my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 3

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 1
とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 2 の続き

(7) 2005〜 久住小春の登場
スキャンダルが頻発し、いよいよモーニング娘。が衰退局面なのは否めなくなってきた時期です。
2005年5月に新メンバーとして久住小春が加わりました。彼女に惹かれていった経緯は別にまとめていますのでここでは割愛しますが、はじめての、そして後にも先にも唯一のメンバーが登場したこと、そしてもう一点、モーニング娘。の活動量が減少しつつありましたが、それが私自身がフォロー可能な量+αという適量に近づいたことによりこれまでになくグループへの親近感が増して、私にとってのモーニング娘。黄金時代を迎えます。このあと数年が私のファン活動の最盛期でしたね。それだけに、2009年9月19日の久住小春の突然の卒業発表はあまりに衝撃が大きかった・・・。
また久住小春の知名度上昇に伴ってファンサイトの方も予想以上にアクセスされました。メインのブログへのPCからのアクセスだけで150万hit、しっかりカウントしていなかった携帯からのアクセス(後半はPCからのアクセスより多かった)や関連ページへのアクセスを含めると全体でどれだけのアクセスがあったのかよくわかりません。そのような状況で正直後半はあまり思い切ったことが書けなくなってしまいましたが、そういったことも含めてよい想い出です。

(8) 2006〜 国民的アイドルの終焉とAKB48
この時期、グループアイドルの主役交代が近いことを感じさせる出来事がいくつかありました。
印象的だった出来事の一つは、2006年3月に発売された29thシングル「SEXY BOY 〜そよ風に寄り添って〜」。このシングルに「上上(うえうえ)」という台詞と振りがありますが、DJ OZMA氏の「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」と同時期の発売だったにもかかわらずこちらは全く話題にならなかったことで、モーニング娘。が世間に全く関心が持たれていないことを痛感しました。
そしてもう一つ印象に残っているのは、2007年夏に耳にした、AKB48がメンバーを複数芸能事務所に分散して移籍させたというニュース。当時AKB48には大して関心ありませんでしたが、この世界にいると他のアイドルの話題もチェックしていなくてもなんとなく耳に入ってくるもので、グループアイドルの安定活動のキーであるタレントマネジメントに関して、分散・移籍という解でもって問題解決して体制を整えつつあるグループアイドルが既に存在していることを知り衝撃を受けました。この頃にはモーニング娘。はグループアイドルの1強から脱落していると認識していましたが、このニュースで次の1強がもう近くにいるんだなと実感したものです (なお似た形態のアイドリング!!!は特定メディアに依ってる限り1強の芽はないと認識していた)。
と、情況は苦しくなりつつあったものの、この時期も私自身は引き続き満足してファン活動していました。モーニング娘。の活動量はどんどん減少していましたが、久住小春の個人の活動がそれなりにあったためそれも含めると私自身がフォローできる量とほぼ一致していたので不足感もなかったからです。

(9) 2008〜 スタンスの見直し
2008年9月、ついにレギュラー番組であった「ハロモニ@」が終了しました。ここに至り、私がファン活動を開始して以来はじめて、モーニング娘。全体の活動量が私がフォローできる量を下回るという事態に直面しました。このモーニング娘。の供給不足の時代を乗り切るため、スタンスの見直しも含めた様々な方策を考えはじめたのもこの頃です。
2009年4月には深夜枠も「美女放談」となって事実上機能しなくなり、急激にモーニング娘。の活動・情報が減少してゆきました。ところが突然の久住小春の卒業発表があって2009年後半はそれで忙殺されることになります。
そして2010年。すでにAKB48が1強の地位を確立しており、以前とは違ってモーニング娘。側が泥臭く積極的に動かなけれならない状況となったのですが、結果は先の総括にまとめたとおり。
13年間、時間的余力の限りフォローしてきましたが、今回の3人の卒業を機に今後はごく緩くフォローすることにしました。

ETC :::2010/12/31:::

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 2

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 1 の続き

(4) 2001〜 2ちゃんねる時代
2001年はミニモニ。もブレイクし、この頃になるとライブも完全にアリーナ級ばかりとなりました。私もあいかわらずサルのようにライブ通いとメディアチェックしていましたが、とにかくモーニング娘。の活動量は完全にこちらの時間的リソースでフォローできない圧倒的な量で、ファンとしては幸せな時代でしたね。
一方ネットの方では、2000年夏に2ちゃんねるを知りました。情報収集から議論や実況などのコミュニケーションまで全てが一カ所ですませることができる2ちゃんねるは、時間的余力のない身としてはとてもありがたく、2001年に入るころにはネットは2ちゃんねるしか行かなくなってしまいました。
しかしその2ちゃんねるも匿名掲示板の宿命で2003年頃になるとコミュニケーションが成立しなくなってきました。ファンの画一化によるコメントの陳腐化も著しく、また現場で2ちゃんねる用語が聞かれはじめた(=そういう人たちも使いはじめた)のもこの頃で、徐々に足が遠のきはじめ、2003年末頃には2ちゃんねるの残された唯一のメリットである速報性を利用するだけとなり、現在に至ります。

(5) 2002〜 ライブ参加回数の抑制
2002年には松浦亜弥がソロツアーをはじめました。当時アリーナ級ばかりだったモーニング娘。と比べて、松浦はホールなので席もステージに近く、おまけにチケットも取りやすかったので、ライブ好きの私はほいほい松浦ライブに通いました。2003年になると更に後藤真希もソロツアーを開始し、こちらも同様にほいほい通うようになり、さすがにこの頃になると、ライブ三昧すぎてライブに惰性で通うようになっているのではないか?と思いはじめました。
そこで「1回1回の公演の価値を落とさない範囲で、出来るだけ多く参加するにはどうしたらよいか」を考えた結果、
・基本的に1日1公演にする
・ツアーが終わった時に、もうちょっと見ておきたかったなと少しだけ飢餓感を感じる回数に抑える
という大まかな方針を立てて2004年から実行しました。これにより右肩上がりだったハロプロライブ参加回数もこの2003年がピークで2004年以降はほぼ一定数に落ち着くことになりました。また、ここで回数を抑えたために今もハロプロ公演を飽きることなく楽しめているのではないかとも思っています。

(6) 2004〜 ブログ時代
モーニング娘。がおとめ組・さくら組に分かれて活動を行ったりしていた頃、そろそろファンと世間との温度差を微妙に感じはじめたりもしましたが、モーニング娘。の活動量はまだまだこちらがフォローしきれないほどの量で、これといった不満もなくファン活動してました。
ネットの方は、2ちゃんねるを止めてしばらくしてまたアウトプットをしたくなり、2004年春からブログをはじめました。はじめはハロプロも含めた身辺雑記ブログでしたが、紆余曲折を経てテーマを絞った方がよいという結論に達してハロプロ専用のブログを2004年11月に立ち上げました。それがこの「my little preasure」です。当初は自分的に重要と思った事柄を書き残しておくメモツール的な使い方でしたが、次第に後々気楽に読み返せるようトピックスを絞って感想を書く形に変わってゆきました。活動の詳細を残すことができて、読み返して思い出したりできるブログは、私のファン活動にとても相性の良いツールで、思いがけず6年間も継続することになりました。
また「my little preasure」が軌道に乗ると同時に、もっとテーマを絞ったブログをやってみたいと思いはじめ、ちょうどその時に新メンバーとして加入してきた久住小春のブログを立ち上げましたが、このことがその後の自分のファン活動に大きな影響をあたえることになります。

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 3

ETC :::2010/12/30:::

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 1

別にファンを辞めるわけではありませんが、一区切りとしてここで約13年間の私自身のファン活動について印象的だったこと、転機となったことを中心にできるだけ簡単に振り返ってみようかと思います。

予定
(1) 1997〜 モーニング娘。との出会い
(2) 1999〜 ヲタについて
(3) 2000〜 アップフロント山崎氏

(4) 2001〜 2ちゃんねる時代
(5) 2002〜 ライブ参加回数の抑制
(6) 2004〜 ブログ時代

(7) 2005〜 久住小春の登場
(8) 2006〜 国民的アイドルの終焉とAKB48
(9) 2008〜 スタンスの見直し

(1) 1997〜 モーニング娘。との出会い
ASAYANは好きな番組でほぼ欠かさず観ていたので、1997年春〜夏のロックボーカリストオーディションからリアルタイムで観ていました。ただそのときは番組の企画の一つとして楽しんでいただけで、手売りなどの現場に行こうという気は起こりませんでしたが。
1998年5月、別アーティスト目的でポップジャムの公録に行く機会があり、そこで初めてモーニング娘。を直に観ました。2ndシングル「サマーナイトタウン」を披露した公録で「これがあの「なっち」かぁ」というのがファーストインプレッションでしたが、私がモーニング娘。を歌い手として意識したのはこのときからです。1998年7月12日のファーストライブも迷わずチケットを買って行きました。昼公演は2列目でとにかくめちゃめちゃはしゃぎまくって楽しかった!
それから本格的にファン活動を開始し、ファンサイトの掲示板に書き込みをはじめて、そこの知り合いとイベントに行くようになりました。以後しばらくはファンサイトの掲示板を拠点に活動することになります。

(2) 1999〜 ヲタについて
1999年は福田卒業〜後藤加入〜「LOVEマシーン」ヒットと、シーンが順調に盛り上がりをみせて、私もせっせと現場に通っていました。この頃はライブだけでなく公録に参加することも多かったですね。
ただモーニング娘。の人気が増すにつれて現場で傍若無人に振る舞う人も増えてきました (といってもその後に比べればこの頃はまだかわいいものでしたが)。当時の私には、アイドルを観たり歌を聴きに行くのが目的なのにどうして暴れたり周りの人が迷惑する行動を平気でするのかサッパリわかりませんでしたが、1999年8月27日の千葉市文化会館のライブで突然気がついたのです。この人たちが現場に来るのは自己顕示が主目的なのだと。そして自己顕示が主目的なのだから周りの人に迷惑かけたり引かせたりするのは、それ自体が手段なのだから当然で、その人たちに何を期待しても無駄だと。
結果的にこの時点でそれに気付いたおかげで今日まで現場に通い続けることができました。その後も現場は環境が劣悪化し続け、普通にモーニング娘。を視聴しにきた人を幻滅させて駆逐する一方でしたが、私にはそれは想定内の出来事で、以後大して失望することもなかったからです。

(3) 2000〜 アップフロント山崎氏
「LOVEマシーン」ヒットによりモーニング娘。は最盛期を迎え、ライブ会場もアリーナ会場が増えてきました。私も初の沖縄遠征をはじめとしてせっせと現場に通ったりメディアチェックしたりしてました。
そんな中、2000年4月にはその後後継番組含めて8年半続くことになるレギュラー番組「ハロー!モーニング。」がスタートしたのですが、しばらくしてこの番組に関連して、アップフロントの山崎氏が「サイゾー」誌のインタビューの中で、「今後は創り側となり成長過程ではなく芸を売りにしていく」といった趣旨の発言をしたのです。私がアップフロントの方針にはじめて疑問を感じたのはこのときでした。素人の女のコ集めてきて何言ってるのかと。それならはじめから完成している人を連れてくればいいでしょと。
山崎氏の方針は心構えとしては一見とても立派ですが、素人に限りなく近いアイドルの活動方針としては全く実情と合っておりませんでした。アップフロントはAVEXのような尖った企業ではなかったため、そうは言いつつもその後も成長過程についてはそれなりに売りにしていて、急激な変化がなかったのは幸いでしたが、この方針はその後も生き続けて、次第に興行中心主義と相俟ってメンバーやスタッフが「歌とダンスと芝居をしっかりやっていればいい/やらせていればいい」と都合良く曲解して、バラエティ番組をはじめとするメディアの軽視と、メンバーのトーク力をはじめとするバラエティ適応力の著しい低下を招き、モーニング娘。がつまらないアイドルとなり衰退してゆく遠因となりました。

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 2
とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 3

ETC :::2010/12/29:::

道重さゆみ 今夜も♡うさちゃんピース (10/12/25)

2010/12/25 CBC「モーニング娘。道重さゆみの今夜も うさちゃんピース」
今年最後の放送ということで、今年一年の感想は、
・特に3人が卒業を発表して以降は、3人と仕事をするのは最後なんだししっかりやらなくちゃと思って、例年以上に仕事と向き合った年だった
・ブログをはじめたこと。後で読み返して思い出すことができるし、書く際に頭を整理することができるから、ブログに振り回されたこともあったけどやってよかった

だそうです。やはりさゆみんにとっても「卒業関連」と「ブログ」の年だったみたいですね。

ということで、この「今夜もうさちゃんピース」を欠かさず聴くのもこれが最後。今後は時間が空いたときや何かイベントごとがあったときや話題になったときに聴く感じかな。

今うさぴー :::2010/12/29:::
tags :

FIVE STARS [新垣里沙] (10/12/20,27)

2010/12/20,27 inter FM「FIVE STARS」新垣里沙
・12/20
12/3にえりりん・ガキさんがさゆみん家にお泊まりしたときの話をしていましたが、泊まることにした経緯は、さゆみんが「帰りたくない〜」「別れたくないの〜」と駄々をこね出して収拾つかなくなって、「じゃぁさゆみん家にきて」と言い出したので行くことにしたそうで、三人が自然とそういう流れになったような書き方だったさゆみんのブログ↓とかなりニュアンスちがいますねぇ^^;
http://gree.jp/michishige_sayumi/blog/entry/525256077

ほんで帰ろうとして、
『なんかバイバイ寂しいねぇ』ってなり、
『さゆみんちくる?』
ってなり、、、、
ガキカメ『え〜〜〜っ?いいの?』
いいよ。だってえり卒業するの嫌だし!
って三人で話し、
結果、さゆみんちにお泊り決定
♪───O(≧∇≦)O────♪

「ってなり」じゃなくて「って駄々をこね」じゃねぇか。
さゆみんちゃっかりしとる^^;

・12/27(月曜担当最終回)
12/12のJCBホール公演後に行われたパーティの話。てっきりツアー関係者が集まったツアー通常公演終了の打ち上げを流用してのパーディかと思っていたら、ほんとに8人だけのプライベートパーティだったみたいですね。サプライズのために卒業生3人を後からパーティ会場に到着するようにし向け、先にパーティ会場を飾り付けてサプライズの準備をしなければならないという難題を無事クリアして大成功だったそうで。

ということで月曜FIVE STARS終了。
対決コーナーがはじまったあたりからいくらかパワーダウンしてしまった感もありましたが、ハロプロでは珍しい複数パーソナリティの番組で息のあった掛け合いが楽しかったです。
ガキさん、そしてえりりんお疲れさまでした。

GAKIKAME :::2010/12/28:::
tags :

スタンスの見直し

モーニング娘。 2010年総括 1「活動全般」
モーニング娘。 2010年総括 2「ブログ」
モーニング娘。 2010年総括 3「取り巻く状況」
総括1〜3で現状についてつらつら書いてみたわけですが、結論としては、3人が卒業したのを機に、ごく緩やかにフォローするスタンスに変更します。

私の希望はやはり「トップアイドルのモーニング娘。」だったので、そのために積極的な動きを期待していましたが、実際のところ、

・現メンバーの大半が20代となっており、10代のような積極性を期待するのは酷だろう。
・新たにその10代が入ってくると思われるが、トップアイドルをASAYANから譲り受けたことはあっても自ら育てることは一度もできなかったアップフロントに今更それを望むのはやはり無謀だろう。

ってとこです。
総括3で書いたとおり、トップアイドルで活動するのとマイナーアイドルで活動するのとでは魅力に雲泥の差がつくんですよね。
モーニング娘。にはこれまでトップアイドルとして10くらいの魅力を期待していましたが、どうやら今後はマイナーアイドルとして3くらいの魅力しか受けられそうにないので、もう高望みはせずにそれに合わせてこちらも緩やかな力の入れ具合にします。

ETC :::2010/12/27:::

モーニング娘。 2010年総括 3「取り巻く状況」

モーニング娘。 2010年総括 1「活動全般」
モーニング娘。 2010年総括 2「ブログ」
以上がモーニング娘。内に閉じた話で、次にモーニング娘。を取り巻く状況について。

グループアイドルは1強他弱の世界です。なぜ1強なのか。トップアイドルは機会に恵まれます。企画さえ出てくればどのようなことも行えます。機会に恵まれることで更に魅力を高め、より地位を強固にするというスパイラルが発生します。グループアイドルの場合、このスパイラルの中で数にものを言わせて機会を根こそぎ奪ってしまいます。

かつてその1強だったモーニング娘。(ハロプロ)が、メディア軽視と一連のスキャンダルによる内向き指向によりそのスパイラルより脱落したのが2004年前後ですが、その後もしばらくは替わりがいなかったためにそれなりに機会にありつけました。でもそんな以前とは違って今は1強としてAKB48がおり、機会は全てそちらに行ってしまいます。もはやモーニング娘。(ハロプロ)メンバーに、アイドルのパワーの源泉である魅力を高める機会が向こうからやってくるということはなくなりました。今後はマイナーアイドルとしてならこれまでどおりで構いませんが、上昇を目指すならこちらから積極的に動かないと機会は得られないわけです。
これが2009年末の状況。

そして今年2010年ですが、総括1のとおり、目に付いたのは卒業関連とブログくらいで、卒業関連の方は久しぶりにアリーナ公演を開催したこと以外はやっていることに目新しさはありません。
その他いちいち例は挙げませんが、ハロプロ全体の細かな動きを見ても以前と変わらず効率重視で極力労せずにすまそうとするばかりで、魅力を高める機会…新しいチャレンジからむしろ逃げ回っているという印象しか受けませんでした。

ETC :::2010/12/27:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other