my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

祝!光井愛佳 モーニング娘。加入一周年

加入一周年おめでとう!
この一年は・・・光井を知ろうにもメディアを通じて接する機会があまりに少なすぎた、というのが正直なところかなぁ。もちろん光井自身の問題ではないけど、とにかく先輩達が加入した際に比べて目にする機会が格段に少なかった。光井がアンラッキーだったのは、光井が活動を本格的に開始した今年春の時点で吉澤に加えて藤本までもが抜けてしまい、モーニング娘。の中に知名度のあるメンバーが0になってしまったこと。この結果、出演可能なメディアが激減して有名先輩メンバーのおまけとしてくっついて出演機会を得てアピールしていくというこれまでの手法が取れなくなってしまったのが痛かった。

魅力を発揮する機会に恵まれていないのも厳しかったけれども、更に光井にとって厳しかったのは、一般層へのアピール以前に、モーニング娘。ファン層へアピールして固定ファンを作ろうにも、固定ファンの元となる、スタンスがフワフワ漂っていて固まりきっていない浮遊ファンが今やほとんど存在しない点。仮に、6期・7期・8期メンバーが、それぞれ加入した時期の浮遊ファンの2割を固定ファンにするだけの魅力を等しく持ち合わせていたとしても、その肝心の元となるその時々の浮遊ファンの絶対数が
6期 : 7期 : 8期 = 100k : 10k : 1k
だったなら、魅力に惹かれて固定ファンとなる絶対数も
6期 : 7期 : 8期 = 20k : 2k : 0.2k
となってしまう。この100k・10k・1kの数字自体に無論根拠はないけれども、指数的な差があるのは確実で、大きく外れてはいないだろう。このように引き込むべき元のファン層がまずきわめて薄い上に、実際は上記のようにアピールチャンスも先輩が加入した頃に比べて圧倒的に少ない。一般への知名度がたとえ低くても固定ファンがそれなりに付けば、この前ラジオで希望していたように写真集を出せたり活動の幅が広がるのだが、現状は自己顕示目的以外の固定ファンが付くのがきわめて困難であるのは想像に難くない。自分が光井にかなりシンパシーを感じているのも、少なくとも現時点では光井の魅力に惹かれてというよりはむしろこのような、7期以上に厳しい環境下で加入してきた者への判官贔屓によるところが大きいと思う、たぶん。

と、はじめからいきなりネガティブに書きなぐっているけれども、そう悲観ばかりしているわけでもない。何と言ってもまだ一年目。何期であろうと、そして機会に差こそあれ、一年目がアピールしていることなんて新鮮さくらいしかない。それにアピールの機会がなかったということは、それだけ魅力が消費されていないということでもある。本人が魅力を持ち合わせているならば、そしてメディアでアピールする機会がいずれ有るならば、その時にため込んだ魅力を発揮することが出来るだろう。それにこれまでの限られた機会の中でも、それなりに光るものも見受けられるし。まずはラジオの一人しゃべり。一人しゃべりなんて、機会がなかったとはいえ5期6期ですら数年かけてやっと会得した能力なのに、加入数ヶ月やそこらであれだけ話せているのは見事。そして人が出来ているらしい点。若年で加入して社会通念が欠如したまま走り出す者が少なくない中、珍しく社会通念を身につけているらしいのも、活動していく上で有利に働く場面が少なからずあるだろう。ルックスも、なんといってもあの黒目がちな目。仔犬っぽさではハロプロNo.1!?

ともかく、釈迦に説法だろうけどこれからも強い精神力を持って前向きに活動してほしい。この世界、きっといいことある、とは言わないけど、それなりにいいことあると思うよ。

ETC :::2007/12/10:::

写真集 田中れいな「GIRL」

田中れいな5thソロ写真集「GIRL」2007/9/27 田中れいな5thソロ写真集「GIRL」メイキングDVD付
前作「アロハロ!」はギャルチックなスタイルが鮮烈だったけれども、この「GIRL」はちょっと背伸びしたような、落ち着いた雰囲気。ヘアスタイルも下ろしているのが写真集全体のイメージに合っていて、得意の両しばりもこの写真集に限ってはあくまでバリエーションを持たせるための一つというおまけの位置づけ。表情もそれに合わせてシリアスがメインだけれども、その表情が見えない後ろ姿になるとその華奢な体つきからはもう小動物的愛らしさをビシビシ発散しているんだよなぁ。やはり個人的にはそちらの方が好みかな?ということでお気に入りは白のノースリーブに軽く赤青のボーダーが入ったミニの衣装のやつとか、大きめのフリルの付いた白地の花柄ビキニとかがやっぱり似合ってる。

写真集 :::2007/12/10:::

DVD「安倍なつみ DVD MAGAZINE Vol.8」

2007/10/29 DVD「安倍なつみ DVD MAGAZINE Vol.8」
いまやすっかりなっちの得意技となった一人旅(もどき)映像。今回は小田急ロマンスカーに乗って秦野へ。往きの車内で600円の新宿?秦野の乗車券見せていたけどリアルにお手軽DVDだよなぁ。まぁおもしろけりゃ予算なんていくらでもいいけど。ロマンスカーの車内で前もって説明や世間話をすませてしまうあたりも時間を有効活用していてなかなか。
駅に到着。“室蘭に雰囲気が似てる”とか言ってたけど、それは普通に秦野の人にとってはうれしくないと思うぞ(苦笑)。駅で名産ピーナッツ菓子試食して“ピーナッツ。ピーなっち”などとアホなこと言ったり、麸まんじゅうをお土産に購入してから早速住宅地内にあるという湧水へ。しかし以前は一応帽子被っていたけど、今回は何も被らずもちろんサングラスもなし。田舎とはいえそのまんまで歩き回れているのがよかったような寂しいような。湧水のあとはうどん屋さんで昼食。ただひたすら食べている映像に“いいんですかね?”と心配していたけど、普通に有りだと思うよ。そのあと稲荷神社行っておみくじ引いたり、トカゲを見つけてきゃーきゃーしたりして最後は広い庭園のある温泉旅館へ。そういえば途中で東名高速沿いをタクシーで移動中に東名の意味を教わって驚いてた。“東京と名古屋で東名って言うんですか。東名ってそんなに長いんですか。だからゴールデンウィークに込むんだ?!”。…って、おぃ!
安倍なつみ DVD MAGAZINE Vol.8

◇DVDメニュー
電車
駅周辺
うどん屋さんへ
神社
温泉街へ
エンディング
メイキング映像

DVDマガジン :::2007/12/9:::

DVD「Berryz工房 DVD MAGAZINE Vol.10」

2007/11/3 DVD「Berryz工房 DVD MAGAZINE Vol.10」
今回のテーマは演劇にちなんで「演技力」。
オープニングでそれぞれ自己紹介兼アピール。一人目の梨沙子が「りーちゃんです!!」なんてはじめたもんだから、みんなこんなぱずかしいことをやる流れに。りーちゃん、ゆりちゃん、なっちゃん、まーちゃん、ちーちゃんと、みんな照れ気味なのがかわいい(笑)。
「ゼスチャーしりとり」
雅のゼスチャーに対して千奈美が大ブレーキ!終わってみると千奈美じゃなくて他のみんなの方が雅の意図と合っていなかったんだけど。そして二回目をはじめる際に千奈美が今の順番だとやりにくいからと言い出して順番を独断で「決めてあげる」暴挙に!でも自分の順番やその前後以外は結構適当で“桃はよくわからない”とかいって桃を一番最後にうっちゃって、“君の方がわからないよ”と雅が正論ツッコミ!で、はじまってみるとやっぱり足引っ張りまくりの千奈美おもしろ(苦笑)。回答者でないときはわかるわかるでいざ回答者になるとわからずゼスチャーもどこかずれまくり。結局最後までかき混ぜまくっていた千奈美だった。
その他「いろいろな「あ」を表現」「キツい味の食べ物を悟られないよう表情をする」。
全般的にぐだぐだ気味でユルかったけどメンバーが盛り上がっていてまぁまぁおもしろかったかな。
Berryz工房 DVD MAGAZINE Vol.10

◇DVDメニュー
演技アピール?
1st STEP
今回の演劇に向けてのコメント 1
2nd STEP
今回の演劇に向けてのコメント 2
3rd STEP

DVDマガジン :::2007/12/9:::

ハロプロやねん! [嗣永・熊井・菅谷] (07/12/7)

2007/12/7 ABCラジオ「ハロプロやねん!」嗣永桃子・熊井友理奈・菅谷梨沙子
◇Berryz No.1
・手帳がかわいい人
手帳から日記の話に。付けはじめても続かない桃と熊さんに対して、梨沙子は去年のゲキハロの頃付け始めて以来ずっと続けているとか。梨沙子はいかにもそういうちまちましたこと好きそうだからなぁ。日記帳が既に5冊目突入しているとか。ということで、梨沙子に決定!
・メガネが似合う人
これはもう普通にめちゃめちゃ似合う熊井しかありえない。ということで熊井に決定!それにしても熊井が、桃には目の中に目が付いているメガネや目のところに渦巻きが付いているメガネが絶対似合うと言い切っていたけど、正直同感せざるをえない(苦笑)。

◇Berryzの部屋
桃“すごくかわいいよね”
熊“小指がすごく立つよね”
…過去に「□□の部屋」を聞いた中で、最速でわかった(苦笑)。しかもその後、桃あっさり自爆(苦笑)。

◇「みんなの自室ってどんな感じ?」
梨沙子の部屋は、ピンクと黒でまとめられていて、デスクが黒、カーテンはピンクの模様が入った黒、ベッドが黒、布団がピンクで、あと梨沙子の室内の写メを見せてもらった桃によると、小物がまた魔女っぽいとか。

ハロプロやねん :::2007/12/8:::

FNS歌謡祭 (07/12/5)

2007/12/5 CX「2007 FNS歌謡祭」モーニング娘。・中澤裕子・安倍なつみ・保田圭・矢口真里・石川梨華・吉澤ひとみ・紺野あさ美・松浦亜弥・Berryz工房
・「LOVE涙色?LOVEマシーン?恋愛レボリューション21」Hello!Project
はじめに歌の方を見て、定番中の定番曲のみであまりの新鮮みのなさに唖然。でもそのあとトークの方を聞き返してちょっと納得。「モーニング娘。」とか「松浦亜弥」とか「Berryz工房」とかじゃなくて、ハロプロ10周年記念で出演させてもらったということか。それなら仕方がないとも思うが、同じように10周年云々と銘打ってる紅白が心配だなぁ。「いまさらな曲」と「知られていない曲」なら、現モーニング娘。の持ち歌である分、新鮮みがあってハイパフォーマンスが期待できる「知られていない曲」の方で勝負してほしいのだが。
FNS歌謡祭 「LOVE涙色?LOVEマシーン?恋愛レボリューション21」Hello!Project

TV > 2007/10-12 :::2007/12/8:::

Dohhh Up!「Berryz工房&℃-ute 第58回NHK紅白歌合戦 初出場決定!!」

2007/12/4 Dohhh Up!「Berryz工房&℃-ute 第58回NHK紅白歌合戦 初出場決定!!」
Berryz工房と℃-uteのメンバーを事務所に集合させて「紅白歌合戦」初出場決定を発表した際の映像。これは素直にいい映像!こういう映像がすぐに公開されて見ることができて、ハロプロファンはつくづく環境に恵まれているなぁ。Dohhh Up!万歳。正直決まったときは、果たして紅白出場に見合う活動実績だったのだろうかとファンとはいえども疑問を感じずにはいられなかったけど、こんな喜ぶ姿を見てしまったからには思考停止させて祝福して微力ながら応援するしかない。ということでとりあえずこれを機にリンクにDohhh Up!を追加。
ところでこの衣装はモーニング娘。の台湾衣装と一緒に発注したのかな、何となく似ているけど。それにしてもお下げの梨沙子がかわいい。
Berryz工房&℃-ute 紅白歌合戦 初出場決定!!

DohhhUP :::2007/12/8:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other