my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

祝!光井愛佳 モーニング娘。加入一周年

加入一周年おめでとう!
この一年は・・・光井を知ろうにもメディアを通じて接する機会があまりに少なすぎた、というのが正直なところかなぁ。もちろん光井自身の問題ではないけど、とにかく先輩達が加入した際に比べて目にする機会が格段に少なかった。光井がアンラッキーだったのは、光井が活動を本格的に開始した今年春の時点で吉澤に加えて藤本までもが抜けてしまい、モーニング娘。の中に知名度のあるメンバーが0になってしまったこと。この結果、出演可能なメディアが激減して有名先輩メンバーのおまけとしてくっついて出演機会を得てアピールしていくというこれまでの手法が取れなくなってしまったのが痛かった。

魅力を発揮する機会に恵まれていないのも厳しかったけれども、更に光井にとって厳しかったのは、一般層へのアピール以前に、モーニング娘。ファン層へアピールして固定ファンを作ろうにも、固定ファンの元となる、スタンスがフワフワ漂っていて固まりきっていない浮遊ファンが今やほとんど存在しない点。仮に、6期・7期・8期メンバーが、それぞれ加入した時期の浮遊ファンの2割を固定ファンにするだけの魅力を等しく持ち合わせていたとしても、その肝心の元となるその時々の浮遊ファンの絶対数が
6期 : 7期 : 8期 = 100k : 10k : 1k
だったなら、魅力に惹かれて固定ファンとなる絶対数も
6期 : 7期 : 8期 = 20k : 2k : 0.2k
となってしまう。この100k・10k・1kの数字自体に無論根拠はないけれども、指数的な差があるのは確実で、大きく外れてはいないだろう。このように引き込むべき元のファン層がまずきわめて薄い上に、実際は上記のようにアピールチャンスも先輩が加入した頃に比べて圧倒的に少ない。一般への知名度がたとえ低くても固定ファンがそれなりに付けば、この前ラジオで希望していたように写真集を出せたり活動の幅が広がるのだが、現状は自己顕示目的以外の固定ファンが付くのがきわめて困難であるのは想像に難くない。自分が光井にかなりシンパシーを感じているのも、少なくとも現時点では光井の魅力に惹かれてというよりはむしろこのような、7期以上に厳しい環境下で加入してきた者への判官贔屓によるところが大きいと思う、たぶん。

と、はじめからいきなりネガティブに書きなぐっているけれども、そう悲観ばかりしているわけでもない。何と言ってもまだ一年目。何期であろうと、そして機会に差こそあれ、一年目がアピールしていることなんて新鮮さくらいしかない。それにアピールの機会がなかったということは、それだけ魅力が消費されていないということでもある。本人が魅力を持ち合わせているならば、そしてメディアでアピールする機会がいずれ有るならば、その時にため込んだ魅力を発揮することが出来るだろう。それにこれまでの限られた機会の中でも、それなりに光るものも見受けられるし。まずはラジオの一人しゃべり。一人しゃべりなんて、機会がなかったとはいえ5期6期ですら数年かけてやっと会得した能力なのに、加入数ヶ月やそこらであれだけ話せているのは見事。そして人が出来ているらしい点。若年で加入して社会通念が欠如したまま走り出す者が少なくない中、珍しく社会通念を身につけているらしいのも、活動していく上で有利に働く場面が少なからずあるだろう。ルックスも、なんといってもあの黒目がちな目。仔犬っぽさではハロプロNo.1!?

ともかく、釈迦に説法だろうけどこれからも強い精神力を持って前向きに活動してほしい。この世界、きっといいことある、とは言わないけど、それなりにいいことあると思うよ。

ETC :::2007/12/10:::

2007年ハロプロ系ライブ総括

11/24モーニング娘。公演をもって今年の自分のハロプロ系ライブ参加はすべて終了。といってもハロプロ以外のアーティストのライブがまだまだ残ってるので正直終わったって実感があまり湧いてこないけど、ともかくまとめ。

・参加公演日数 29(←42←38←39←55←31←21←15←12←2)
・参加公演数 39(←52←47←44←62←40←26←21←20←2)
・費用 \312k(←\440k←\314k←\280k←?)

※( )内は昨年以前の実績
※番組収録、無料イベント(CD購入等が条件であるものも含めて)や、遅刻/早退して参加時間が30分以内だった公演は除く。ミュージカルは含む
※チケット代、交通費、宿泊費、手数料含む。食費、グッズ代除く

内訳
ハロプロ 正月 3
モーニング娘。 春 5
安倍なつみ 春 1
Berryz工房 春 2
新人公演 1
美勇伝 初夏 1
GAM 初夏 3
ハロプロ 夏 6
松浦亜弥 芝居 1
誕生10年記念隊 2
Berryz工房 夏 2
後藤真希 秋 4
モーニング娘。 秋 5
文化祭 1
松浦亜弥 秋 2

今年は5年前の2002年の水準まで減少。でもレギュラーツアーへの参加ペースは去年と大して変わっていない。総数が減った要因は、以前のミュージカルやHPPのようなイレギュラーな試みや新しいアーティストに今年はあまり食指が動かなかったこと、松浦の春ツアーがなかったこと、有料FCイベントに全く参加しなかったこと、あたりか。

それにしても数年前に比べて、同じ労力でより近くでより回数も多く参加できるようになって、つくづく良いとも哀しいとも言える時代になった。ツアーもその気になれば何公演でも行けてしまう。ツアー全公演参加も正直それほど無理なく出来そうなまでになった。ただその結果、以前は行きたくても行けずに自然に抑制が効いていたけど、今は自ら抑制せざるをえなくなった。ライブは楽しい。でもライブは通えば通うほど、もの足りなくなり、傲慢になり、周りが見えなくなり、余計なことをしたくなり、そして歌い手に飽きて適当な理由を付けて捨てることになる。来年の目標も今年と同様、一公演一公演新鮮な気持ちで参加できるペースを維持すること。そして、もうちょっと行っておけばよかったという飢餓感が程良く残る状態を維持すること。これらを満たす範囲内での最多公演数をいかに見極めるか。

ETC :::2007/11/27:::

mlp三周年

とうとう三周年。1000日をもいつのまにか突破していたということか。毎度のことながらよくもまぁちまちまと書き続けていられるものだと我ながら呆れてしまうが、それも結局自分がモーニング娘。・ハロプロをそれだけ好きだから続けられているのだろうと納得するのも毎年恒例になりつつある。ファン歴に比べればまだまだ短いけど、それでもここを付け始めたときのメンバー数が12人で、そのうち今も在籍しているメンバーが気がつけば5人。この3年間だけでも半分以上が旅立っている。ここがあるおかげで楽しかったことが残せるだけでなく、悲しいこと切ないことにも目をそらさずに向き合えている。これからもファン活動の証としてちまちまと続けていきたい。
今後の課題は、ここを付けることも含めファン活動の時間をいかに作るか。まぁこれも毎年言っていることだけど。会社勤めも数年経てば責任も増して拘束時間も長くなる。昔は平日でもそれなりに更新していたけど今は10分20分のラジオ番組を聞くのが精一杯になりつつある。もともと無理をせずお気楽にと始めたが、3年経った今、時間的にかなり無理をしているのは否めない。時間をどう確保するか、そしてどうペースを維持するか。ペースを落とすのは簡単だけどそれはあくまで最終手段として、なんとか効率よく動き回りたい。大局観を失わないためにもそれなりの範囲をフォローし続けたいのだが。

ETC :::2007/11/22:::

光井愛佳 モーニング娘。加入半周年

1日遅れてしまったけど(もう2日か)、祝加入半周年。というかまだ半年しか経っていないの?と思うくらいの安定感があるんだけど!5期も6期もそして7期も、まだ加入半年後なんて見ていてヒヤヒヤしっぱなしだったのに、光井については既に自分の中では先輩達とほぼ同じ扱いをしてしまっているくらい。ただ、それは光井がというよりも周辺環境がそう感じさせているだけかもしれないけど。既存メンバーの層が薄くなって相対的に新人が活躍できる機会が増えたせいもあるだろう。モーニング娘。のステータスが下がり重要な機会が減ったため相対的に新人を前に出せる機会が増えたせいもあるだろう。とはいえやはり加入後半年の新人でここまでしっかりと堅実に役割をこなせた人はこれまでなかったと思う。しかもしっかり初々しさも残しているあたりがなかなか。爆発力こそ今のところは感じられないけども、光井に任せればとりあえず無難にこなしてくれる、そんな安心感がある。大勝ちに終わるか大負けに終わるか分からない、バクチ性の高い久住に対して、大勝ちはしないけれども決して負けない戦いができそうな人。

光井とその前の久住の二人と、それ以前のメンバーを比べると、やはりオーディションでの選定基準が大きく変わったんだろうなぁと思う。久住は自分への無意識の絶対的な自信をもとに遮二無二突き進み、そして光井は完成された人間性でもって着実に突き進む。どちらも厳しい局面や未知の場面でもくじけない強さが感じられる。たった二人なので断言は無論出来ないけども、ここ二回のオーディションではどんな技能よりも何よりもまず、一人で放りだされてもなんとかしようとする強い精神力を持ち合わせているかどうかを第一の選定基準としていたのだろう。

前回のオーディションの応募者数を見る限り、国内で一般より募集する従来の形式を再度行うのはもうおそらく難しい。となると光井はモーニング娘。最後の正統派メンバーとなる可能性もある。4期までのメンバーを全員送り出したことで国民的アイドルとしてのモーニング娘。の役割が一応終わり、更に異国の新メンバーを迎え入れるというこれまでにない激動の時、先行き不透明感が目一杯漂うこの時に、一番後ろから付いてきているはずの新メンバーであり最後の正統派メンバーが、初々しくも安定して構えていることのなんと心強いことか。釈迦に説法な気もするけど、国民的アイドルでないモーニング娘。の活動に意義を見いだしてこれからも成長過程を見せてほしいなと。

ETC :::2007/6/12:::

ハロモニ@ (07/6/3) その2

石田盛文堂のネコ
石田盛文堂のネコ
特に探していた訳でもないけど、客先に向かう途中でなにげに看板が目に入って、この店はもしやと思って寄ってみたら例のネコがふつうに店頭にいた。れいながなでなでしてたから一応俺もなでなでしておいた(笑)。

ETC :::2007/6/5:::

『モーニング娘。』リーダー「藤本美貴」についての重要なお知らせ

Hello! project -Official Site-
『モーニング娘。』リーダー「藤本美貴」についての重要なお知らせ

結局こうなるのか。

結果で判断させてもらう。
これまで、態度はつれなくてもモーニング娘。への想いはあるはずと無理矢理思い込んで支持してきたけど、結局、言動どおりだったということか。思い込んだ俺がバカだったということか。
魅力的な要素を少なからず持ち合わせていた人なので警戒と同時にそれなりに期待していたけど、結局、ただ迷惑かけまくってサヨウナラか。期待した俺がバカだったということか。

モーニング娘。の一員としていずれキレイなカタチで旅立ってほしかったが、結局こんな不様な引き際か。それに、彼女のことを「魅力的」と言ったが、あくまでモーニング娘。というグループのメンバーであったからこそで、ソロとしては残念ながら言わずもがな。これでは今後ハロプロメンバーとして縁は残るがそれ以上はもうないだろう。
寂しい。

でもこれで良かったのかもしれない。
彼女にとって、ソロが行き詰まって加入した当時はともかく、今モーニング娘。に在籍するメリットがもはやないことは重々承知している。そして、残るメンバー・ファンへの彼女の不始末によるダメージは計り知れないが、でもこんな引き際しか残せなかった彼女に率いられてズルズルと遺産を食いつぶされるくらいなら、いっそ彼女の不始末の影響が今後徐々に侵蝕してくるのを承知で、どうしようもなく頼りない高橋を押し立てて突き進んだ方が不確定要素満載でドキドキ感があるだけまだマシだ。
これで良かったんだ。

ETC :::2007/6/2:::

FRIDAY (07/5/25)

とりあえず各メディアの第一報・ヤングタウンでのコメント・ライブでの動静で、ますは初動は全て出そろったのかな。オフィシャルはじめ第二弾の動きが有るかどうかわからないけど、初動の時点での心境を残しておこう。新たな動きでどう変わるか。

とりあえず、目に見える形で周りに迷惑をかけなければ、こちらは付き合いについては何も言わない。間接的には周囲に悪影響及ぼしまくりなのはイタイけどそこはまずは目をつぶるとして、今のところ活動がこれによって支障を来したという話は表には聞こえてこないので何も言わない。とにかくグループのメンバーに迷惑をかけないでくれ。仕事で関わっている人たちに迷惑をかけないでくれ。見つかっている時点でヘマをしているわけだけど、付き合うなら迷惑かけぬよう上手く立ち回ってくれ。上手く立ち回れないなら止めてくれ、もしくは辞めてくれ。
しかし想定内の出来事とはいえ就任一ヶ月も経たずに下手を打つとは、我らもとんだ御大将を担ぐことになっちまったなぁ・・・。

ETC :::2007/5/28:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other