my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 1

別にファンを辞めるわけではありませんが、一区切りとしてここで約13年間の私自身のファン活動について印象的だったこと、転機となったことを中心にできるだけ簡単に振り返ってみようかと思います。

予定
(1) 1997〜 モーニング娘。との出会い
(2) 1999〜 ヲタについて
(3) 2000〜 アップフロント山崎氏

(4) 2001〜 2ちゃんねる時代
(5) 2002〜 ライブ参加回数の抑制
(6) 2004〜 ブログ時代

(7) 2005〜 久住小春の登場
(8) 2006〜 国民的アイドルの終焉とAKB48
(9) 2008〜 スタンスの見直し

(1) 1997〜 モーニング娘。との出会い
ASAYANは好きな番組でほぼ欠かさず観ていたので、1997年春〜夏のロックボーカリストオーディションからリアルタイムで観ていました。ただそのときは番組の企画の一つとして楽しんでいただけで、手売りなどの現場に行こうという気は起こりませんでしたが。
1998年5月、別アーティスト目的でポップジャムの公録に行く機会があり、そこで初めてモーニング娘。を直に観ました。2ndシングル「サマーナイトタウン」を披露した公録で「これがあの「なっち」かぁ」というのがファーストインプレッションでしたが、私がモーニング娘。を歌い手として意識したのはこのときからです。1998年7月12日のファーストライブも迷わずチケットを買って行きました。昼公演は2列目でとにかくめちゃめちゃはしゃぎまくって楽しかった!
それから本格的にファン活動を開始し、ファンサイトの掲示板に書き込みをはじめて、そこの知り合いとイベントに行くようになりました。以後しばらくはファンサイトの掲示板を拠点に活動することになります。

(2) 1999〜 ヲタについて
1999年は福田卒業〜後藤加入〜「LOVEマシーン」ヒットと、シーンが順調に盛り上がりをみせて、私もせっせと現場に通っていました。この頃はライブだけでなく公録に参加することも多かったですね。
ただモーニング娘。の人気が増すにつれて現場で傍若無人に振る舞う人も増えてきました (といってもその後に比べればこの頃はまだかわいいものでしたが)。当時の私には、アイドルを観たり歌を聴きに行くのが目的なのにどうして暴れたり周りの人が迷惑する行動を平気でするのかサッパリわかりませんでしたが、1999年8月27日の千葉市文化会館のライブで突然気がついたのです。この人たちが現場に来るのは自己顕示が主目的なのだと。そして自己顕示が主目的なのだから周りの人に迷惑かけたり引かせたりするのは、それ自体が手段なのだから当然で、その人たちに何を期待しても無駄だと。
結果的にこの時点でそれに気付いたおかげで今日まで現場に通い続けることができました。その後も現場は環境が劣悪化し続け、普通にモーニング娘。を視聴しにきた人を幻滅させて駆逐する一方でしたが、私にはそれは想定内の出来事で、以後大して失望することもなかったからです。

(3) 2000〜 アップフロント山崎氏
「LOVEマシーン」ヒットによりモーニング娘。は最盛期を迎え、ライブ会場もアリーナ会場が増えてきました。私も初の沖縄遠征をはじめとしてせっせと現場に通ったりメディアチェックしたりしてました。
そんな中、2000年4月にはその後後継番組含めて8年半続くことになるレギュラー番組「ハロー!モーニング。」がスタートしたのですが、しばらくしてこの番組に関連して、アップフロントの山崎氏が「サイゾー」誌のインタビューの中で、「今後は創り側となり成長過程ではなく芸を売りにしていく」といった趣旨の発言をしたのです。私がアップフロントの方針にはじめて疑問を感じたのはこのときでした。素人の女のコ集めてきて何言ってるのかと。それならはじめから完成している人を連れてくればいいでしょと。
山崎氏の方針は心構えとしては一見とても立派ですが、素人に限りなく近いアイドルの活動方針としては全く実情と合っておりませんでした。アップフロントはAVEXのような尖った企業ではなかったため、そうは言いつつもその後も成長過程についてはそれなりに売りにしていて、急激な変化がなかったのは幸いでしたが、この方針はその後も生き続けて、次第に興行中心主義と相俟ってメンバーやスタッフが「歌とダンスと芝居をしっかりやっていればいい/やらせていればいい」と都合良く曲解して、バラエティ番組をはじめとするメディアの軽視と、メンバーのトーク力をはじめとするバラエティ適応力の著しい低下を招き、モーニング娘。がつまらないアイドルとなり衰退してゆく遠因となりました。

とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 2
とあるモーニング娘。ファンの13年のファン活動史 3

ETC :::2010/12/29:::

スタンスの見直し

モーニング娘。 2010年総括 1「活動全般」
モーニング娘。 2010年総括 2「ブログ」
モーニング娘。 2010年総括 3「取り巻く状況」
総括1〜3で現状についてつらつら書いてみたわけですが、結論としては、3人が卒業したのを機に、ごく緩やかにフォローするスタンスに変更します。

私の希望はやはり「トップアイドルのモーニング娘。」だったので、そのために積極的な動きを期待していましたが、実際のところ、

・現メンバーの大半が20代となっており、10代のような積極性を期待するのは酷だろう。
・新たにその10代が入ってくると思われるが、トップアイドルをASAYANから譲り受けたことはあっても自ら育てることは一度もできなかったアップフロントに今更それを望むのはやはり無謀だろう。

ってとこです。
総括3で書いたとおり、トップアイドルで活動するのとマイナーアイドルで活動するのとでは魅力に雲泥の差がつくんですよね。
モーニング娘。にはこれまでトップアイドルとして10くらいの魅力を期待していましたが、どうやら今後はマイナーアイドルとして3くらいの魅力しか受けられそうにないので、もう高望みはせずにそれに合わせてこちらも緩やかな力の入れ具合にします。

ETC :::2010/12/27:::

モーニング娘。 2010年総括 3「取り巻く状況」

モーニング娘。 2010年総括 1「活動全般」
モーニング娘。 2010年総括 2「ブログ」
以上がモーニング娘。内に閉じた話で、次にモーニング娘。を取り巻く状況について。

グループアイドルは1強他弱の世界です。なぜ1強なのか。トップアイドルは機会に恵まれます。企画さえ出てくればどのようなことも行えます。機会に恵まれることで更に魅力を高め、より地位を強固にするというスパイラルが発生します。グループアイドルの場合、このスパイラルの中で数にものを言わせて機会を根こそぎ奪ってしまいます。

かつてその1強だったモーニング娘。(ハロプロ)が、メディア軽視と一連のスキャンダルによる内向き指向によりそのスパイラルより脱落したのが2004年前後ですが、その後もしばらくは替わりがいなかったためにそれなりに機会にありつけました。でもそんな以前とは違って今は1強としてAKB48がおり、機会は全てそちらに行ってしまいます。もはやモーニング娘。(ハロプロ)メンバーに、アイドルのパワーの源泉である魅力を高める機会が向こうからやってくるということはなくなりました。今後はマイナーアイドルとしてならこれまでどおりで構いませんが、上昇を目指すならこちらから積極的に動かないと機会は得られないわけです。
これが2009年末の状況。

そして今年2010年ですが、総括1のとおり、目に付いたのは卒業関連とブログくらいで、卒業関連の方は久しぶりにアリーナ公演を開催したこと以外はやっていることに目新しさはありません。
その他いちいち例は挙げませんが、ハロプロ全体の細かな動きを見ても以前と変わらず効率重視で極力労せずにすまそうとするばかりで、魅力を高める機会…新しいチャレンジからむしろ逃げ回っているという印象しか受けませんでした。

ETC :::2010/12/27:::

モーニング娘。 2010年総括 2「ブログ」

モーニング娘。 2010年総括 1「活動全般」 の続き
次にメンバーそれぞれのブログへの取り組みについて。
1 道重さゆみ
言うまでもなくメンバーブログがはじまるきっかけを作った大功労者。彼女が動かなくてもいずれははじまった可能性は高いですが、その場合ただでさえ遅れていたモーニング娘。のネットへの取り組みが更に遅れて傷を深くしていたでしょうね。
ブログスタイルもはじめから確立していて、そしてぶれないあたりからネットリテラシーを身に付けているのがわかり、比較的安心して見ていられます。
情報量も豊富で、ぶっちゃけこのブログを読んでさえいればモーニング娘。ファンをやっていけるのではないかという気も。
ラジオで以前ブログをはじめた頃の話していましたが、今も気負っている感がなくはないので、上手くセルフコントロールしてクオリティを維持してほしいですね。

2 田中れいな
ネットリテラシーのなさから細々と問題を起こしましたが、すぐさま使いこなして、本人のしゃべりを全くそのまま文字化したような口語調でこまめに更新するスタイルを確立したあたり、適応能力があることを証明しましたね。
1日10更新目標にしたり、つぶやき調にしてみたり、自分なりにやり方を考えて使っているのも○。イヤになって更新止めたりする点は×(笑)。
タブーに触れてつまずくまでの約半年の間、1日約10更新をやりきってかつ内容もそれなりにあったので、自分の中での田中れいな評はかなり上昇しました。
また現状に上手くあわせつつアグレッシブに活用してほしいですね。

3 ジュンジュン・リンリン
読むのを断念していたので割愛

4 新垣里沙
微妙にふらついていてブログを上手く使いこなせていない感が出ちゃってましたが、最近はやや安定してきましたね。
人それぞれ相性の良いメディア・悪いメディアがあるだろうから、もしネットとの相性が悪いとしたらそれはそれで、書きたいことや載せたいものがあったときだけ更新するとか、週2くらいでトピックスを書くとか、スタイルを見直すのも手かと思います。

5 高橋愛
書きたいことや載せたいものがあったときだけ更新するスタイル。こちらもネットリテラシーを身に付けているのがわかり、比較的安心して見ていられます。
性格的にも無理なことはしないだろうから、この調子でマイペースで続けてくれれば。

モーニング娘。 2010年総括 3「取り巻く状況」

ETC :::2010/12/26:::
tags :

モーニング娘。 2010年総括 1「活動全般」

昨年2009年までと比較して、今年2010年のモーニング娘。の「活動内容」で特筆すべきは次の2点でした。

1 亀井絵里・ジュンジュン・リンリン卒業関連
2 ブログ開始

1 亀井絵里・ジュンジュン・リンリン卒業関連
関連するイベントの開催とグッズの販売が凄まじかったですね。この3ヶ月だけで写真集は「えりりん」「ハロハロ!」「THANKS」、DVDは「卒業メモリアル」「えりりん -Special Edition-」「ありがとう」「ハロハロ!-Special Edition-」「横アリ速攻DVD」、イベントは「えりりん」握手会・亀井ジュンリンFCイベント・バスツアー・「THANKS」握手会・横アリ卒業公演と(抜けがあるかも?)。この他に卒業と直接関係のないイベントの開催やグッズの販売も普通にあったわけで。

あまりの数・頻度に正直引いてしまいましたが、ただイベント開催やグッズ販売自体は決して悪いことではない、むしろ「想い出」のためには好ましいことで、参加や購入するかどうかの選択もファンの側に委ねられることなので、あとは売る側も「想い出」に関わっていることを自覚してのぞんでいたとすれば問題ないですね。
まぁ私自身は上記の大半を見合わせたのでこのくらいで。

2 ブログ開始
メンバー増減以外で従来の活動スタイルからの大きな変化といえば、今年はブログ開設以外にはないでしょう。

ファンは、タレントから常に魅力(情報)を受け続けていないと、その状態を保つ(ファンで居続ける)ことのできない生物です。
ここ数年は、モーニング娘。が魅力を発するのは興行のみで、メディアではラジオで少々、テレビではレギュラー番組が事実上機能せず、一般番組で道重がいくらか頑張っているだけで、興行に足を運ぶことができる人以外がファンを続けることは困難な状況でした。
アイドル最大の武器であるルックスをアピールできる写真の掲載を含めて最新の情報を伝えることができるブログは、有力な魅力(情報)伝達手段で、これによって興行に足を運ぶことができる人以外も、モーニング娘。の魅力をある程度受けることが可能になりました。

ブログのもう一つの利点は、メンバーは魅力を発揮(情報を発信)し続けるために、これまで以上に常に内面・外面を磨き、発信する努力をしないとならない状況になった点です。メンバーの魅力によって生き続けるファンにとっては願ったりの展開です。
いろいろ問題も起こりましたが、メンバーと事務所の力量をそれなりに知るファンにとっては想定内の出来事だったことでしょう。むしろメンバーや事務所がこれまで必死に隠そうとしてきた 名声に対する実力の乏しさを露呈したことで向こうも現状を正視せざるをえなくなり、やっと地に足付けて活動ができる環境が整いつつあるわけで、ウェルカムな展開でした。ここから元々の事なかれ主義のままゆくか、それともアグレッシブに進むかで、後々大きな差が出るでしょうね。実際、別メディアで既に取り組み方によって大きな差が出ているわけですし。

モーニング娘。 2010年総括 2「ブログ」
モーニング娘。 2010年総括 3「取り巻く状況」

ETC :::2010/12/25:::

2010年ハロプロ系ライブ・イベント参加統計

2010年年間実績
・参加公演日数 25
  (←45←46←29←42←38←39←55←31←21←15←12←2)
・参加公演数 26
  (←58←56←39←52←47←44←62←40←26←21←20←2)
・費用 \197k
  (←\608k←\463k←\312k←\440k←\314k←\280k←?)

※( )内は昨年以前の年間実績
※日数・公演数は、番組収録・無料イベント・遅刻/早退して参加時間が30分以内だった公演は除く。芝居・ミュージカルも含む。
※費用にはチケット代(応募用CD代も)、交通費(無料イベント分も)、宿泊費、手数料含む。食費、グッズ代除く

内訳
コンサート 20
 ハロプロ 6 (正月4 夏2)
 Buono! 4 (冬2 夏2)
 モーニング娘。 8 (春4 秋4)
 Berryz工房 2 (春1 秋1)
芝居 1
 モーニング娘。 1
イベント 5
 嗣永桃子 2 (ANNEX)
 モーニング娘。 1 (FCイベ)
 Berryz工房 2 (汐留)

(参考 無料イベント(日数・公演数には含まないが費用は含む))
 久住小春WHF 4日
 スマイレージFCイベ 1
 ハロプロお台場 1日
 Berryz工房お台場 2
 Buono!お台場 1

ということで、年間の参加公演数が2001年以来9年ぶりの30公演割れでした。費用もなんと\200k割れ。グッズやDVD代を含めても、ハロプロ関係費が\20k/月以内に収まってしまいました。
別エントリで改めて書きたいと思っていますが、とにかく企画・運営側にやる気を見せてほしいですね。
今のままだと2011年は更に低下すること必至です。

ETC :::2010/12/19:::

横浜アリーナ公演に向けて

いよいよ卒業スペシャル公演当日になりました。
今日、亀井絵里・ジュンジュン・リンリンがモーニング娘。から卒業しますが、今回の卒業は過去のメンバーの卒業とは違って、8人中3人の平均年齢21歳のメンバーが卒業して応募条件が満10歳〜17歳の新メンバーおそらく複数名が加わるという、モーニング娘。というグループのメンバーのキャラクターに依る部分が過去にないほど激変する機会でもあります。

これを機に自分のファンとしてのスタンスも見直すつもりですが、もう既に気持ちの整理はついているので、まずはこれまでのスタンスでのファン活動の一区切りとなる今日、思い残すことがないようこの8人でのラストパフォーマンスをしっかりと目に焼き付けて、3人の卒業をおもいっきり祝ってきます!
そして一段落してからこれまでの活動の総括とともに改めてスタンスの見直しについてまとめたいと思っています。

さぁ、がんばっていきまっしょい!!!

ETC :::2010/12/15:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other