my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

モーニング娘。 ハーモニーホール座間 (11/6/25昼)

2011/6/25 15:30 モーニング娘。「新創世記 ファンタジーDX〜9期メンを迎えて」ハーモニーホール座間
3/19のツアー初回公演の振替である6/25 昼公演を観てきました。
今ツアーはこの公演が最初で最後の参加のため、小春がツアー参加しはじめた2005年の夏秋ツアー以来続いていたツアー初回公演連続参加が、ついに今回途切れることになりました。チケットを入手出来ていながらこういう結果になってしまったということは、やはり縁がなくなったということなのかなと思ったり。ただ、初回公演連続参加が途切れてしまったことや、初々しい公演を観ることが出来なかったことよりも、もともとライブ参加が3ヶ月ぶりの予定が6ヶ月ぶりになってしまったことで、その間世の中でいろいろあったこともありモーニング娘。への関心度が劇的に低下してしまい、関心度が高いうちにライブを観ることができなかったのがとても残念です。やはり関心度が高ければ高いほど楽しめますから。

ライブですが、セットリスト含めて今ツアーの予備知識ゼロで参加しての感想です。
・今回はニューアルバムを引っさげてのツアーということで、そのアルバムも聴いたことがなかったのでセットリストの半分近くが初めて聴く曲ということになり、新鮮さがめちゃめちゃ高くてよかったです。曲レベルもアルバムに関しては一定レベルを保持してますね。
・光井が足の怪我のためステージ脇で座って歌っていた。
・特に誰を観ようとか事前に考えずに気の赴くままに眺めていたのですが、終わってみると、生田:譜久村:道重:他=4:3:2:1くらいの割合で観ていたかな。
・もともと自分の中では3月頃の「まじですかスカ!」をリリースしたあたりでモーニング娘。のイメージが止まっていたので、生田の劇的進化が一番インパクトありました。とにかく振りがデカい!手足をおもいっきりブンブン振り回していて、吹っ切れっぷりが観ていて気持ちがよかったです。
・そして高橋と9期一人が公演替わりでトークするらしいMCで、今回の9期がその生田だったのですが、明るくハキハキした話っぷりがとても好印象!話す内容は事前に考えることができるとしても、話し方や挙動は地が出ますからね。「大きな瞳」をその場で歌ったあとに恥ずかしくてその場で突っ伏してしまうリアクションとかも、アイドルとして見事すぎた。
・譜久村は、特にこれといって目立ったところがあったわけではないですがステージを見回してみると、成年と子供の間を埋める人、そしてアイドル適齢世代として貴重な存在だなと改めて実感。光井は芸歴とかルックス的に実質成年組に近いし、もう一人の生田が安定感が出るまでは、この領域はふくちゃんの独壇場ですね。
・鞘師と鈴木は正直ルックスがあまりに子供すぎて関心がわかずよく観ていませんでしたが、普通にしっかりできていたように感じました。
・そして6期MCの安定感。
・「しょうがない 夢追い人」で突然小春のイメージが蘇ってきて、自分はそういうのとは無縁の人かと思っていたので自分のことながら結構驚いた。
・改めてモーニング娘。のライブは運動量あるなと。というか、ちょっと時間をおいてみるとこういうことを感じるものなんだなと。ずっと以前と同じペースで公演に参加したら未だにそんなことを感じたりはしなかっただろうな。
・客席は以前と変わらないですね。CDというかサイン入りポスターの販売も盛況で、とりあえずその様子を見てハロプロはまだまだ安泰で、そして変化はやはり当分期待できないなと感じました。

LIVE/EVENT :::2011/6/26:::
tags :

TRACKBACK URL

http://mlp.sylphlike.com/log/eid4178.html/trackback

TRACKBACKS



∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other