my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

シングルV Berryz工房「胸さわぎスカーレット」

2006/12/27 シングルV Berryz工房「胸さわぎスカーレット」
このPVは化粧シーンに尽きる。マスカラのシーンも捨てがたいけど、とにかく口紅を塗るシーンが映像的にもう最強。中でも桃と梨沙子。この二人、カメラを真正面から見据えて真顔で集中して無意識の美しさを醸し出してる梨沙子と、ななめの角度から入って微笑みを絶やさずに意識的に愛らしさを醸し出す桃との対比もおもしろい。
070101munasawagi_risa_s.jpg
壁紙用(キャプチャして拡大しただけ) 1600×1200 菅谷 嗣永

シングルV :::2007/1/5:::

NHK紅白歌合戦 (06/12/31)

2006/12/31 NHK「第57回NHK紅白歌合戦」
「THANKS! 歩いてる 2006 Ambitious バージョン」モーニング娘。・GAM
今年もなかなかにぎやかでいい感じじゃない?
しかしこうやって紅白を見るとモーニング娘。の優位性が改めてよくわかる。いつの年もモーニング娘。より話題性があって盛り上がる人たちはいっぱいいるけど、複数年にわたってある程度のにぎやかさ・華やかさ・元気さを提供し続けているのは結局のところモーニング娘。だけ。メンバーが入れ替わってもステージパフォーマンスは一定レベルを維持し続けられる仕組みが作り上げられていて、その上に成り立っているグループだからこそできることで、他の追随は難しいだろう。モーニング娘。は国民的アイドルである必要はないしそもそも今も昔もそのような殊勝なグループではない。一定レベルのステージパフォーマンスを常に提供しうるグループとして評価されればそれでいい。
2006年を締めくくるにふさわしいパフォーマンスを見ることができてよかったよかった。
070101kouhaku_mm_s.jpg

TV > 2006/10-12 :::2007/1/5:::

おいしい音楽屋台 [松浦亜弥] (07/1/1)

2007/1/1 NTV「初夢2007おいしい音楽屋台」松浦亜弥
BoA、倖田來未、つんく♂ら縁のある人たちから、鈴木亜美、mihimaruGTまで登場してよくわからない組み合わせのバラエティトーク番組。
松浦の良いところを訊ねられて、国際電話をかけてきてくれる唯一の友達と言って持ち上げてくれるBoA。ここまではよかったものの、次にこの前おみやげで生チョコがほしいと言ったら買ってきてくれたとエピソードを披露したところ、進行の山口智充が“私も収録前にいただきましたよ”と余計な一言。これを聞いたBoA“誰にでもあげてるのね…”とちょっと冷ややかな視線を松浦に向け、松浦が冷静さを装いつつ必死に釈明していると、横から共演のフミヤや倖田來未が悪ノリで山口氏がもらったのに自分らはもらってないと言い出し…。あやや的に全てが悪い方に回る最悪の展開(笑)。

Wiiボウリング大会は、参加者10人中で唯一の経験者。初めてプレイしたときにいきなりストライクを取ったことを話して、いきなりハードル上げなくてもいいのに、と思ってたらここでもストライク!結果を出す人はこういうシーンでもしっかり結果を出すということか。
070103yatai_aya_s.jpg

TV > 2007/01-03 :::2007/1/4:::

逃走中 [辻希美] (07/1/1)

2007/1/1 CX「逃走中」辻希美
渋谷で鬼ごっこ。1時間逃げ切れば賞金100万円。
はじめは原宿方面の路地に潜んで30分やり過ごしたものの、指令を受けてディスプレイの表示を見るために駅方面に戻って、その後、公園通りのど真ん中らへんでうろうろしていてあっけなく捕獲されてしまった。元いたあたりに戻ろうと思って公園通りを渡るタイミングをうかがっていたら鬼に遭遇してしまったってとこか。あまり見せ場をつくれず。
070103tousou_non_s.jpg

TV > 2007/01-03 :::2007/1/4:::

新春かくし芸大会2007 [矢口・辻・松浦] (07/1/1)

2007/1/1 CX「第44回新春かくし芸大会2007」矢口真里・辻希美・松浦亜弥
辻の「ヴィーナスアイランド 千手観音」は縦一列に並んでの群舞と言ったらいいかな、団体でのダンス系の出し物。ピンクの派手な衣装も普段から見慣れているので特に違和感なし。
松浦の「イリュージョン禁断の裏側」はマジックの裏側を見せると見せかけて…ということでちょっと面白かった。
矢口「限界ジャンパー」はネプチューンメインの、ゴム紐を使った高所での曲技。
070103kakushi_aya_s.jpg

TV > 2007/01-03 :::2007/1/4:::

Berryz工房 起立!礼!着席! (07/1/2)

2007/1/2 QR 「Berryz工房 起立!礼!着席!」
清水・嗣永・夏焼・須藤・徳永・熊井・菅谷
「去年の正月に放送された、一年後の自分宛のメッセージを聞いてみよう!」

起立!礼!着席 ! [Berryz工房] (1/3)
嗣永 今日友達から消しゴムからもらいちょっぴりハッピーでした。桃も一つ持っていたのでその子にあげました。一年後逆上がりはできてますか。グリンピースはおいしく食べられるようになりましたか。今、前髪がいい感じなので一年後までキープします。がんばるぞ。

一年前のコメントが流れて、その語尾を強調するガキっぽい口調をちゃかされまくったので、桃の方も久しぶりにブリブリに突っ走る桃節を存分に炸裂!“無理です無理です、もぉ…グリンピースはぁもぉ…ダメ。”…やっぱ桃はこうでないと。一人浮きまくる危険性大ではあるけど、今日は他からツッコミも入っていい感じ。

コメントが頼りない梨沙子をすかさずフォローしたところ…
桃“(梨沙子も)考え方が大人っぽくなったような気がしますよ。”
茉“それは桃が子供だから。ね、みんな”
桃“振りかけないの!”
全“???”
…「問いかけないの!」と言いたかったらしい(苦笑)。
ちなみにふりかけはシャケが一番好きらしい(笑)

起立礼着席 :::2007/1/4:::

DVD 安倍なつみ「NATSUMI ABE ACOUSTIC LIVE at Shibuya O-EAST」

2006/12/27 DVD 安倍なつみ「NATSUMI ABE ACOUSTIC LIVE at Shibuya O-EAST」
「甘すぎた果実」の発売記念イベントは、ギター、ハモニカ(パーカッション)、キーボードのバンド構成によるライブ。いつものオケと違う音なのがとにかく面白い。視覚的にも、安倍さんのこの日のウェーブは良い感じにおさまっていて、あとバンドの存在がステージの背景としても感じを出していて、ライティングも通常のホールコンサートと違って常時セピア色で包まれていて、思わず見入ってしまう映像美。
MCで印象的だったのは「甘すぎた果実」がオリコン第5位に入った話。結果を聞いたのがちょうど外にいるときで、道路に飛び出して喜んだとか。家族に連絡したら、お母さんが泣いていたとか…。自分はあまりランクとか気にしないから話を聞いてちょっぴり引いてしまったけど、やはりみんなそんなに気になるものなのかな…?
アンコールだけはバンドメンバーは引っ込んだまま、正規の「甘すぎた果実」の衣装とCDのカラオケで。
070101acolive_abe_s.jpg

◇DVDメニュー
01. instrumental
02. MC 1
03. 甘すぎた果実
04. MC 2
05. 22歳の私
06. だって 生きてかなくちゃ
07. MC 3
08. 夢ならば
09. スイートホリック
10. MC 4
11. ザ・ストレス
[ENCORE]
12. MC 5
13. 甘すぎた果実
[特典映像]ドキュメント

ライブDVD :::2007/1/3:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other