (06/12/18)

2006/12/18 CBC 「モーニング娘。 藤本美貴 ドキみきNight」
モーニング娘。恒例のクリスマスの廉価プレゼント交換について。“「はぁ…今年もやるのかぁ、でもみんなが楽しみにしているのでしゃぁないなぁ…」と”。そのあといくらかフォローしてはいたけど、このあたり、あいかわらずで困った人だ。ため息つきつつ交換している人のプレゼントが当たってしまった人が切ないでしょうに。大きな目で見れば、こういうコメントを口にできる人ということで貴重な存在ではあるけど。

・何をしているとき幸せ?→家でやることもないし仕事をしている方が幸せ
・自分の出演番組はたまたま見れたとき以外は見ない
・おすすめの映画は「キングコング」。映画館で2回、DVDで3回くらい見たそうで、叶わぬ恋だったり、キングコングの表情が豊かで人間らしいところが魅力。

ドキみき :::2006/12/21:::

DVD「後藤真希 DVD MAGAZINE Vol.4」

061218dvdm4_maki_s.jpg2006/11/23 DVD「後藤真希 DVD MAGAZINE Vol.4」
9月の韓国での活動をまとめた映像。
同じアジアものは最近では松浦の上海DVDがあったけど、あちらは向こうでライブをしてあとはDVD企画も兼ねて軽く散策した程度だったのに対して、このDVDは、“韓国は新しいことばかりで…”という後藤の言葉どおり、ファンミーティングだけでなくラジオ出演とか雑誌取材とか現地のグラビア撮影とか地道な活動も含まれていて、シーン一つ一つから生々しく異文化が感じられてとても新鮮な映像だった。はじめの空港での300人の熱烈出迎えもすげぇ?。こういうシーンは後藤に限らず正直引いてしまうけど、でも外国スターみたいでおもしろかった。
韓国での様子を収めたものだけど、間に語りも結構収録されていて、ソロ活動についてとか、“(黄色い歓声に)私ってアイドルなんだって改めて思った。”とか。あと後藤が聞いたところによると、韓国は今は女性タレントはセクシー系が主流で、かわいい系が空いているのでそこを狙っているという話も。
それにしても、こういったイベント事が比較的すぐに確実にメディアでリリースされるのはハロプロのいいところだな。「DVD MAGAZINE」を出すことを想定して常にカメラを回してすぐ商品化して告知してリリースする仕組みが出来上がっているのは強い。

◇DVDメニュー
・OPENING
・2006.9.8 韓国入国
・ラジオ出演
・2006.9.9 ファンミーティング
・記者会見開始…
・ファンミーティング開始…
・2006.9.10 雑誌撮影
・2006.9.11 テレビ出演
・2006.9.12 雑誌撮影

DVDマガジン :::2006/12/19:::

ハロー!モーニング。 (06/12/17)

2006/12/17 TX「ハロー!モーニング。」
・ゲスト長州小力で、クリスマスを勉強しよう!
ドンキホーテでは、購入した品を使って一発ギャグなどで採点者の藤本を笑わすことが出来れば加点というゲームを。藤本の笑いっぷりが不自然さがなくて素で楽しんでいるようでなかなか感じよかった。一方の笑わす側は、常連の吉澤と辻はともかく、田中が苦手分野だろうによく頑張ってた。芸人のネタのパクりばっかだったけど(笑)。

・スタジオライブ
「胸さわぎスカーレット」Berryz工房
サビのパンタロンをスカートのように持ち上げる振りがいい。

・光井愛佳
メンバーとの対面後の様子、その翌日のお披露目記者会見、新曲ジャケット撮影の様子。
とりあえず今日見た感じでは、動きはかなり女のコっぽい…かな?
061217_hm_mikirei_s.jpg

ハロモニ :::2006/12/19:::

今夜もうさちゃんピース [道重さゆみ] (06/12/14)

2006/12/14 CBC「モーニング娘。道重さゆみの今夜もうさちゃんピース」
うさぴーチャレンジ企画「12/2,3の名古屋公演の間にメンバー全員から「うさちゃんピース!」を言ってもらい、NGだったら罰ゲーム」
・まず亀井はしっかりポーズ付きでやってくれて、なんなくクリア
・続いて久住。素直に言うと見せかけて…“ミラクルビーム!!”ウケた。もちろんそのあとちゃんと言ってOK
・吉澤は“どくろピース!!”。やっぱ一筋縄ではいかんね。駄々をこねつつも最後は言ってくれたけど、顔を火照らせながら言っているのを見てさゆの感想“「うさちゃんピース」が如何に恥ずかしいことであるかわかりました”
・高橋。後の方から藤本の「愛ちゃん騙されちゃダメ?!」(苦笑)の声が聞こえる中、素直に言ってくれてOK
・田中もOK。それよりも田中との会話を聞いて、山口弁丸出しでしゃべっている自分に驚いているさゆ
・新垣も怪訝そうな様子を見せつつもOK
・そして「あの御方」。まずは“ブラックピース!!”。そしてその後も“罰ゲームやれよ!!”と言い捨てて、さゆが必死に食い下がっても結局言わずじまい。これで罰ゲーム決定!

とりあえず邪推はなしで、かわいい後輩(年下)の哀願を断固拒否して「企画=罰ゲーム」を優先させた藤本の心意気に拍手。たとえ裏がわかっていても、おそらく残りの6人は頼まれたら断れないだろう。藤本のおかげでシャンシャンで終わらず、二週に渡って盛り上がれることになって、リスナーも番組スタッフもさゆも(?)ハッピーな展開に。こういうときは藤本はホントありがたい存在だわ。

今うさぴー :::2006/12/18:::

ハロプロやねん! [新垣・亀井・道重] (06/12/15)

2006/12/15 ABC「ハロプロやねん!」 新垣里沙・亀井絵里・道重さゆみ
今回も亀井がとぼけて、道重と新垣がそれをしっかり拾ってと、トークは噛み合いまくりで絶好調!やはり、特に6期に自由にしゃべらせると強いわ。
興味深かったのが亀井の話。亀井は、姉妹で食べ物をつまんでいるときに最後に残った1個は姉である自分が食べるものだとずっと思っていて、妹も譲ってくれるので毎回遠慮なく食べていたとか。譲るか譲らないかじゃなくて、譲るという発想そのものがなかったというのがえりりんらしい。
ちなみに、最近になってやっと譲るようになってきたそうで、道重から大人になったねぇと褒められる年上えりりん(笑)。

・ハロプロNo.1 新しいもの好きな人
名前が挙がったのは、コンビニに行くと毎回山のように食べ物を買い込む高橋、そしてこの人が同じ服を着ているのを見たことがないということで田中。No.1は高橋に決定!
・モーニングの部屋
基本的にかわいい(道重)。たまにじゃなくて?(亀井)。さゆみ、このコすごい好き。ご飯とかこの方と食べに行くけど、お肉の脂身ばかり食べるので見ていて辛い(亀井)。独特なボケとツッコミ(新垣)。最終的にはかわいい!(道重)。
…そういうことか。しばらく悩んでしまった。

ハロプロやねん :::2006/12/18:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other