my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

当ブログ内のメンバーごとの占有率

最近ブログを付けていて、さゆみんの事ばかり書いてる気がして、時期的に区切りのよいところで当ブログ内で言及しているメンバーの占有率を調べてみました。具体的にはタグ数をカウントして割合を算出しています。タグを使い始めた2008年初から2年半の各半期ごとの統計です。
結果は、

2008上 2008下 2009上 2010下 2010上 2008〜現在
道重さゆみ 9.3 10.7 12.1 15.5 20.7 13.1
亀井絵里 10.4 11.5 11.2 12.3 12.7 11.5
田中れいな 11.2 11.5 9.4 10.1 10.6 10.6
嗣永桃子 8.3 8.5 10.2 7.6 9.6 8.7
新垣里沙 8.5 6.4 7.1 9.8 12.5 8.7
ジュンジュン 4.1 5.6 6.0 8.1 5.5 5.8
光井愛佳 7.9 5.3 4.4 5.1 2.9 5.3
高橋愛 4.5 3.6 4.4 5.4 3.8 4.3
徳永千奈美 3.8 4.2 5.2 2.4 1.2 3.4
リンリン 2.6 2.7 2.1 4.9 4.8 3.4
菅谷梨沙子 4.2 4.4 3.3 1.5 1.2 3.0
夏焼雅 2.6 2.9 3.1 1.9 1.9 2.5
須藤茉麻 3.1 2.7 3.3 1.5 1.2 2.4
久住小春 3.4 2.7 1.5 2.9 0.7 2.4
清水佐紀 3.1 1.8 2.7 1.4 1.2 2.1

(上位15名。単位%)

・基本的にメディアの感想がメインなので、当然ながらレギュラー持ち(あるいはレギュラーを持っていた)メンバーが強いですが、そんな中でジュンジュンが大健闘!それだけ何かと話題を振りまいてくれて、かつ自分も関心を持っているということでしょう。
・さゆみんのソロ活動に伴う伸びがはっきりわかります。今回はタグの割合での比較ですが、さゆみんは単独で記事になることが多いので実際のさゆみんの当ブログ内の占有率はもっと高いでしょう。
・ハロプロの活動が拡散・希薄化していますが、個人でフォローできる範囲は所詮限られているので、ブログの話題(採り上げるメンバー)の寡占化が進んでいます。

ということで、メンバー等しく話題に出来るのが理想なので、さゆみん以外のメンバーももっとメディア上で活躍してほしいものです。

ETC :::2010/7/2:::

2010年上半期ハロプロ系ライブ・イベント参加統計

2010年上半期実績
・参加公演日数 15
  (←45←46←29←42←38←39←55←31←21←15←12←2)
・参加公演数 15
  (←58←56←39←52←47←44←62←40←26←21←20←2)
・費用 \112k
  (←\608k←\463k←\312k←\440k←\314k←\280k←?)

※( )内は昨年以前の「年間」実績
※日数・公演数は、番組収録・無料イベント・遅刻/早退して参加時間が30分以内だった公演は除く。芝居・ミュージカルも含む。
※費用にはチケット代(応募用CD代も)、交通費(無料イベント分も)、宿泊費、手数料含む。食費、グッズ代除く

内訳
コンサート 11
 ハロプロ 4
 Buono! 2
 モーニング娘。 4
 Berryz工房 1
芝居 1
 モーニング娘。 1
イベント 3
 嗣永桃子 2
 モーニング娘。FC 1
(参考 無料イベント(日数・公演数には含まないが費用は含む))
 久住小春 4日
 スマイレージ 1公演
 ハロプロお台場 1日

ということでここ数年右肩上がり傾向が続いていたのですが今回は減少しました。下半期が残っていますが例年上半期に比べて下半期の方が行動量が少ないのでどうなるか。年間参加公演数が9年ぶりに30公演を切る可能性が出てきました。

減少理由は、
・ハロプロの上の人に見切りをつけた
一応、プロデューサーと書くと特定の人になってしまうので、もっと広範囲を指す意味で上の人としています。これが最大の理由かな。メンバーへの思い入れや関心度は以前と比べてそれほど変わってないのですが、企画・運営面に全く期待しなくなって足が遠のきましたね。やる気が感じられれば内容がどうであれそれなりに評価しますが、もう長いこと無理ない程度にルーチンワークとして行われているだけですからね。
・久住小春の卒業
特に昨年、一昨年は小春バイアスがかかっていて、今年はそれがなくなって元に戻った
・生活環境が変わった
まだ先行き見えにくい状況なので、先の予定をあまり入れたくなくてチケット先行予約数を減らしている分、参加公演数が減った

ETC :::2010/7/1:::

「Hello!Project2010SUMMER」で、聴きたい曲・踊りたい曲を大募集@Hello!Projectオフィシャルサイト

夏ハロー!@つんく♂オフィシャルブログ
Hello!Project | 聴きたい♪踊りたい♪ハロプロ曲! @Hello!Projectオフィシャル

Hello!Projectの楽曲であれば、アルバム曲やカップリング曲・期間限定だったユニットの曲だってOK!
コンサートであの歌があのメンバーで聞けるかも!?
あなたのお気に入りハロプロ曲をリクエストしてコンサートで盛り上がろう!
どしどしリクエストをお待ちしています!
≪リクエスト受付期間≫
2010年5月17日(月)13:00 〜2010年5月24日(月)18:00
【ツアータイトル変更のお知らせ】
『Hello!Project 2010 SUMMER 〜あっ!という間の『夏』計画〜』は、『Hello!Project 2010 SUMMER 〜ファンコラ!〜』へタイトルが変更になりました。

リクエストを募集してそれをどうするのかが書かれていない。
上位曲の中から適当にチョイスしてセットリストに組み込むか、順位発表してベスト5曲程度をセットリストに組み込むくらいだろうな。
ファンの声を聞いたポーズを取る気満々、と言っては言い過ぎかもしれないけど、それにしてもぬるそうですなぁ。

こういった企画を行うなら、ベスト30曲のみで公演のセットリストを構成して、30曲全て歌うくらいの気概を見せては?
だとしても、実際ファンが本音で投票したら票は分散しまくりで大半が死票になること必至なので、いっそのこと東名阪全公演のどこかでベスト200曲をそれぞれ最低一回は歌うくらいの気概を見せては?

新しい試みは大歓迎です。企画が片手間ではなく全力で徹底的に行われることを期待してます > プロデューサーはじめ企画に携わる方々

ETC :::2010/5/18:::

2009年を振り返って その2

2009年を振り返って、次によかった出来事は、
・久住小春 モーニング娘。を卒業
・道重さゆみのソロ活動
・「しょうがない 夢追い人」オリコン第一位

小春卒業は、卒業はめでたいこと、そしてつつがなく送り出せたってことで、よかった出来事にエントリー。この件はここではこれくらいにして・・・。

さゆみんのソロ活動は、手放しで喜べる状況とも言い難いけど、とりあえず知名度が大幅上昇したのはめでたいめでたい!特に最近だと「笑っていいとも!」や「しゃべくり007」で、現メンバーが世間から完全に隔離された存在として認識されずにすんだのは、さゆみんのおかげだしね。
出来れば来年以降、さゆみんに続くメンバーがもう一人二人くらい出てくるといいな?。ただ、次のメンバーも妙なネタキャラで売り出されそうなのがちょっとこわいんだけど。。。

「しょうがない 夢追い人」第一位は、ようやく8期メンバーが第一位を経験できたことが何よりうれしい。来年も一回くらいは祝杯をあげたいもんです。

ということで、ビッグイベント的なものがなかったですが、今はそういう時代ということで、メンバーが大過なく一年活動できたのが何よりです。

来年もメンバーにとって良い年でありますように!

ETC :::2009/12/30:::
tags :

2009年を振り返って その1

今年のファン活動の締めに、2009年を振り返ってみます。
よろしくなかった出来事とよかった出来事に記事を分けて、まずはよろしくなかった出来事から。
・よろセン!終了=レギュラーバラエティ番組の事実上の消滅

以下批判的な内容なので改行します。





今年ハロプロにとって一番痛かった出来事といえば、「よろセン!」が「美女放談」へ切り替わり、ハロプロレギュラーバラエティ番組が事実上消滅したことでした。
呆れました。「よろセン!」自体を惜しんでいるのではなく、レギュラーバラエティ番組を自ら捨てたことに呆れました。

特定支持者を相手にするマイナーアイドルなら相応のメディアを適当に見繕えばよいだろうけど、もしアイドルが一般層から支持を得ようとするならば、メディアの中でも唯一圧倒的な力を持つテレビは不可欠。テレビでキャラクターをアピールして親近感を持たれるのがアイドルが一般層から支持を得るための最低条件だし、特にソロの魅力では劣るけど多数による相乗効果が期待できる多人数アイドルならなおさら。たかだか数分とはいえその最後のレギュラーバラエティ番組を、枠を失ったわけでもなくUFがわざわざ自らの手で消し去ってしまったことにつくづく呆れた。

もう一つ、今年は道重が活発にソロ活動を行って知名度を上げた。そのこと自体は良いことだけど、あれだけ多数のそこそこのアイドルを抱えていながら、真野にしろ道重にしろ個人で売り出してばかり。多人数アイドルの需要が今も十分にあるのはAKB48が証明している。なのにUFは多くのアイドルをいたずらに抱え込んでいるだけ。一般層が多人数アイドルに何を求めているかわかっていないんだろうな。10年も多人数アイドルを率いて商売しているのに未だに。

結局UFは、ASAYANがモーニング娘。(ハロプロ)を離陸させて更に加速力が付いた状態でバトンタッチして操縦桿を握らせてもらっただけの事務所だった。UF時代にハロプロは最盛期を迎えたけどそれはASAYANから受け継いだ加速力によるもので、その後は徐々に降下して今は地面すれすれで飛行し続けているだけ。飛行し続けている点は褒め所かもしれないけど、どうすれば多人数アイドルが浮上するのか、どうすれば加速力が付くのかはそもそも自分たちがやったことではないのでわからないのだろう。というより自分たちの手腕でなかったことに気付いてないのだろう。

UFは多人数メジャーアイドルが何たるかなんて元から知らない、はじめからただマイナーアイドルを切り盛りすることしか出来ない事務所だった。「美女放談」の件でとうとう俺も認めざるをえなくなった。いずれ認めざるをえなくなるのはわかっていたけど、認めたくなかったなぁ!認めた時点でUF所属の多人数アイドルであるモーニング娘。が再浮上する可能性がないことを認めたことになるから。

ETC :::2009/12/30:::

2009年ハロプロ系ライブ・イベント参加統計

2009年年間実績
-参加公演日数 45 (←46←29←42←38←39←55←31←21←15←12←2)
-参加公演数 58 (←56←39←52←47←44←62←40←26←21←20←2)
-費用 \608k (←\463k←\312k←\440k←\314k←\280k←?)
※( )内は昨年以前の年間実績
※番組収録、無料イベントや、遅刻/早退して参加時間が30分以内だった公演は除く。芝居・ミュージカルは含む。
※チケット代(応募用CD代)、交通費、宿泊費、手数料含む。食費、グッズ代除く

内訳
コンサート 42
 ハロプロ 8 (正月 5、全員 2、夏 1)
 Buono! 5 (2月 2、8月 2、12月 1)
 Berryz工房 3 (春 2、秋 1)
 モーニング娘。 22 (春 13、秋 9)
 久住小春 2
 真野恵里菜 1
 松浦亜弥 1
芝居 1
 おじぎ 1
イベント 15
 メログリ 1
 ハロテン 2
 真野恵里菜 2 (乙女の祈り 2)
 松浦亜弥 1
 ミーティング 1
 モーニング娘。 8
  (泣いちゃうかも 1、しょうがない 夢追い人 2、
  なんちゃって恋愛 3、カップリング 1、気まぐれプリンセス 1)

今年も去年とほぼ同程度、惰性にならない範囲で多くのライブやイベントに参加出来て、いろいろな想い出を作ることができました。参加日数と参加公演数が去年と大して変わらないのに費用のみが1公演のために大幅増しましたが、その公演も含めて参加したい公演は全て参加することが出来て充実したライブ参加のできた一年でした。

今年の公演で特に一公演を選ぶとしたら・・・、とにかく今年はファイナルだとか発表があったりとか刺激的な公演が多かったけど、そういった公演を除いて単純にライブ的に楽しかった公演を選ぶとしたら、真っ先に思い浮かぶのは、
2009/10/31 14:00 「モーニング娘。 全シングル カップリングコレクション」発売記念イベント よみうりランドEAST
です。あの屋外の開放感!新鮮な選曲をMCをはさまず聴けてノリまくって楽しかった・・・。

さて来年ですが、近々個人環境が変わるので、これまでとペースが違ってくるかも。増えそうなのか減りそうなのかもまだわかりませんが、なんとか今年のペースを維持したい・・・。

ETC :::2009/12/25:::

2009年上半期ハロプロ系ライブ統計

2009年上半期実績
・参加公演日数 27 (46←29←42←38←39←55←31←21←15←12←2)
・参加公演数 36 (56←39←52←47←44←62←40←26←21←20←2)
・費用 284k (463k←312k←440k←314k←280k←?)
※( )内は昨年以前の年間実績
※番組収録、無料イベントや、遅刻/早退して参加時間が30分以内だった公演は除く。芝居・ミュージカルは含む。
※チケット代(応募用CD代)、交通費、宿泊費、手数料含む。食費、グッズ代除く

内訳
コンサート 27
 ハロプロ 正月 5
 ハロプロ 全員 2
 Buono! 春 2
 Berryz工房 春 2
 モーニング娘。 春 13
 久住小春 2
 真野恵里菜 1
芝居 1
 おじぎ 1
イベント 8
 メログリ 1
 ハロテン 2
 泣いちゃうかも 1
 乙女の祈り 2
 しょうがない 2

当初予定していなくて、仕事の調整がついて急遽参加した滋賀・福井の地元公演分がそのままプラスされた感じで、それ以外は昨年とほぼ同じペースでした。でも若干、チケット入手にかける時間がなくなって、公演あたりの費用は増加傾向かも。

対象はもうこれまでになく偏りまくり。このブログもそうだけど、もう時間的余力がないのでどんどんフォローの範囲が狭まってる。特にOG組はFC分割でチケットがWeb操作ちょちょっとすれば取れるということもなくなって敷居が高くなったし、そういう頃合いなのでしょう。でもチケット入手や公演日などのタイミングが合えばそちらも参加したいとは思ってます。

個々の公演では、ハロプロ正月公演にちょっと参加しすぎたかなってくらいで、概ね惰性にならずに楽しめました。印象が強いのはやはりエルダークラブ卒業公演と、きらりんファイナル公演です。前者は感傷的にはならなかったけど、最後かもしれないアリーナ公演の楽しさを存分に味わえたライブ、後者は久々にリミッターが吹っ飛ぶほど熱くなれたライブでした。

ETC :::2009/7/3:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other