my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

GAKI・KAME [新垣・亀井] (07/9/15)

2007/9/15 FM-FUJI「GAKI・KAME」新垣里沙・亀井絵里
今日は「日々精進」(←かな?よく聞こえず)な亀井絵里さん、意味知ってる?と尋ねられてもごもご・・・。と、ここで新垣が“今日に限って載ってないもんねぇ”とポロッ・・・。ぉぃ!そういうのをバラしちゃダメでしょ?(苦笑)。
亀井の写真集発売が発表されて、そのカナダでの撮影話も少し。海外撮影のメイキングで毎回微妙にホームシック的な雰囲気を漂わせているえりりんだけど、今回初めてホームシックにならなかったらしい(!)。で、そのカナダの撮影のことを、いつもの調子で亀節で説明してと言われた亀井さん、“亀節?・・・鰹節?”ってぉぃ!その後、今までになくオトナっぽいとか話をしている途中で、突然「空気がよめません」Tシャツが登場して話が終わってしまったけど、この流れは何だったんだろう?
ともかく、送られてきた失敗談がおもしろかったのでパクって自分の話にしちゃうとか言い出したり「どっかんぴーぽー」とか言い出したり、今日もえりりんなかなか好調!

GAKIKAME :::2007/9/17:::

CDでーた [田中れいな] (07/9/14)

田中れいな 道重さゆみ CDデータ プリクラ2007/9/14 「CDでーた」モーニング娘。田中れいなのタナカ(め)せん! 第16回
最近撮ったプリクラ大公開!こういう企画いいねぇ。一般読者には大したアピールにはならないかもしれないけど、モーニング娘。ファンにとってはこのプリクラ写真群は超貴重すぎる。れいなはモーニング娘。先輩メンバーで唯一レギュラー音声メディア非保持者ではあるけれども、逆に数少ない(唯一?)レギュラー画像メディア保持者で、こういった視覚に訴えるものは今のところれいなにしか出来ないわけだから、そのメリットを今回のようにガシガシ有効に活用してほしいな。
それにしてもプリクラってこともあるだろうし厳選しているせいもあるだろうけど、みんなかわいいしおもしろいわ。道重は口を「ホ」にして頬がスッキリしていてもはや完璧な美少女っぷり。あと光井の目が線になっているのが寝ているにゃんこみたいでおもしろい。久住と写っているれいなは、髪をまとめて跳ね上げていないせいかなんだか別人みたい。

MAG/PAPER :::2007/9/17:::

後藤真希 ハーモニーホール座間 (07/9/15昼夜)

2007/9/15 15:00 19:00 「LIVE TOUR 2007 G-Emotion 2」ハーモニーホール座間
全般的に。以前のキツさが薄まって、よりこなれて洗練された感じになったかな。有る程度この路線に慣れただけかもしれないけれども、振りとか衣装とかのドギツさは確かに薄まったと思う。あとはまだ発売前の新曲が多くて新鮮なのがよかった。でもその新曲群をよくわからなくてつまらんと感じる人もいただろうな。いずれにせよダンス色が強いことには変わりないけれども、ステップ派の自分には特に不都合な路線でもなく普通にOK。特に今日は昼夜とも隣が空いていて存分にノれてラッキーだった。

・アルバム曲多くて1/3程度曲名不明
・1曲目の「シークレット」で、ステージ前方に透過性の高い超大スクリーンにPVやステージの後藤をでかでかと映し出して、その奥で実際に後藤が歌っているのが見えるという視覚的に圧巻の演出。単純と言えば単純だけど映像が巨大かつ透けているのが幻想的で思わず見入ってしまう。これ見たらプロジェクターがほしくなってきた。
・前回と同様にダンサー4人
・昼公演MC。9/9のデビュー記念日にレッスン場の普段使わない冷蔵庫に家から持ってきたコーヒー牛乳を入れようとしてケーキを発見!でも今年の3月のソロデビュー記念日をスタッフに完全に忘れられていたので、このケーキもそのお祝い用かどうかわからないぞと思い直す。レッスンが終わる頃後藤がちょっと端で休んでダンサーだけでレッスンしているのを見ていると突然「LOVEマシーン」が流れ出して、スタッフも繰り出してみんなで踊り出すサプライズ!
・客席参加のダンスコーナー。夜公演は「そんなの関係ねぇ!」
・衣装。そういえば今回はおへそを全く見なかったような?
M01 白のロングドレス
M02,M03 黒のミニのワンピース。網タイツにニーソックス
M04,M05 その上に紫のパーカー(?)
M06 パーカーを脱いでM02,03に戻る
M07,M08 白のヨーロッパ中世王侯貴族風ドレス。女性ダンサーも同様
M09,M10 上がタキシード・下がミニスカートで、上下とも白
M11 赤の軍服っぽいごついコート
M12-M15 上がゆったり目の白ブラウス(だったか?)、下が黒系のロングパンツ
M16-M18 全身ピンク。5分丈袖のミニワンピースでスカート部分がファーで覆われている。ロングブーツも口に同じくファー付き。そしてテンガロン。
・昼公演でなかったダンサー紹介が夜公演ではあったような。昼公演ではとばしてしまったのか?
・アンコール2曲目が、ハロプロ。の曲っぽくない曲。結構イイ感じでノれる。
・アンコールラスト曲の「愛のバカやろう」。夜公演で涙ぐんでいたような。デビュー曲で何か去来したものがあったのだろうか?
・ラストは後藤が上段のイスに横たわり会場全体のスポットが客席に向けられしばらくして消えると後藤が消えているという演出でおしまい。昼はなんとなくサッと立ち去る姿が見えてしまったけど、夜は姿が完全に見えなくなって、見事にマジックみたいな演出になっていた。席によって完全に隠れない場所があるのか、それとも初回で調整不足だったのか?

LIVE/EVENT :::2007/9/16:::

ROQ Hit [道重・光井] (07/9/10)

2007/9/10 サンテレビ「ROQ Hit」道重さゆみ・光井愛佳
道重と光井の大阪キャンペーン時だからかなり前に収録された映像ということになる。「女に 幸あれ」のプロモーションとか、デビューの事の話、そして3コママンガのオチ作りに挑戦。
・スイカを割ったら中から出てきたのは…メロン!(道重)
 …光井さん、さゆの渾身の作品をスルーしないで・・・(苦笑)。
・罰ゲームで箱に手を突っ込んでみたら中には…不幸!?(光井)
・寿司屋で回転台で流れてきたものを取ると…ガリの山!(道重)、パンダ!?(お皿の丸を顔の輪郭に使った)(光井)
どっちもどっちかもしれないけど、やはり道重はシチュエーションにあったオチになっているのに対して光井はパッと思いついてささっと描いている感じ。このあたりは経験の差かな。
あと二人とも挙動がいかにも女のコちっくで、自分的はもちろん別に何の問題もないけど、知らない人が見たらちょっとイタいコたちと感じたかも。
道重さゆみ 光井愛佳 ROQ Hit

TV > 2007/07-09 :::2007/9/16:::

Dohhh UP! Buono! しゅごキャラ ! スペシャルイベント

2007/8/22 Buono! しゅごキャラ ! スペシャルイベント
嗣永桃子・夏焼雅・鈴木愛理
イベント映像は、まず新曲「ホントのじぶん」を披露した後、ユニット紹介とか曲についてのトーク。最後にサプライズなのかな?夏焼の誕生日のお祝い。こんなちょっとしたイベントが映像で見れるなんて、もうDohhh UP!万歳。
ユニットで3人揃った姿を見るのも曲を聴くのもこの映像が初めてだったけど、いいねこの比較的ウエストのラインが出てるトップスにフリルの付いたミニの衣装。かわいい。こんな格好してるとなんとなく3人ともアニメキャラクター顔っぽく思えてきて、アニメから飛び出してきたようにも見えなくもないな。楽曲もごくオーソドックスだし、ユニットのメンツ的にも新鮮みに欠けるのは否めないけど、ともかく活躍の場が広がるのは良いことだ。曲のとおり折角だからBerryz工房や℃-uteで出せない部分を出すようにすれば意義のあるユニットになるから頑張って。特に夏焼さん。
070915dohhh_buono_s.jpg

DohhhUP :::2007/9/15:::

Berryz工房 起立!礼!着席! (07/9/11)

2007/9/11 QR 「Berryz工房 起立!礼!着席!」
8/28 清水佐紀・須藤茉麻・夏焼雅 ゲスト:あさりど
9/4 熊井友理奈・夏焼雅・菅谷梨沙子
9/11 須藤茉麻・嗣永桃子・徳永千奈美
◇脳内メーカー
今日も桃が楽しそうだったな。ラジオの収録中にスキンシップというかたたきあいっこしあったりしてるし、やっぱ千奈美がいると桃が活きるわ。とりあえず桃の頭の中が「秘」でいっぱいというこの上ない話題を提供してくれた脳内メーカーも良い仕事をしたけど、それを受けて桃いじりをする千奈美がいたのがラッキーだった。“秘密隠さないでよぉ?”とかズバッと突いてくるけど嫌味が感じられないのが千奈美のいいところ。たぶん千奈美がいなかったら、結果を驚いてみんなで笑ってそれでお終いだっただろうな。
清水 正面
嗣永 正面
徳永 正面
須藤 正面
夏焼 正面
熊井 正面
菅谷 正面

起立礼着席 :::2007/9/15:::

シングルV 音楽ガッタス「鳴り始めた恋のBELL」

2007/9/12 音楽ガッタス シングルV「鳴り始めた恋のBELL」
黒のマントが新鮮。コウモリ軍団…、というとちょっとあれか。ヴァンパイア軍団みたいだ。PVの構成はオーソドックスだけど、ファンキーなダンスシーンで多人数グループの強みのわいわい感がうまく出てる。この曲をモーニング娘。に歌ってほしかったな…と思ってしまうのは、隣の庭の何とやらってやつか。先輩勢とエッグは、顔が売れているかどうか以前に表情の作り方で差が歴然。伊達にこの世界で何年も活動しているわけではないのがよくわかる。

・メイキング
先輩勢の中では石川さん。あいかわらずアグレッシブに映像に絡んでくるなぁ(笑)。エッグの人と7歳差とわかって“え??!”と言っている表情がおもいっきりオバサンで納得してしまったかも。
一方のエッグの人たち。当然だろうけど畏まりまくり。石川先輩にカメラ向けられてコメント求められたらそりゃ緊張するわな。エッグの人にカメラ持たせてエッグ同士でやりとりさせればそれなりにリラックスして振る舞えただろうに。あと、字幕で名前が出ないと誰が誰だか。
音楽ガッタス 鳴り始めた恋のBELL

シングルV :::2007/9/14:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other