my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

娘DOKYU ! EXTRA (06/8/29-9/1)

2006/8/29?9/1 TX「娘DOKYU ! EXTRA」モーニング娘。
8/27「リボンの騎士」千秋楽の舞台裏。
公演前の気合い入れ、大臣から託されて剣を二人に渡すシーン、「青空がいつまでも続くような未来であれ!」の抱擁シーン、5期の抱擁シーン、カーテンコールラストのコメントと、限られた放送時間で押さえるべきシーンはきっちりと押さえられていた。舞台裏シーンでは、藤本が何の前触れもなく小川を抱きしめていたシーン。そのまま何事か言葉を交わした後、体を話した後に「なかったことに」といって二人で微笑。内容不明だけど感じの良いシーンだった。カメラもよくぞ捉えていてくれた、GJ。

カーテンコールでのコメント。現地で聞いていた時は小川も高橋もハラハラ感満載のコメントだったけど、キッチリと編集してきたか。いつかノーカット版が何らかの形で見ることが出来るようになればそれでいいし、映像になることがないとしても朧気な印象として胸に残り続けるだろうからそれはそれでいいか。

ということで、これで小川についてもリリースまでに期間を要するメディアをのぞいて一通り終了。グループのキーメンバーではなかったけど、ともかくこの嵐の5年間、最後まで自分の責務を全うしたことは大いに誇るべきことだと思う。今後どれだけタレント業に関わるのかわからないけど、とりあえずここまでの5年間想い出をありがとう。そしてモーニング娘。の活動お疲れさまでした。「結構大きな夢を持ってチャレンジしに行く」の言葉を微かに楽しみにしてます。
060901mdoc_oga_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/9/4:::

娘DOKYU ! EXTRA [モーニング娘。] (06/8/9-10)

2006/8/9-10 TX 「娘DOKYU! EXTRA」モーニング娘。
ミュージカル「リボンの騎士」の、メンバーそれぞれの役についてのコメントとその練習風景。練習着だし断片的ではあるけど、そろそろ中盤ということで各メンバーの最重要なシーンを惜しげもなく出してきたか。もし自分がまだ見に行っていないでこの放送を先に見たとしたら、歌声を聴いて相当驚いただろうな。
060811mdoc_eri1_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/8/12:::

娘DOKYU ! EXTRA (06/7/25-28)

2006/7/25-28 TX 「娘DOKYU ! EXTRA」 紺野あさ美
7/23代々木公演のリハーサルから終演後のコメントまで。
リハーサルから開演前まではすっかり5期ワールド。終演後のコメント“ファンの皆さんの幸せなこの先を私も願ってますし、私自身これから頑張っていくのをこの先も心の中で応援していただけたらいいなと思っています。ありがとうございました”。
ステージ上でのメンバーコメントシーンは封印するのでパス。
060729mdoc_5_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/7/30:::

娘DOKYU! (06/7/20,21)

2006/7/20,21 TX 「娘DOKYU!」 ガッタス
第一回グッドウィルカップ決勝大会一回戦
 Gatas 1×2 XANADU
Gatas贔屓であろう娘DOKYU!の映像をもってしても、紺野のラストプレイとしては試合内外とも内容が乏しく、それが逆にリアリティを感じさせた。
“寂しいですよ。寂しいですけど、ほんとみんなと一緒にフットサルが出来て良かったなって心から思うし。”
“ガッタスは王者でいてほしいと思うから、王者の名が揺らぐときもあるけど、みんなにはこれからも頑張って、これからも形は違うけどずっとチームメイトでいてほしいなと思います。”
060722mdoc_kon_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/7/22:::

娘DOKYU ! EXTRA (06/7/5)

2006/7/5 TX 「娘DOKYU! EXTRA」
第二回ハロプロカップ・キックベース大会のエキシビジョンマッチ。水上氏、久住・三好・岡田をのぞく、高橋・小川・新垣・亀井・道重・田中の純モーニング娘。で。

メトロラビッツH.P. 3×1 船迫サクラキッズ

相手チームのレベルがよく判らないし、試合内容が良かったのかどうかもこの短い映像では判断できないけど、ともかく初勝利おめでとう。

この「娘DOKYU!」の、偏っている可能性を否定出来ない映像であえて判断する限り、まず捕球がしっかり出来ているし、捕球した後どう動くかもちゃんと頭に入ってきているようだ。つまりやっとルールが頭に入ったようだ。スポーツフェスティバルの時のように、捕ったはいいけどその後の処理がわからずにいいように掻き回されるということは今後はないだろう。
あと、今までは「楽しく」をモットーにと言っていても、「楽しく」とか言ってる前に最低限のプレイが出来るようになれ!という雰囲気だったけど、やっとこういった余裕があるようにもとれる言葉を発してもよさそうなレベルに達したのも大きい。キックベース企画もやっと軌道に乗りそうな感じになってきたな。

本来なら最低限のルールを把握したこの時点でスポーツフェスティバルに臨むべきで、そうすれば完敗したにしろ試合にはなって場があそこまで白けることもなかっただろうな。今更言ってもしょうがないか。初戦はメトロラビッツにドラマ性持たせるために必要な大敗だったということで。
060706mdoc_mr_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/7/7:::

娘DOKYU! (06/6/21)

2006/6/21 TX 「娘DOKYU! EXTRA」 メトロラビッツ
スポーツフェスティバル以降、TVでプレイしている様子が流れるのは初めてか。4月上旬の初練習シーンでは水上氏の試合を振り返ってのコメントも。“(相手とのレベルの)差は練習量の差”。ということで遅ればせながら、タッチアップなどのルールを習得すべく練習。

とりあえず本人達はラジオでのコメントを聞く限りでは結構やる気出しているようだからいいけど、周りが盛り下がりすぎなのをなんとかしないと。スポーツフェスティバル前に実力とあまりに乖離した持ち上げ方をして不要に煽ってしまった代償が大きすぎる。
060624mdoc_oga_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/6/24:::

娘DOKYU! [紺野あさ美] (06/6/6)

2006/6/6 TX 「娘DOKYU !」 紺野あさ美
“卒業という節目が近づいてくると、寂しいものがあったり…。ガッタスは自分がいて幸せな場所だった。試合は一試合一試合勝ち負けがあるので悔いが残らないようにとは思いましたね。二年しか(まだ続けていない)かもしれないけど、悩んだりしたこともあって、でもそれを乗り越えて学んだこととか、すごく大事なことが身に付いたと思うので、そういうのとかもまとめて、試合に出れて良かったと思いましたね。”
“ガッタス愛が深すぎるなと思いましたね。わかっててもさみしいと思っちゃうところがあって。フットサルってみんな競っていてうれしいというか、もっと盛んになってくれればいいなとか思う。芸能界の女子なんて普段こう火花バチバチ散らすことなんてないじゃないですか。正々堂々とスポーツという形で真剣勝負してみんな頑張ってきて怪我したりして泣いたりして戦って勝って喜んでいるというのがうれしい。”
“ぶっちゃけるんですけど、モーニング娘。の卒業は自分で考えて出した結論で、(でも)ガッタスはまだ二年で発展途上で、モーニング娘。も(まだまだ)磨いていくところがすごいあるんですけど、ガッタスは一から入っていて発展途上という気持ちがあったので、ガッタス(からも卒業すること)はすごい寂しいというか心が追いついていない部分があったりして、でも自分の残り二ヶ月を頑張ってゆきたいなと。”

…良い放送だった。これだけ目を輝かせて語る紺野ってあまり記憶にない。ただ、うれしく思う反面ちょっと寂しさを感じたりも。これまでも紺野が活動について語る機会が無いわけでは無かったけど、話に説得力がなかった。結局のところ結果が伴ってなかったので空虚でサラッと聞き流してしまう内容だった。でも今回の紺野のガッタスの活動についてのコメントは、しゃべりは拙いが明らかに中身が詰まっていた。
歌の活動は基本的に先輩たちが作り上げたものを維持する活動で、たとえいくらか発展させたとしてもその差分は明確なものにはなかなかなりえない。一方のガッタスの活動は自分たちが一から作り上げて、そして結果も出せた。だから双方の活動についてのコメントに温度差が出てしまうのも無理もないことだし、とても素直な反応だとは思う。モーニング娘。というショウビズの延長線上のガッタスの活動についてはもとから大賛成だし、そこでそれなりの結果を出した上に、本人の口から本人にとって有意義な活動であったとコメントを聴くことができたのは、フォローしてきた一人としてとてもうれしいことで不満などはあろうはずもない。ただそれはそれとして、ライブ好きでライブ活動を重要視する一人として、彼女からモーニング娘。本来の歌やダンスでの活動でこのような言葉が聞けずじまいで終わりそうなのがやはりちょっと寂しい。
060610mdoc_kon_s.jpg

娘。ドキュ :::2006/6/12:::
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other