my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

シングルV Buono!「ロッタラ ロッタラ」

2008/12/3 Buono! シングルV「ロッタラ ロッタラ」
2008/11/12 Buono! 5thシングル「ロッタラ ロッタラ」初回盤DVD付
今回のPVはアップとダンスシーンの他に簡単なインタビューシーンを合わせた構成。Buono!も売り出し期間は終了ってことかな?
ダンスシーンは今回はパステル色のストンとした衣装でかわいさ全開!間奏のローアングルからの一人ずつのダンス映像がめちゃめちゃカッコイイ!
しかしライブ映えしそうな曲だ。いつか、ホールのような上品な場所ではなく、ライブハウスでのライブでぜひ聴きたい。そしてガンガンにノリまくりたい。

メイキング。お楽しみは何と言っても桃の喜怒哀楽シーン!
シングル付録のメイキングで、愛理の喜怒哀楽シーンの怒った表情がおもしろかわいくて、これは桃のシーンがたのしみだ?!と、わくわくしていたら、そこでシングル付録のメイキングPart1は終了とか!シングルVのメイキングPart2まで一ヶ月おあずけが長かった・・・。で、待ちに待ったプンプン桃ち、やっぱかわええじゃないか。シチュエーションに耐えられなくなって笑っちゃう桃もかわええ。インタビューシーンで特技を訊かれて、卵料理とかおしり相撲とかフラフープとか妙なもんばかりぼんぼん出てくるあたりもさすが桃(笑)。
嗣永桃子 Buono! シングルV「ロッタラ ロッタラ」

シングルV :::2008/12/15:::
tags :

写真集 田中れいな「Very Reina」

田中れいな7th写真集「Very Reina」2008/10/24 田中れいな7th写真集「Very Reina」
これは・・・!おもしろいというか斬新というかワンパターンというか・・・。
れいなが全て自分好みの衣装にしたと聴いたときは、比較的同性好みの写真集になるのかな?と思ったけど、そんなことは全然なく。ただ別の面で驚いた。これまで見たハロプロ系写真集の中で、一番バラエティに富んでいない(←良い意味でも悪い意味でもない)写真集かもしれない。今回はれいなが全部自分好みの衣装にしたと公言しているけど、れいなの好みから外れていない衣装のみってだけではなくて、その姿を見せることが主目的であるかのように余計なアングルなりポーズも排除されているみたいで、顔の向きもことごとく正面微かに右向き…れいな好みの左寄りからのカットで、右寄りからのカットがほとんどないという・・・。
いろいろなれいなを見て!って写真集じゃなくて、れいなが見せたいれいなだけを見て!って写真集。意外性に欠けるけどれいなの好みがよくわかる一風変わった写真集でした。

写真集 :::2008/12/15:::
tags :

WOWOW「シャ乱Q結成20周年記念LIVE」 (08/12/12)

2008/12/12 WOWOW「シャ乱Q結成20周年記念LIVE 感謝!ハタチのシャ乱Q みんなでお祝いだ!日本武道館フェスティバル?長いよ?」モーニング娘。・Berryz工房・℃-ute・真野恵里菜・中澤裕子・安倍なつみ・矢口真里・小川麻琴・藤本美貴・松浦亜弥・里田まい

あー、これは行きたかったなぁ。今年仕事で行けなかった中で一番悔いが残るライブだ。これだけの人をいっぺんに見れて、これだけの名曲の数々を聴けたなんて。特に昔よく聴いていたとか、思い入れがあるといったのはないけど、それでも新旧含めて曲の9割方は楽しめる自信があったのに。
モーニング娘。は「リゾナント ブルー」がカットされたのは残念。でも現9人体制の「歩いてる」をテレビで見ることができたのがうれしい。あと「パララ」とかいう曲と「LOVEマシーン」でよく映ってた。ぱっつんもどきのえりりんが、ニコニコとめっちゃめちゃ楽しそうにしていたねぇ。あとみっつぃ?も真ん中だけ上げた髪型が似合っていてかわいかった。
光井愛佳 シャ乱Q結成20周年記念LIVE

TV > 2008/10-12 :::2008/12/15:::
tags :

写真集 道重さゆみ「LOVE LETTER」

道重さゆみ 5th写真集「LOVE LETTER」2008/9/26 道重さゆみ 5th写真集「LOVE LETTER」
今回もさゆみんは期待を裏切らないぷにぷに感!ちょっとほっぺはぷにぷにすぎな気もするけど(ぼそっ)。
パッと見、目を引くのはやはり“がんばっちゃいました”(byさゆ)な、パッチワークみたいなビキニとローライズジーンズの組み合わせのやつ。露出があるようで、よくよく見ると他の普通のビキニと比べてそうでもないんだけど、なぜか特にこの衣装の胸元に視線が行ってしまうのが不思議。
お気に入りは、水が滴る系の緑色ビキニのショット。あと陽光を浴びるロングワンピースさゆみんもいいなぁ。長い布を羽織ったさゆみんは、まるで天衣を纏って降臨した天女のようだ。

写真集 :::2008/12/14:::
tags :

よろセン! (08/12/8-12)

2008/12/8-12 TX「よろセン!」Berryz工房
今週は熊井友理奈先生による「ファッション」講座ということで、1950年代以降の女性ファッションについてお勉強。
先週のモノマネ講座(笑)から一転、先生が一方的に説明する「よろセン!」初期の堅めの教育番組的スタイルに。生徒に問題を出すのはいいとして答がことごとく表示されているとか、重要単語をそのまま復唱させるとか、企画自体が抜けているというか練られていない感じ。収録順による差がはっきり出てた。
それにしても企画に難ありとはいえ、Berryz工房は今回も「反応したら負けよ」ゲームでもしてるようだ。反応しづらい内容はともかく、「ゴスロリ着てみたい人??」程度でも、はい!と返事をしたのが桃だけとは。

熊井先生、そんなリアクションの薄い生徒達を必死に煽ったり、答を隠そうとボードの前に立ったけどプロジェクターだから意味なしというおばかちゃんぶりを露呈したり(笑)していたけど、それにしても1950年代や1980年代ファッションでも普通に見映えがするあたりは、さすがスタイル良しの真性美形さん。マネキンで各年代のファッション披露するより、全部熊さん自身に着せて毎回リアルファッションショーにしてしまえばよかったのに。
熊井友理奈 よろセン! (12/8-12)

TV > 2008/10-12 :::2008/12/14:::
tags :

DVD「祝祭音楽劇 トゥーランドット」 [安倍なつみ]

2008/11/19 安倍なつみ「祝祭音楽劇 トゥーランドット」
DVD見てまず感心したのが、なっちの瞳にめちゃめちゃ力がこもってること!やはりこう表情をしっかり見れるから映像はいいね?。なっちがこれほど表情に威力を込められるとは、直にはわからなかった。
あとDVDで特にいいなと思ったのが、カラフが再挑戦に立ち上がった場面。なっちのリュー・ミンと、カラフ・物売り男の二つの場面がステージの左右で同時に進んでいて、カラフが鐘の音を合図に気力をみなぎらせて立ち上がった際に、もう一方でリューがカラフ側のBGMになるような感じで歌い上げていて、このシーンがめっちゃめちゃカッコよかった・・・!会場で見たときは歌っているなっちの方に注力していてカラフ側をそれほど意識していなかった気がする。
改めてひととおり見ても、エンタテインメント性高くて楽しめる劇でした。なっち、良い作品に出演できてよかったね。
安倍なつみ 祝祭音楽劇 トゥーランドット」

トゥーランドット [安倍なつみ] (4/15)

◇DVDメニュー
第一幕
 全編再生
 特典映像
  トゥーランドット追記(前編)
第二幕
 全編再生
 特典映像
  トゥーランドット追記(後編)
  PRムービー(ロングバージョン)

DVD/CD :::2008/12/13:::
tags :

2008年ハロプロ系ライブ参加統計

2008年実績
・参加公演日数 46 (←29←42←38←39←55←31←21←15←12←2)
・参加公演数 56 (←39←52←47←44←62←40←26←21←20←2)
・費用 \463k (←\312k←\440k←\314k←\280k←?)

※( )内は昨年以前の年間実績
※番組収録、無料イベントや、遅刻/早退して参加時間が30分以内だった公演は除く。CD購入等が条件のイベントは2008年より含む。
※チケット代、交通費、宿泊費、手数料含む。CD代もイベント有無にかかわらず2008年より全て含む。食費、CD以外のグッズ代除く

公演数内訳
ライブ 37
 ハロプロ 正月 4
 モーニング娘。 春 7
 Berryz工房・℃-ute 3
 松浦亜弥 春 6
 美勇伝 2
 安倍なつみ 夏 2
 ハロプロ 夏 2
 Buono! 1
 Berryz工房 秋 1
 モーニング娘。 秋 7
 MilkyWay 2
芝居・ミュージカル 11
 おじぎ30度・トゥーランドット・シンデレラ 9
イベント 8
 ハロテン・ドラリオン・ソロFCイベ菅谷・MilkyWay・リゾナント ブルー・ペッパー警部 3

・一昨年と同じく、夏のミュージカル分が特殊要因として加わって日数、費用を押し上げたけれども、それ以外のライブ参加はここ数年間一定ペースを維持してる。
・CD発売記念イベント花盛りなので、今年からCD代もイベント有無にかかわらず全て含めることにしたけれども、ライブチケット代の方が圧倒的に高額だし元からリリース自体が少ないので大勢に影響なし。

上期から一転、下期は対象が偏りまくったのが気になるけど、今年も思い上がらず、惰性にならない範囲で程良く参加できたかな?
来年はどうだろうなぁ。ペース変わらずか、メディア露出減の穴埋めすべく日数増となるか、それともフェードアウトするのか・・・?

2008年上半期ハロプロ系ライブ統計

ETC :::2008/12/13:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other