my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

日テレecoウィーク オープニングイベント [高橋・久住] (07/6/8)

2007/6/8 12:00 「日テレecoウィーク?汐留で「Touch ! eco」?」オープニングセレモニー 汐留日本テレビ大屋根下 高橋愛・久住小春
いやいや、高橋・小春ペアが強力すぎた。贔屓目に見なくてもフォトジェニックさではそこら辺には負けないなこれは、とフォトセッションでポーズ構える二人見ながら思ったり。衣装のパステルのストライプ柄のポロシャツにショートパンツ姿が爽やかすぎるし、屋外というのも珍しいし、わずか5分10分のイベントだったけど結構満足。それにしても小春、大人っぽいなぁ!何も知らない人が見たら普通に二人は同年代と思うだろうな。高橋は、ライブの時は正直あまりよくチェックしていなかったので、今回はじめて髪を短くした姿を意識して見たけど、肩にはかかっていて劇的に短くしたわけではないのか。夏も近いし軽い感じでなかなかいいんじゃない?リーダー就任後の公での初仕事としても無難にこなしてたし。もっともリーダーがどうするこうするという内容でもなかったけど。

芸能:MSN毎日インタラクティブ
モーニング娘。:「エコ心にタッチ!」高橋愛、新リーダー初仕事は日テレ環境イベント

小春模様 … 日テレecoウィーク オープニングイベント (6/8)

LIVE/EVENT :::2007/6/9:::

美勇伝 中野サンプラザ (07/6/3昼)

2007/6/3 14:30 「美勇伝説4?ウサギと天使?」 中野サンプラザ
美勇伝の単独ライブ。昨年の秋のライブはチケットを無駄にしてしまったのでその前の最後に見たのはと調べたら…、なんと2年前までさかのぼるのか。

とはいえ持ち歌は限られているし新曲もハロプロなどでそれなりに見ているしで新鮮みはあまりなかったけど、耳慣れた曲のノリやすさで気軽に楽しめた。同じツアーの公演に何度も参加すると短期に消費してしまいそうだけど毎回1,2回に限っておけば今後もコンスタントに楽しめそう。
今回の衣装は、他のハロプロ系ライブと比べても特に露出が高いとか際どいといったこともなし。唯一、ソロコーナーの岡田と三好の衣装が、露出こそ高くないけど変にくりぬいてあったりする妙な形状だったりシースルーを羽織っていたりで、いやらしさはあったかな。もう一人の石川だけが普通に爽やかなミニのワンピースだったのが謎だ。アンコールの「愛すクリ?ムとMyプリン」はやはりバニー姿。とは言ってもこちらも白とピンクでもこもこしていて、脚の方も白の網タイツで、元の黒網タイツのバニー姿の印象があるのでアレだけどそれがなかったら普通のかわいい以外の何ものでもない衣装。全般的に健全(?)だった。
あとは石川さんのMC。「直せないクセ」というテーマで
・小さい頃から眠る際に枕元においているタオルケットの「ねんね」が手放せない
・もちもちしたものをくちゃくちゃと食べてしまう
・「直せないクセ」というか、「病み付きだけど止める気のないもの」ということで「ライブ」。しかも「ライブ」と言わずに気取って“ナウ!!”と言っちゃうところが(笑)。
と、かわいらしいやらなんやらで、その数日前に藤本脱退の件があったので余計にアイドルチックに感じた。

セットリスト
美勇伝 中野サンプラザ 「コンサートツアー 2007 初夏 美勇伝説? ウサギと天使」(6/3昼)H!P LIVE!

LIVE/EVENT :::2007/6/9:::

DVD「美勇伝 DVDマガジン Vol.4」

2007/5/26 DVD「美勇伝 DVD MAGAZINE Vol.4」
誰が天使に近いか決めるため、古典ゲームで対決!
このDVD、三人のキャラクターを楽しむ分には普通に良いけど、ゲームの方は刺激が乏しいな。もっと多人数のグループのBerryz工房や℃-uteがやればゲームの展開が無限に広がって面白くなりそうだけど、多人数でないグループの美勇伝の場合それぞれが魅力をアピールするチャンスは多いけれどもバリエーションが圧倒的に限られるのが苦しいところ。そこをゲームの内容でカバーしたいところだけど、まず見せ物として、あっち向いてピョンはまだいい、ビリヤードもゲーム自体が見せる要素があるからまだいい、ダーツも立ち位置に差を付けた意図がよく分からないけどまぁいい。でもババ抜きにルーレットにサイコロって!地味すぎる・・・。
ともかく、総合成績は石川が持ち前の要領の良さを発揮して、意外性の岡田、堅実な三好を圧倒してパーフェクトに近い大勝利!
石川梨華 美勇伝 DVDマガジン Vol.4

◇DVDメニュー
オープニング
インタビュー1
ルーレット対決
インタビュー2
ビリヤード対決
インタビュー3
ダーツ対決
ババ抜き対決
スペシャルトーク1
あっち向いてピョン対決
インタビュー4
サイコロ対決
スペシャルトーク2
エンディング

DVDマガジン :::2007/6/9:::

今夜もうさちゃんピース [道重さゆみ] (07/6/7)

2007/6/7 CBC「モーニング娘。道重さゆみの今夜もうさちゃんピース」
今うさぴー名物のさゆのお姉さんのネタコーナーが本当にはじまってしまった。家族ネタは、本人の生態の理解・把握にもつながるのである程度は歓迎するけれども、やはり相手は私人でもあるし一線を越えてほしくないなぁ。幸い、やはりリスナーにとってはお姉さんに関する情報がさゆが話した内容のみでごく限られていて、投稿ネタが面白いのか面白くないのか判断が付かなくてあまり笑えないので、このぶんだと常設コーナー化はないかな?
あと、久しぶりにゲーマーさゆみん話。ゲームは大好きで毎日やっていて、対戦ゲームではメンバーにハンデをつけてあげても勝てるほど強いとか。最近の話では、街を大きくしていくゲームを久しぶりにやろうとしたらセーブデータが消えていたそうで、もう二度とやらない!!とえらくご立腹だったけど(笑)、それはともかくコレクションだのゲームだのあいかわらずそっち系だなぁ。この気質を何とか活かせないものか。

今うさぴー :::2007/6/9:::

写真集 鈴木愛理 「愛理」

2007/5/20 鈴木愛理 1stソロ写真集「愛理」メイキングDVD付
DVDの方では、本人が終始話したりリアクションしたりで歳相応の人だなと感じたけど、写真集ではその辺りが伝わってこない上にルックスが圧倒的に童顔なのでちょっとヤバい雰囲気が…。菅谷・矢島はルックスは結構大人っぽかったからなおさら子供っぽく感じてしまう。
良さげなのは緑のワンピースの岩場の写真や、セーラー服で髪を下ろしている方の写真かな。DVDではお下げ姿がかわいかったけど、この写真集だとちょっと幼すぎて、ただ下ろしている方が大人っぽくて安心して眺めていられる感じがする。
鈴木愛理 写真集「愛理」

写真集 :::2007/6/8:::

GAKI・KAME [新垣・亀井] (07/6/2)

2007/6/2 FM-FUJI「GAKI・KAME」新垣里沙・亀井絵里
今回も亀井の生態が次々と明らかに!
・インドア派。というより、単にめんどくさがり屋。最近新垣と道重の二人で行動している話もちらほら聞こえてくるけど亀井のここら辺が影響してるのか。
・雨の音の中で寝たり起きたりするのが好き
・あまり電話をしてこない。質問があるときだけ電話をしてくる
・今回も「部屋が汚い」と言われてその表現方法に噛み付いて「お片づけが出来ない」と新垣が丁寧に言い直したら一応納得(笑)。

しかし亀井がマジで面白い。新垣がなまじ真っ当な人なので余計に亀井のずぼらさ・テキトウさ・いい加減さ・だらしなさが際だつことに。亀井がぼけまくって結局放り出して新垣がまとめるというカタチも出来上がりつつあるな。

GAKIKAME :::2007/6/8:::

光井愛佳の、愛 say hello (07/6/7)

2007/6/7 FM滋賀「モーニング娘。光井愛佳の、愛 say hello」
今回のテーマは買い物
・最近購入したお気に入りは、持つところが柔らかいシャープペン。薬指に大きなペンだこが出来て困っていた時に友達に教えてもらったとか。でもなんで薬指???
・最近ハマっている恋愛小説を、この前3冊いっぺんに買ったら財布がピンチになったとか。「恋愛小説」よりも、小説3冊で財布がピンチになる程度のお小遣いなのか…。
・今ほしい人(?)は「やさしくておもしろくて関西弁の魔法使いのお姉さん」。先日「アラジンと魔法使い」のDVDを見て影響されたらしい。

今回が10回目か。未だに台本とも台本でないとも確信持てないけど、それにしてもスラスラと普通に聞いていられるおしゃべりになっているのに感心してしまう。短時間の割に情報量は少なくないし、表現に筋の良さが感じられるのも好印象。

愛say :::2007/6/8:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other