my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

ミュージカル「シンデレラ」 (08/8/6)

2008/8/6 17:00 モーニング娘。「シンデレラ」新宿コマ劇場 初日
全般的に。
ミュージカルの脚本は、よく知られている童話以上のものはなかった。原作が薄っぺらいので元々それほど期待していたわけではないけど、ほんとうに意外性が全くなくて逆に驚くほど。「怒」「哀」など起伏もなく淡々とハッピーエンドに向かって進んでゆくだけで、「リボンの騎士」とはベースとなる話のボリュームに大差があるからなぁとは思っていたけど、「童話」そのものなのでそもそも土俵が違っていて比較するようなものじゃなかった。セットもお手軽、演出もこれはというものもなく。メインは演技や歌であってこのあたりは重要視されてないのかも。

あとはその本来の、メンバーや宝塚の方など出演者の演技や歌そのもので如何に楽しめるか、楽しますことが出来るか。「リボンの騎士」の様に脚本・演出等による援軍がないというかごまかしが効かないので出演者も視聴者も大変だ。

モーニング娘。側で言えば、高橋と新垣は歌シーンもかなりあるのでそちらを、亀井と田中はいびりは大したことなくてむしろコミカルなキャラクターなのでそちらを、道重と光井はダンスを、小春・ジュンジュン・リンリンは・・・ちょくちょく姿を現すのでそこらで如何に楽しむか。

歌や演技が云々は初日なのでおいといて、見た目で好印象だったのは、
・れいなのカツラ姿がとても似合ってた
・カメもカツラ姿がとても似合ってた
・さゆの娘役がまるでリアルお人形のような可愛さだった
・小春の貴族役が宝塚の人と遜色ない麗人ぶりだった
メンバー見て単純に幸せになれる人ならそれなりに楽しめそう。
自分は・・・チケット代?α程度は今後も楽しめるかな?

LIVE/EVENT :::2008/8/7:::
tags :

Berryz工房 起立!礼!着席! (08/7/29,8/5)

2008/7/29 QR「Berryz工房 起立!礼!着席!」Berryz工房
公録の模様。3組に分かれての「あるある学級会」で、最下位だったキャップ・梨沙子のコンビへの罰ゲームは、一人がサル真似しながら会場を練り歩いて、もう一人がサルに成り切ってバナナを食べるというもの。会場を練り歩く側に無理矢理させられてしまった梨沙子の“バナナ食べたい?!”の叫びに和んた(笑)。

2008/8/5 QR「Berryz工房 起立!礼!着席!」清水佐紀・菅谷梨沙子
オープニングでヘンなノリのゲストが登場して、いつもの近況話がなくなったのがイタい。
コーナーはモッフルで、今回は焼いたモッフルの上にアイスをのせて試食。餅とアイスといったら雪見大福とかもあるし、今回は当たりだったね。

起立礼着席 :::2008/8/7:::
tags :

東京☆女子アナクルーズ [モーニング娘。] (08/8/3)

2008/8/3 TX「東京☆女子アナクルーズ」モーニング娘。
「シンデレラ」の宣伝時間をかけて、大縄跳びに挑戦!7人で12回跳べば時間がもらえるということで、なぜジュンジュン・リンリンが参加しないのかが謎だけど、ともかくスタート!・・・で、トップバッターれいながいきなり入る前に縄の手前でコケて0回終了とか。さすがれいな(苦笑)。
2回目のチャレンジは6人目の道重が縄に入れないでいるうちに力尽きてまたまた0回終了。さゆ、ジタバタしすぎ(苦笑)。
3回目は7人全員縄に入った状態でスタートして無事成功!宣伝時間獲得!
モーニング娘。 東京☆女子アナクルーズ

TV > 2008/07-09 :::2008/8/6:::
tags :

ハロモニ@ (08/8/3)

2008/8/3 TX「ハロモニ@」モーニング娘。
MouTube
・クイズガキカメ芸術劇場(亀井)
・中国フシギニュース(リンリン)
・記憶ショー(光井)

今回の衣装は「蛍光」。黒地に☆いっぱいの衣装のカメがとても似合ってる。「蛍光」と聴いて「蛍」の着ぐるみと思ったさゆの、恒例の蛍のキモチで一言も夏の刹那さ全開で上手い!
クイズガキカメ芸術劇場。本を投げ入れるのは、その位置に納まっても向きがちゃんと正面を向く確率が4分の1なのが曲者だったね。おかげで撮影時間二時間超の感動巨編(?)に仕上がったけど、でも2時間超と聞くとそれだけの時間があればメンバー集めて他のことが出来たのではないかと思わないでもない。
道重さゆみ ハロモニ@ 2008/8/3

ハロモニ :::2008/8/6:::
tags :

Hello!Projectワンダフルハーツ 代々木第一体育館 (08/8/3昼夜) その2

2008/8/3 13:30 18:00 Hello!Projectワンダフルハーツ「2008 Summer 避暑地でデートいたしまSHOW」代々木第一体育館
メロディを知らずに、このライブで初めて聴いた曲は計6曲だった。

M01「夏 LOVE ロマンス」
聴覚より視覚に神経集中しまくっていたのでどんな曲か全く記憶になし。

M03「江戸の手毬歌?」
華やかな衣装と、小粋な歌詞で結構楽しめた。今回限りの楽曲としてなら悪くなかったんじゃないかな?今後も度々聴かされると困ってしまうけど。

M15「記憶の迷路」
ユーロじゃん。High-Kingがこんな曲を持っていたとは。ということでノリまくってキモチよかった。

M16「マノピアノ」
穏やかな楽曲でメロディーはあまり印象は強くない。サビの「会いたいよ」のリピートがKAN氏らしいとは思った。このテはお手軽っぽくてあまり好きじゃないけど。真野ちゃんは普通にかわいかった。ソロが決定してから歌う姿を見るのは多分初めてだけど、とても堂々としていたね。強心臓の人なのか、既に場数こなしているせいか。笑顔が全然崩れないあたりもすごいと思って見ていたけど、逆にあの笑顔以外は彼女のことを何も知らないんだよなぁ。ルックスは人を惹き付けるのに十分な可愛さがあるし、世が世なら今頃は様々なメディアに登場してキャラクターを既に多少なりとも視聴者に知ってもらっていただろうに、これも“タイミング”てやつか・・・、などぼんやり考えたりしつつ聴いていた。

M20「ガチンコでいこう!」
Buono!な曲だった。帽子被った桃が今日もかわいかった、くらいの印象しかない。

M26「雨の降らない星では愛せないだろう」
日本語でもない英語でもないよくわからない歌詞が聞こえてきて一体何事かと思ったら中国語(だよね?)の歌詞だった。驚いたけど、考えてみれば日本語の歌詞の中に普通に英語が紛れているのだから、同じように中国語が紛れていても別にフシギではないよなぁと思ったり、話し言葉の中国語はやたら耳に引っ掛かるのに、歌詞になると英語に負けず劣らず流れるような聴き心地になるんだなぁと思ったり、本領を発揮するとジュンジュン・リンリンはやはり伊達じゃないなと思ったり、いろいろ発見や再確認ができた曲だった。

LIVE/EVENT :::2008/8/5:::
tags :

Hello!Projectワンダフルハーツ 代々木第一体育館 (08/8/3昼夜) その1

2008/8/3 13:30 18:00 Hello!Projectワンダフルハーツ「2008 Summer 避暑地でデートいたしまSHOW」代々木第一体育館
今回も情報シャットアウトで公演へ。参加が一日きりだったので新鮮で楽しかった。以下雑感。
・公演時間約1時間50分。今回はフルの曲が多かった。ハロプロ公演はそれぞれが普段歌わない曲を歌ったり意外な組み合わせで歌ったりするのが楽しみなので、メンバーそれぞれが歌う曲数が結果的に減って見所も相対的に減ったのが残念な反面、その曲を存分に楽しめるフルの良さも捨てがたいし、悩ましいところだ・・・。
・ステージ構成も代々木定番のフロント+花道+センターの構成で、外周ありの横浜アリーナの正月公演と比べると観客の総合満足度がそれだけで2,3割減だろうなぁ。アリーナ席のそこそこの座席位置でもそれなりの距離感感じるのだから・・・。
・あいかわらずルックスレベルがそろって高いけど、中でもパッと目に付くのは4月の合同コンサートと同じくやはり千奈美だった。いい感じにかわいくなってる。しかしいつもながら見たいメンバーはいっぱいいるのに同時に一人しか見れないのが残念だ。複数方向を同時認識できるような視覚がほしい。
・昼公演ではBerryz工房の告知の前に熊さんの誕生日ということでハッピーバースデイを会場全体で。モーニング娘。以外のメンバーの誕生日をこのように祝うのってあまり経験なかったからとても新鮮な感覚。昼公演のみ行われたのも、夜公演だけきた方には申し訳ないけど、お約束感が薄まって良かったと思う。
・High-KingのMCは避暑地に絡めたお題に関する大喜利で、基本はラストの前田が貯金箱ネタで持っていく形だけど、無難な回答で済ましてしまうモーニング娘。・Berryz工房・℃-uteのトップ陣に対して、頑張って結構目立っていたれいなさすが。ただ「カツラ」と回答しちゃうあたりは、やはり思慮が浅いと思わないでもなかった。
・ツアーオリジナルのメンバーの組み合わせで歌われた曲の中で印象的だったのはM13「チュッ!夏パ?ティ」のさゆ・梨沙子。なんてベタな組み合わせにベタな曲・・・。というか「ロボキッス」と同じ二人って、ペアなら他にもいろいろ考えられるだろうに。それはそれとして、梨沙子もそれほど曲イメージから外れているわけではないけど、それより圧倒的にさゆが曲イメージにハマりすぎ!「チュッ♥」とその後の恥じらう表情までしっかりやりきれてしまうさゆと、やりきれないで素で照れてしまう梨沙子とでは格が違いすぎた。梨沙子がそこまで出来てしまったらそれはそれで空恐ろしいが。
・エンディング前の稲葉・まことのMCでは「3日間のオフがもらえたら何をしたいか」というアンケートのメンバーの回答を紹介。中でも夜公演の新垣の回答を稲葉が読み上げるのがおもしろすぎた。海の家で何をやるかをモーニング娘。メンバーが答えるのをそれぞれの真似をして読んでくださいというもので、新垣のネタもベタでおもしろかったけど、加えて稲葉のモノマネが予想外に似ていて、はじめは水飲んだり汗拭いたりと、ながら聴きしていた客席が、進むにつれてだんだん引き込まれていく様子がまたおもしろかった。
・今回もコレクションポスターを1枚だけ購入!・・・
矢島舞美 ピンナップポスター
ピンナップを引いたのは初めてだっけ?
まじまじと見ると、すんごい美人だわ。

初めて聴いた曲の感想はその2で。

LIVE/EVENT :::2008/8/5:::
tags :

ヒットメーカー 阿久悠物語 [高橋・新垣・鈴木] (08/8/1)

2008/8/1 NTV「ヒットメーカー 阿久悠物語」高橋愛・新垣里沙・鈴木愛理
ピンクレディー役の高橋・新垣は、もっとカツラ姿がキツいかと思ったけど、事前に見る覚悟が出来ていたせいかそれほどは苦もなく見れた。すこし野暮ったさのある新垣の方が本物に雰囲気が近かったかな。現代アイドルメインストリームの高橋はカツラが似合わなすぎた。というかハロモニ@を見ている人には「たか子」にしか見えなかったのでは・・・?一方帽子被ってカツラの違和感があまりなかった愛理の方はラッキーだったね。しかしえらいマイクの持ち方してたんだなぁこの曲。
高橋愛・新垣里沙 ヒットメーカー 阿久悠物語

TV > 2008/07-09 :::2008/8/4:::
tags :
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other