my little pleasure

ハロー!プロジェクトに関するメディアチェックなどの活動記録です。マイペースにささやかに。

田中れいな オフィシャルブログ メモ (10/12/18-24)

田中れいな オフィシャルブログ写真れいなブログは軽くつぶやく感じに。まぁ、こういう使い方もありか。
さっそくジュンジュンが娘。の仕事場に登場!差し入れ持って現れるということは関係が良好な証ってことで。

12/18(土)
・きのうは彦摩呂サンとあいかと3人でドライブしたょー(1/8オンエア)
・今日はレコーディングと衣装合わせしてきやしたぁ

12/19(日)
・今フラフープしながらEXILE魂みてまーす

12/20(月)
・今日は6時半起きの田中サーン
・今日はイメージDVDの撮影しておりまーぁす

12/21(火)
・ブランコとか滑り台とかの事をアスレチックってゆーかと思っとったし ちーん。(−?−)゛
・鼻垂れいな 使ってイイょ

12/22(水)
・今日はテレビの収録でぇーっす(ヒミツスクープ映像100科ジテン 1/1オンエア)

12/23(木)
・同期の亀井えりチャンの誕生日です メールしたょ!?返事は・・・・。(笑)
・今日は歌楽メンバーとスタッフサン達と忘年会してたのでーす

12/24(金)
・リハーサルのスタジオに,,,まさかの……ジュンジュンだぁ━━

田中れいなブログ :::2010/12/25:::
tags :

道重さゆみ オフィシャルブログ メモ (10/12/11-17)

卒業公演当日の怒濤のエントリー攻撃、こういうイベントの盛り上げ方というか表現方法は結構好き。
卒業公演終わって一日休んでその次の日に早速遊びに来てるって、どんだけ?^^;

12/11(土)
・最近すきなチョコは、ミルキーチョコ?(→MeltyKissやった!!)だっけ?冬限定のやつ!
・今日は『世界一受けたい授業』の収録してきましたぁよぉ
・今日はお仕事おわりお買い物いきましたぁ

12/12(日)
・昨日はごめんなさぃ。。↓お家かえってご飯たべたらそのまま寝てしまったのォ(>_<)起きたら夜中2時!! ・もぅすぐコンサート本番やんε=ε=┏( ・_・)┛今日、全然時間ないッ!楽屋に子供がたくさんぃてかまってたら時間なくなつた(笑) ・モーニング娘。ライブ@JCBホール ・今日はライブおわり、モーニング娘。みぃぃんなでお店貸し切りンリンしてパーティー 12/13(月)
・昨日のライブのトキの楽屋を写真と共に振り返りましょ〜
・ライブ後の、亀井絵里、ジュンジュン、リンリンへのサプライズパーティー(≧∇≦)♪♪♪♪そちらの様子を写真と共に振り返りましょ〜
・今日お仕事結構な夜からだから、お母さんとお買い物&ご飯してきまぁす
・CBC今夜もうさちゃんピースのラジオしてきました(≧∇≦)今年分は全て!とりおわりました

12/14(火)
・昨日、横アリコンサートの確認してたら、だんだん目が冴えちゃって、、朝方6時まで起きてたぁ。で、そこから寝て、10時には起きてたのに!二度寝しちゃった(>_<) ・あいかとファミレスでご飯たべながらある事してます。そしてあいちゃんも合流〜。あいちゃんとは結構すぐばいばいして、あいかと二人で晩御飯。イルミネーション見に行った ・そしてたかみなこと高橋みなみさんとの写真は、、貴重だっ! ・明日、亀井絵里、ジュンジュン、リンリンがモーニング娘。卒業するぅ〜載せてなかった、写真のせます。(0:01〜1:18まで33エントリ) 12/15(水)
・モーニング娘。ライブ@横浜アリーナ
・今日は横浜アリーナおわり、、、モーニング娘。、マネージャーさん、みんなで打ち上げ(≧∇≦)

12/16(木)
・エクステとったよ(^ー^)/それも昨日の打ち上げ中に(笑)
・昨日の横浜アリーナでの写真
・今日は夕方前に『寂しいよー』ってあいかにメールしたら『ほな一緒にご飯でもいきますか?』ってゆってくれたから晩御飯を一緒に食べに行きました

12/17(金)
・100000000アクセス突破ぁぁまあぁぁあぁ
・ラジオ終わりましたぁ☆☆☆MBSヤングタウン土曜日
・関西テレビさんで12月30日放送の『映像体験!イッキ見シアター』とゆう雨上がり決死隊さんの番組の収録してきましたあ
・今日は絵里がお家に遊びにきたー

道重さゆみブログ :::2010/12/20:::
tags :

田中れいな オフィシャルブログ メモ (10/12/11-17)

JCBホールと横浜アリーナでのライブ後の打ち上げでのメンバー写真祭り。おそらく他のメディアでは観ることはないであろうライブ後のメンバー全員の活き活きしたショット満載で、卒業という大イベントでもブログが、ライブやイベントやDVDなどと共に重要な役割を担うようになったことを実感します。

12/11(土)
・深爪しまくった。東京に来てからリバテープが通じません。。。ここは海外か?(笑)リバテープはバンソーコ?の事だぃ
・今日はねぇ記者会見だったのでっす。モーフィング娘。ダウンロード開始ぃ
・今日は仕事が早めに終わったけん家族でご飯行ってきたょぉ

12/12(日)
・モーニング娘。ライブ@JCBホール
・今日ライブ終わって卒業する3人のサプライズパーティーしてました

12/13(月)
・「誰かれーなを あたためてぇ」←最近これハマっとぉカモ(笑)

12/14(火)
・今日は 今マデの思い出写真カメラをのせてくね

12/15(水)
・モーニング娘。ライブ@横浜アリーナ

12/16(木)
・きのうはねぇー朝4時過ぎぐらいマデみんなで打ち上げしてました
・ジュンジュン・リンリン・ぇりに送る言葉も実は全く考えてなかったと!!だって全然実感なかったけん考えれんやったっちゃもん(°O °)だけんあれはあの場で思った事、感じた事を伝えました。伝わったかな??
・今日はねぇ美容室美容院に行ってきたであります。なんとぉ!!1年半ぶり。前髪ふやした

12/17(金)
・ドライブ A GO GO!の収録してまーっす(1/8オンエア)

田中れいなブログ :::2010/12/20:::
tags :

2010年ハロプロ系ライブ・イベント参加統計

2010年年間実績
・参加公演日数 25
  (←45←46←29←42←38←39←55←31←21←15←12←2)
・参加公演数 26
  (←58←56←39←52←47←44←62←40←26←21←20←2)
・費用 \197k
  (←\608k←\463k←\312k←\440k←\314k←\280k←?)

※( )内は昨年以前の年間実績
※日数・公演数は、番組収録・無料イベント・遅刻/早退して参加時間が30分以内だった公演は除く。芝居・ミュージカルも含む。
※費用にはチケット代(応募用CD代も)、交通費(無料イベント分も)、宿泊費、手数料含む。食費、グッズ代除く

内訳
コンサート 20
 ハロプロ 6 (正月4 夏2)
 Buono! 4 (冬2 夏2)
 モーニング娘。 8 (春4 秋4)
 Berryz工房 2 (春1 秋1)
芝居 1
 モーニング娘。 1
イベント 5
 嗣永桃子 2 (ANNEX)
 モーニング娘。 1 (FCイベ)
 Berryz工房 2 (汐留)

(参考 無料イベント(日数・公演数には含まないが費用は含む))
 久住小春WHF 4日
 スマイレージFCイベ 1
 ハロプロお台場 1日
 Berryz工房お台場 2
 Buono!お台場 1

ということで、年間の参加公演数が2001年以来9年ぶりの30公演割れでした。費用もなんと\200k割れ。グッズやDVD代を含めても、ハロプロ関係費が\20k/月以内に収まってしまいました。
別エントリで改めて書きたいと思っていますが、とにかく企画・運営側にやる気を見せてほしいですね。
今のままだと2011年は更に低下すること必至です。

ETC :::2010/12/19:::

モーニング娘。 横浜アリーナ (10/12/15)

2010/12/15 18:30 モーニング娘。 コンサートツアー2010秋〜ライバル サバイバル 亀井絵里・ジュンジュン・リンリン 卒業スペシャル〜 横浜アリーナ

・客層は男性が圧倒的なのはもちろんですが、特にアリーナ公演で敷居が低かったせいもあり、女性の割合も以前に比べると随分増えましたね。今後も今回のように、コスパばかりを重視せずにライトなファンが参加しやすくなるような配慮をしてほしいものです。
・ステージセットはセンターステージはデフォとして、外周があったのが予想外でした。実際に使われたのは「青春コレクション」とアンコールラストのみでしたが、卒業公演らしい特別感があったしアリーナ席だったので近くで観ることもできたので良かったです。
・セットリスト全般的には、中盤に三人のソロコーナーを入れた分、主に全体曲が通常公演よりカットされていました。個人的にはメドレー内・メドレー後の三人以外のソロ部分をカットして全体曲を残してもらいたかったですが、裏での準備等もあるだろうから仕方がないか。
・三人のソロコーナーは、どうしても長くなってしまう卒業セレモニー自体と切り離されていたのでどちらも集中でしたし、これのおかげで公演全体が中だるみすることがなかったので、中盤に持ってきたのは正解でした。リンリン・ジュンジュンの選曲が「渡良瀬橋」「ふるさと」で、リンリン・ジュンジュンだったらコレ!と言えるようなソロの代表曲がなかったことに改めて気付かされた。
・サイリウム企画は見事に成功しましたね。パステルブルーがあそこまで一色に染まるとは。暗い中でのブルーは予想どおりちょっとインパクト弱めでしたが、こちらも一色に染まってとてもキレイ。そしてオレンジはまるで会場全体が燃えているようなすさまじさでした。
・卒業セレモニー。今回は、対象が三人いるのでどういった段取りにするのかと思っていましたが、三人それぞれに順番にメッセージを言うという形式でした。なので、それぞれへの温度差にあまりに差があるといけないという配慮が当然働いた結果、特にえりりんへのメッセージに物足りなさを感じた人は少なくないと思う。三人同時卒業となった以上、仕方がないですね・・・。ただ、今回横アリに集ったモーニング娘。ファンはもう大半が長い間メンバーを観てきた百戦錬磨の精鋭たちなので、発せられたメッセージは限られていても、間などからでも必要なだけ脳内補完できるだろうからそれほど問題はなかったとも。
・公演時間3時間15分。メンバーのパフォーマンスから卒業セレモニーなどの段取りまで、満足感いっぱいの公演でした。

えりりん・ジュンジュン・リンリン、卒業おめでとう。

◇セットリスト
M01 そうだ!We’re ALIVE
M02 Hand made CITY
 OPENING VTR
M03 あっぱれ回転ずし!
 MC
M04 泣き出すかもしれないよ
M05 女が目立ってなぜイケナイ
M06 強気で行こうぜ!
 MC – 亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな
M07 メドレー
  私の魅力に 気付かない鈍感な人
      – 光井愛佳 バックダンス ジュンジュン・リンリン
  〜キラキラ冬のシャイニーG – 田中れいな
  〜It’s You – 道重さゆみ バックダンス 高橋愛・亀井絵里
  〜元気ピカッピカッ!
M08 愛され過ぎることはないのよ
M09 大きい瞳 – 亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな
M10 夕暮れ作戦会議 – 新垣里沙
M11 スッピンと涙。 – 高橋愛
 MC – リンリン
M12 渡良瀬橋 – リンリン
 MC – ジュンジュン
M13 ふるさと – ジュンジュン
 MC – 亀井絵里
M14 春 ビューティフル エブリディ – 亀井絵里
M15 青春コレクション
M16 気まぐれプリンセス
M17 踊れ!モーニングカレー
M18 3、2、1 BREAKIN’ OUT!
M19 グルグルJUMP
 MC
M20 友(とも)
アンコール
M21 女と男のララバイゲーム
 卒業セレモニー
M22 雨の降らない星では愛せないだろう?
M23 愛あらばIT’S ALL RIGHT
 MC
M24 涙ッチ
 全員で外周一周
ダブルアンコール – 亀井絵里・ジュンジュン・リンリン
end

LIVE/EVENT :::2010/12/17:::

横浜アリーナ公演に向けて

いよいよ卒業スペシャル公演当日になりました。
今日、亀井絵里・ジュンジュン・リンリンがモーニング娘。から卒業しますが、今回の卒業は過去のメンバーの卒業とは違って、8人中3人の平均年齢21歳のメンバーが卒業して応募条件が満10歳〜17歳の新メンバーおそらく複数名が加わるという、モーニング娘。というグループのメンバーのキャラクターに依る部分が過去にないほど激変する機会でもあります。

これを機に自分のファンとしてのスタンスも見直すつもりですが、もう既に気持ちの整理はついているので、まずはこれまでのスタンスでのファン活動の一区切りとなる今日、思い残すことがないようこの8人でのラストパフォーマンスをしっかりと目に焼き付けて、3人の卒業をおもいっきり祝ってきます!
そして一段落してからこれまでの活動の総括とともに改めてスタンスの見直しについてまとめたいと思っています。

さぁ、がんばっていきまっしょい!!!

ETC :::2010/12/15:::

FIVE STARS [新垣里沙・亀井絵里] (10/12/6,13)

2010/12/6,13 inter FM「FIVE STARS」新垣里沙・亀井絵里
12/6
「ヘタレを直すには?」というお便り。
ハロモニ。時代からヘタレと言われていた亀井さん。何をやるにも「コワい」「ヤダ」「面倒」と思ってしまうえりりん自身のとりあえずのヘタレ打開策は、一緒に行ってもらうとか、相手にやってもらって自分は後ろに控えているとか、とにかく人を巻き込むことだそうですが、お便りは男性からなので、えりりんからの投稿者へのアドバイスは「自分はヘタレじゃないんだと信じること!」。

12/13
いよいよ二人での放送の最終回。
オープニングでちょっと早いえりりんの誕生祝いが行われて、コーナーでは番組へのお便りをひたすら読んでいき、そしてエンディングでこの1年8ヶ月のガキカメFIVE STARSをそれぞれ振り返って、最後は “亀井 絵里でしたぁ〜!!”の絶叫でもって終了。

“ブログをやっていないから、このガキカメで自分の気持ちをしゃべれたなぁっていう感じがすごいする!”と言っていたとおり、とにかくメディア登場機会の少ないえりりんなので、このFIVE STARSはえりりん本人による情報発信源としてとても重要な番組でした。

1年8ヶ月の放送を通して、気楽に聴くことができる、そしてソロパーソナリティの番組にはない会話のやりとりやわいわい感を楽しめる番組でした。一方で情報量には総じて乏しかったですが、そういう二人だったということであり、そういう番組だったということでしょうね。

GAKIKAME :::2010/12/14:::
tags :
∴Recent Entries
∴Categories
∴Archives
∴Other